カントリー・ストロング

コメント(0) (0)

BSで、2010年のアメリカ映画.、カントリー・ストロングを観た。

日本では劇場未公開の作品だそうだが、日本人には馴染みのないカントリーソング絡みだからだろう。

主役のケリーとその夫で、マネージャーのジェームスと、前座歌手のボーと、チャイルズの計4名が織りなす人間模様を描いた音楽もの。

物語はケリー・キャンター(グウィネス・パルトロー)の再起をかけた復活ツアーがメインとなりストーリーは進行する。

微妙な人間関係や生き様、価値観の違いなどが交錯、ケリーの生き様と苦悩が、観る者を引きつけ、そして最後に魅了される。

そういう映画だ。

  

主役のグウィネス・パルトローは、演技もさることながら、映画「デュエット」でも歌っていたように、とにかく歌もうまい。

彼女はこの映画での歌の実力を買われ、何とレコード会社と7500万円で歌手契約を獲得。

テネシー州ナッシュビルで行われる音楽授賞式「第44回カントリー・ミュージック・アワード」で歌手デビューしてしまった。

   

主役のグウィネス・パルトローの夫でマネージャー役のジェイムズ(ティム・マッグロウ)は、何とグラミーも受賞している本物のカントリー・シンガー。

映画では一曲も歌わないけどね。

 

そしてトロンレガシィーの「ギャレット・ヘドランド」の低域の歌声がなかなか魅力的。

さらにゴシップガールの「レイトン・ミースター」も、聴かせてくれる。

とにかく演じている3人の歌手役の歌がうまいので、それだけでも十分に楽しめる。

映画なので、歌詞も字幕で表示されるから、意味もよくわかるのがいい。

最後の方でちょっと捻ったエンディングとなっているが、単なるハッピーエンドで終わらせず、なかなか凝っている。

脚本やストーリーもしっかりしているし、グウィネス・パルトローが見せる心の機微を演じる匙加減が実にうまい。

観ている側が、うっかり演技だと思わず観てしまうほどだ。

とにかく見応え十分の作品。

 

観て損はありませんぞ。(笑)

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2013年1月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年1月

月別アーカイブ