ダッシュボード反射撲滅作戦

コメント(0) (0)

運転席から前の車などの写真を撮ると、ダッシュボードがフロントガラスに反射し、一部分が白っぽく写ってしまうことが多い。

また、運転しているときでも、夕方に遭遇しやすい逆光状態では、かなり見にくくなる。

こちらに動画があるが、まさにこういう状態になるわけだ。

 

こちらでは、起毛紙を強粘着の両面テープで貼り付けているが、問題は見栄えだ。

で探し回った結果、最初から裏が粘着シールになっているものを発見。

0125Blackpaper01.jpg

植毛紙の粘着シールタイプ 短毛 黒  520×790mm を2枚購入。

現物を見ると、まさにブラックホールのような黒さだ。(笑)

上の写真でも、周囲の色が吸収され、植毛紙の周りだけシートの色が青っぽく写っている。

   

肝心の貼る作業だが、意外にやりやすかった。

まずは大体位置合わせをしてから、裏側の紙を剥がし、粘着する状態にして貼ってゆくわけだ。

粘着部分がむやみに強力に貼り付かないので、少しくらい、うっかりくっついても大丈夫。

   

難しいのはダッシュボード手前側のエッジ部分。

ダッシュボードの木目との境界は、少し被るようにしてから、爪で隙間へ押し込んでから、カッターで丁寧にカットすればよい。

かなりキレイに貼れたが、カーブになっているエッジだと、粘着部分がむやみに強力に貼り付かないのが裏目に出て、どうして浮いてしまうのだ。

今のところは、小片を同じ目の方向へ併せて貼っているが、それほどカッコ悪くはない。

 

で、全部に貼り終えてどうだったかというと、プロが貼ったように凄い!という出来ではない。

だが、自分で貼ったといえば、上手ですねえ・・と言われるレベルだと思う。

問題はエッジだ。

透明なコーキング剤を薄く塗ればいい気がするのだが・・

   

あとは、カミサンを助手席に載せてどう言うかだ。

みっともなくなるから、やめた方がいいと言われたからね。

カミサンの友達が、同じようなことをやっていたらしいが、かなりみっともない仕上がりだったという。(笑)

    

0125Blackpaper05.jpg

植毛紙を貼る前。

0125Blackpaper04.jpg

左端は、植毛紙を貼っていないところが、映り込んでいる。

中央のナビのある出っ張りには貼っていない。

キレイに貼るのが難しそうだったからだ。

だが写真を撮ったり、肉眼で見るときも、ここは意外に邪魔にはならないのだ。

   

0125Blackpaper06.jpg

貼る前のダッシュボード。

0125Blackpaper03.jpg

このように前の車が日陰にいる場合、白っぽく写ると結構気になるわけだが、植毛紙を貼ってあると、非常にクリアだ。

貼った後の見栄えも、なかなか良いことが、写真でおわかりいただけるだろうか。

 

0125Blackpaper02.jpg

写真を撮ると、反射によって起こる白い部分と黒い部分の「まだら」が出現しないというのが、とてもいい。

肉眼で見ても、反射がないとこれほどまでに見やすいのか!と感動してしまう。

視力がいきなり上がったかのようだ。

  

これだけ見やすくなるのだったら、車のメーカーは、オプションでいいから、反射防止シートセットを売るべきだ。

安全面でもプラスに働くわけだからね。

 

しかしこれで、ダッシュボードの反射処理をしていない車では、運転をしたくない体質になってしまった。(笑)

  

続く・・

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2013年1月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年1月

月別アーカイブ