ヒューバート・ローズ

コメント(0) (0)

ヒューバート・ローズのアルバムで最も好きなのが、74年発売の In The Biginning 。 

何と40年前であります。何と言っても、メンバーが凄いからね。 今日はその中から1曲。

Restoration

LPだと2枚組だった。

SIDE-A
1.In The Beginning
2.Restoration

SIDE-B
1.Gymnopedie #1
2.Come Ye Disconsolate
3.Airegin

SIDE-C
1.Moments's Notice
2.Reconciliation

SIDE-D
1.Mean Lene

 

CDではもちろん1枚。(笑)

 

メンバーは・・

  

Ron Carter(ロン・カーター:b)

Steve Gadd(スティーヴ・ガッド:ds)

David Friedman (vib)

Bob James(ボブ・ジェームス:key)

Richard Tee(リチャード・ティー:key) 

Credits

Adapted By  Hubert Laws (tracks: 4)
Arranged By  Clare Fischer (tracks: 1), Hubert Laws (tracks: 2, 4 to 8)
Arranged By, Adapted By ? Bob James (tracks: 3, 4)
Bass  Ron Carter
Cello  George Ricci
Drums  Steve Gadd
Electric Piano  Clare Fischer (tracks: 1)
Engineer  Rudy Van Gelder
Flute  Hubert Laws
Guitar  Gene Bertoncini
Liner Notes  Steve Futterman
Organ  Richard Tee (tracks: 4)
Percussion  Airto*
Piano  Clare Fischer (tracks: 8), Rodgers Grant (tracks: 8)
Piano, Electric Piano [Solo]  Bob James (tracks: 2 to 8)
Tenor Saxophone  Ronnie Laws
Vibraphone  Dave Friedman*
Viola  Emanuel Vardi
Violin  David Nadien 

Producer  Creed Taylor
Reissue Producer  Didier C. Deutsch
Remastered By  Tom Ruff
 

 

何と言ってもスティーヴ・ガッドとロン・カーターというリズム隊が繰り出すドライブ感が凄まじい。

 

Restoration は約9分の演奏時間。

静かに始まるフルートがテーマを演奏、すぐにボブ・ジェームスのピアノソロへ。

ロンカーターのウッドベースが唸り、スティーブ・ガッドが何とブラシを使ってのドラミング。

途中でスティックに変わるわけだが・・

  

71年録音のフレディ・ハバードの「ファーストライト」とはテイストは違うが、素晴らしいアルバムである。

  

おまけ

   

Sophisticated Lady  -  Corcovado

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2015年9月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年9月

月別アーカイブ