2014年12月までのトータルパフォーマンス

コメント(0) (0)

2013年3月から2014年12月までのボトムスキャンのパフォーマンスをまとめてみました。

0726tradingperformance01.jpg 

実際のマーケットでの1年と9ヶ月間の数字を集計したパフォーマンスはどれくらいになったのか?

米国株

201412performance.gif         

資金は5万ドル。

 

ネットエイドは9月一杯で終了。 > チャートで見るネットエイド米国株、コンテンツ終了のお知らせ

10月からはマーケット開始後2分の時点でのボトムスキャンのパフォーマンスへ変更。

 

2014年11月までのトータルパフォーマンスの結果を見ると、一ヶ月の平均値は4万6千ドル強。

対して12月は5万ドルオーバーの利益。

つまり、それまでの5分の時点でのパフォーマンスの平均値よりも、良い成績になっています。

201411Totalperformance.gif  

まだ10月からなのでまだ3ヶ月間だけのデータですが・・

6万8千ドル・5万ドル強・5万1千ドル強 ですからね。

つまりマーケット開始後2分の時点でのボトムスキャンの表示銘柄を狙う。

この変更は、正解だったということになります。

             

       

日本株

日本株のネットエイドは2013年6月で終了。

(東京マーケットのパフォーマンスが悪過ぎるため)

 201412performance.gif

       

こうして毎月のパフォーマンスを見ると・・

ボトムスキャンの「マーケット開始5分後の表示銘柄だけを追いかける」、という方法は、効率の良い方法だということになります。

 

10月からはマーケット開始後2分の時点でのボトムスキャンのパフォーマンスへ変更しています。

それまでは5分の時点でのパフォーマンスだったわけですが・・ 

201411JTotalperformance.gif          

 

まだ10月からなので3ヶ月間だけのデータですが・・

140万円弱・90万円。113万円強。

こうしてみると東京マーケットはバラツキが大きいことがわかります。

 

     

ボトムスキャンのパフォーマンスを比べると・・

日本株は1カ月平均156万円強(一日平均7万8千円・1ヶ月を20日として)

米国株は1カ月平均460万円強(為替レートは1ドル100円として計算)(一日平均23万円)

米国株ネットエイドは、1カ月平均975万円強)(一日平均49万円弱)

米国株は日本株の2.8倍強のパフォーマンス 

    

ここからどれだけ獲れるかは、トレーダーの腕次第というわけです。

        

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2015年1月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年1月

月別アーカイブ