衆議院のWEBサイトに注目

コメント(0) (0)

衆議院のWEBサイトに、あるものが掲載されているのを、ご存じでしょうか?

Olha V. Horishna博士による、「チェルノブイリの長い影 -- チェルノブイリ核事故の健康被害」という報告書です。

2011年の秋に、衆議院の議員団が、ウクライナなどの現地やIAEAの関係者などを訪問したときのものでしょう。

   

議院チェルノブイリ原子力発電所事故等調査議員団報告書

「チェルノブイリの長い影」 (PDFファイル) 118ページの報告書

チェルノブイリの博物館を訪れた際に、相手側から渡されたものをそのまま翻訳して、そのままホームページに載せているようです。

ですが日本政府の公的な文書です。

  

セシウムの土壌汚染、東京23区は合算で平均800Bq/kg。

キエフの汚染はセシウム137のみで平均460Bq/kg で セシウム137:134 は700Bq/kg 弱。

東京23区はキエフ並みの放射能汚染地域です。

首都圏から避難-このまま東京に住み続けていいのか

ガンダーセン氏の東京の土壌サンプリング検査結果

キエフの第2世代の子供の異常は、リクヴィタートルの子供よりも多く、フランスの子供の40倍にもなるのです。

そのキエフよりも、東京23区のセシウムの土壌汚染はひどい可能性があるのです。

 

避難した子どもの腫瘍の発症は65倍、甲状腺の悪性腫瘍は、1987年の60倍!

こういった報告書を、日本政府は何故目立たないように公開しているのか?

しかもテレビ等のマスコミは一切触れていません。

この意味はどういうことなのでしょうか?

  

「この報告書に書いてあることが東日本でもそのうち起きます。

全員を避難させるのは不可能だし、巨額の費用もかかるので政府は何もしません。

逃げられる人は自主的に早く逃げてください。」

と暗に示唆しているのでしょうか・・

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2013年1月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年1月

月別アーカイブ