何が残るのか?

コメント(1) (0)

以前にも書いたことがあるのですが、不況の昨今だからこそ、忘れてはならないという、自分への戒めとして、今日は改めて書いてみようと思います。

charming.jpg

不況といわれる昨今、ありとあらゆる商品やサービスが氾濫しているため、性能や価格で勝負するといった従来の基準だけでは、今ある壁を乗り越えることはでない状況になってきています。

自分がすべきことへの迷いがあったり、他人への依存率が高いままだと、いろいろなところで「お荷物」となってしまう可能性も高くなるわけです。

ですが、こうした考え方や視点は、「会社」に依存度の高い日本の社会では、ネット上でも見かけることはほとんどないのが現実です。

 

日本という組織中心の価値観が幅を利かせる社会の中で、10年間トレードを仕事としてきた経験上、常に自分へ問いかけていることがひとつあります。

それは、仕事をするうえでの、あなたのプロとしての存在価値とは何なのか?という点です。

 

問いかけとしては、まさにど真ん中へ投げ込まれた直球といっていいでしょうね。

空振り三振をしたくない類の問いかけです。(笑)

  

どの仕事でもそうですが、金儲けだけではなく、儲かったお金をどう使うのか、何のために使うのか、といったビジョンがないと、いずれ行き詰まってしまうはずです。

自分だけのために、稼ぐことは、どんな仕事であれ、プロならそれほど難しくはありません。

 

自分や家族を賄えるだけのものは、稼げるはずで、多少の増減はあっても今までそうやって来たはず。

それが一流であれ、二流であれ、プロとしての最低条件なのですからね。

   

 
ですが不況下では、儲かったお金をどう使うのか、何のために使うのか、といったビジョンがないと、今まで以上に利益を出すことは、ますます厳しいものになります。

普段から公言するしないの違いはあれ、一流のプロは、儲かったお金をどう使うのか、何のために使うのか、といったビジョンを、必ず持っています。

こうしたことを知ったうえで、自分は二流、三流を選択して楽しくやるということと、一流を知らずに、二流、三流のままでいるということとの違いは、非常に大きいのです。

 

不況であればあるほど組織に縛られず、考え方の偏りがないかどうかを確かめる作業が不可欠になります。

そして、それがもし見つかったのなら、それを修正できるかどうかなのです。

「現状を客観的に見て考える」ことがまずできれば、それをつづけることで、やがては幸運を呼び込み、大きく成功するための最初のステップとなりえるのです。

   

一流のプロからは、どのジャンルであれ、世の中の流れをよく見極め、その中で自分を磨いていることがそれとなく伝わってくるというような、ある種の魅力を感じるはずです。

一方で、同じ間違いを繰り返す「検証」ができない人は、いつまでも同じ間違いを繰り返すのです。

そうしている間にも、世の中は少しずつですが、見えないところで進歩しているのにです。

   

だからこそ自分に磨きをかける。

誰もが知識を増やし、テクを身につけようとしますが、一方で自分を磨いて「魅力」のある努力を毎日続けているでしょうか?

こういう時代だからこそ「役立つ人」よりも「魅力のある人」になれるかどうかなのではないでしょうか。

   

これがどの程度できているかどうかを判別するのは非常に簡単です。

あなたの奥さんなり、旦那さんなりの評価が、その魅力の大きな部分を物語っています。

 

あなたの奥さんが魅力的なら、あなたも魅力的なはず。

あなたの、夫が魅力的なら、あなたも魅力的な女性でしょう。

 

長年連れ添っている人が、魅力的に感じるなら、大多数の人が魅力的に感じ、信頼してくれるのは当然のことなのです。

  

 
仕事を離れたときに何が残るのか・・

 

不況の時代だからこそ、こういった「見えないものの価値」が、ますます重要になるのではないでしょうか?
 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

同感です。

「見えないものの価値」本当に重要視して欲しいと思います。 日本の社会で頑張っていらっしゃる方達は特に。

コメントする

2010年7月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ