オリンピックを撮るロボットカメラ

コメント(0) (0)

WIRED で オリンピックを撮るロボットカメラ が紹介されている。

ロイターはロンドン・オリンピックに、3軸制御やシャッタースピード、感度、画像のサイズ等を制御できるロボットカメラを投入している。

今回のオリンピック大会では、従来の撮影部隊に加え、何と11台もの「ロボットカメラ」が活躍しているという。

ロイターのロボットカメラ・システムは、キヤノンの最新機「EOS-1D X」を搭載。

撮影者はコンピューター画面を見ながら、ジョイスティックでぞれぞれの動きを操作する。

つまり人間のカメラマンでは撮影できない位置から、撮ろうというわけだ。

だがメインは依然、カメラマンによる撮影だ。

下記は北京オリンピックのカメラマン席。

cameraman01.jpg

白いレンズはキャノン製。

cameraman02.jpg

高そうなレンズばかりだなあ・・^^;

cameraman03.jpg

単焦点レンズ 超望遠 ラインアップ

EF400mm F2.8L IS II USM 希望小売価格:1,250,000円 価格ドットコムだと95万円弱

所属する企業が買い、カメラマンに提供しているため、多少値段が高くても平気な世界だ。

女性は非常に少ない。

カメラのトータルの機材というのは、結構重いからねえ。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年7月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2012年7月

月別アーカイブ