うまく行かないときの頑張りは大事

コメント(0) (0)

昨夜の米国ナスダックマーケット14(月)は、トレーダーの皆さんの成績を見ると、結構難しかったようです。

トレーディングは、ミスをすると、その後のトレードに大きく影響することは、トレーダーの皆さんならよくご承知のはず。

そのため、うまくいったときと、そうでないときの差が、大きく出やすいわけです。

ですから、そういうときのロスを、できるだけ少なくする能力も必要になります。

 

昨夜のトレードフロアでも、あるトレーダーがミスをして苦戦されたのですが・・

最終的に、何とかマイナスにならなかったのですが、その記録をここで引用させていただきます。

こうした検証方法は、多くの方にとって、参考になるはずですので・・

   

下記はご本人の Executioner Internal での検証です。

  

image

 

◆総括

  
終盤まではミスエントリーも多く満足のいく内容ではなかったが、GMCRのおかげで何とかプラスで終えれた。金曜日にも少し書いたが、1分足を見るようになってから、変なところでのエントリーと、無駄なホールドが増えてきているので、基本通り3分足重視のトレードに修正できるようにしたい。

◆相対比較(オープニング)

39/3 Hold:-50 / Total: 0

image

■CL記入:×△

■判定
損益×だが、236で反発しているのと、少額なのでもう1本様子見

■結論:OK

 
42/4 Hold:+25 / Total: 0

image

■CL記入:△○

■判定:ホールド

■結論:OK

image

■CL記入:△△

■判定:ホールド

■結論:OK

 
45/5 Hold:+110 / Total: 0

image

■CL記入:△○

■判定:ホールド

■結論:OK

image

■CL記入:

■判定:ホールド

■結論:OK

 
48/6 Hold:+130 / Total: 0

image

■CL記入:△△

■判定:ホールド

■結論:OK

image

■CL記入:△△

■判定:ホールド

■結論:OK

 
51/7 Hold:+200 / Total: 0

image

■CL記入:△△

■判定:脱出

■結論
判定はOK。執行ミスで買い増しているのが失敗。
 image

image

■CL記入:△△

■判定:ホールド

■結論:OK

image

■CL記入:○○

■判定:ホールド

■結論:OK

  
54/8 Hold:+185 / Total: 0

image

■CL記入:△△

■判定
ホールドと判定したが、次ローソクで大きなギャップを付けて下落したので途中脱出

■結論
3分確定まで待ちたいところ。

■脱出後のチャート
image

image

■CL記入:△○

■判定
ホールドと判定したが、一時的な下げに反応して脱出してしまった。

■結論
ミストレード。最近、1分足を見るようになってから、ローソクの動きに過剰に反応するようになってしまっている。

■脱出後のチャート
image

 
No.3

image
image

エントリーからしてミスだったので、すぐに脱出すべきだった。
トレード中は紫ラインをストップとして、ずるずるとホールドしてしまった。

サポートを意識するといっても、時と場合によらなければならない。
エントリーミスしたようなときは、すぐにロスカットしたほうが良い。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2013年1月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年1月

月別アーカイブ