難民で溢れるシリア内戦

コメント(0) (0)

図で見る「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」勢力範囲

クリックで、特定の日付を見られるほか、経時的な変化を再生できる。

syriaproblem03.jpg

過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の動きは素早く、イラクとシリアの大部分を支配下に置いている。

米ワシントンのシンクタンク「戦争研究所(ISW)」によれば、ISISは支配地域を失うこともあるが、1年前よりも多くの地域を支配下に置いている。

 

わかりやすいシリア内戦 小学生の子供に基本を伝えるニュース わかりやすくシリーズ

 

誰と誰の戦い?     ⇒ 政府軍と国民の戦い

戦いの原因は何?  ⇒  宗教の問題

 

syriaproblem01.jpg

  

シリアの主な宗教は3つに分かれている。

スンニ派74%

アラウィ派16%

東方正教会10%

  

  
主にスンニ派が多い。

シリアの大統領はアサド大統領。

シリアは親子二代に渡って独裁的な政治が続き問題化している。

 

syriaproblem02.jpg

    

現政権は2代目のアサド大統領が中心。

このアサド大統領は、イスラム教アラウィ派に所属している。

アラウィ派は国民の2割弱と言われる少数派の宗教。

  

だが、アサド大統領によって2割の人は様々な優遇措置を受ける事ができている。

しかし、そんな優遇には残った国民は大不満というわけだ。

 

2割の国民への優遇措置は残った宗派である、スンナ派たちが主に負担するという不公平な状態。

これが争いの原因となっている。

   

syriaproblem04.jpg

 

シリア内戦 わかりやすく書いてみました。 その3

シリア内戦の原因とは?

シリアはなぜ内戦をしているのか?

シリア内戦2年、いったい何がどうなっているの?

シリア問題の本質とは?

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2015年9月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年9月

月別アーカイブ