何が不足しているのか?

コメント(0) (0)

米国ナスダックマーケット2(水)は大きめのギャップアップで始まりました。

そして最初から急上昇したのですが、多分獲れたトーダーは少なかったはず。

なぜなら、こうしたパターンに遭遇したときに、エントリールールが明確でないと、エントリーできないからです。

 

まず開始後31分過ぎの時点で指示した銘柄です。

2013-01-02 23:31:57 はっち DTV VIAB SNDK CMCSA SINA

 

どのチャートも一番上の太い青い線がレンジアベレージ。

つまり20日間平均でその銘柄が一日に動く値幅を示しています。

つまり理論上の、「これ以上上昇しないであろう」という、限界値なのです。

 

DTV3.gif

VIAB3.gif

SNDK3.gif

CMCSA3.gif

SINA3.gif

 

さてどの銘柄に、いつの時点で、エントリーすればいいのでしょうか?

 

CMCSA以外は、全て3分の時点で、レンジアベレージに達しています。

ですから3分足チャートを見る限り、3分後からあとでエントリーできる銘柄はないのです。

3分足2本の後で入ればまさに「ネギしゃったカモ」。

大きなロスを出すことになります。

  

ではどうすればいいのか?

わからなければ、1分足で見る必要があるのです。

3分足でわからなければ、1分足で見る。

これはトレードフロアで常に注意を促しているルールです。

 

DTV1.gif

1分足の1本目で、すでにレンジアベレージに達しています。

1本目が確定した時点で、すでに限界値へ到達しているのです。

なのに2本目以後にエントリーすれば、99%の確率で負けるでしょう。

 

VIAB1.gif

これもダメですね。

 

SNDK1.gif

1本目が終わってもレンジアベレージには届いていません。

3本目や3本目で入れば400ドルほどの利益を出せるパターンです。

 

CMCSA1.gif

1本目が終わると、レンジアベレージの50%の真下の位置です。

チャートを見れば、エントリーしても大きく負けることはないことがわかるはずです。

  

SINA1.gif

1本目が終わってもレンジアベレージの50%の下の位置です。

2本目が確定したら、エントリーです。

 

SINA1-2.gif

500株で +500ドルです。

 

つまり3銘柄同時ホールドをするなら SINA CMCSA SNDK の3つにエントリーすればいいわけです。

3銘柄をチェックシートをつけながら、どこで脱出すればいいのかをシミュレーションしてみてください。

500ドルから900ドルの利益を出すことができます。

 

2013-01-02 23:41:23 はっち ROST WFM short

ROST3.gif

1000株で +580ドル

 

ROST1.gif

3分足でエントリー位置がわからなければ、1分足を見る。

    

2013-01-02 23:42:10 はっち LULU short

LULU3.gif

500株で +1000ドルオーバー

   

この日も指示された銘柄をきちんと追いかけていれば、2000ドル以上の利益を出せるチャンスがあったわけです。

その半分しか獲れなかったとしても、1000ドル。

さらにその半分としても500ドルくらいは獲れるはずなのです。

 

自分には何が足りないのか?

を知るには、絶好のマーケットだったのではないでしょうか。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2013年1月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年1月

月別アーカイブ