夢の持ち方

コメント(0) (0)

世の中では毎日、厭な事件や出来事が頻発しています。

dreamscometrue.jpg

ニュースばかりを見ていると、精神的に何らかの影響を受けることになります。

それも悪い方向へです。

   

またそうした世の中の変化に対応できないと、自分を守るため、勝手な思考や行動を正当化するようになります。

そして、将来への不安が頭をもたげてくるのです。

それが、自分には夢や希望もない・・という思い込みへと繋がってゆきます。

   

将来への夢を持つ。

これは毎日を幸せに過ごすうえでとても大事なことです。

 

ですが大事なのはその中身です。

子供ならいざ知らず、大人になれば夢物語ではなく「実現の可能性が高い夢」を持てるはずです。

 

人は「夢を抱く」ことで限りなく強くなれる、生き物なのです。     

これは、歴史が証明しています。

 

映画の持つ根源的な魅力は「夢を持つ」という感覚を、映像を通して疑似体験できる、という点にあります。

ですから映画の好きな方は「夢」の持つパワーは、想像を超えるチカラを持っていることを、実感されているはずです。

   

逆に、夢がないとどうなるでしょうか?

 

人を無力にし、あるいは限りないネガティブな妄想へと追いやり、死をも恐れぬ絶望へ追いたてるのです。

ですが夢は、会社や社会から与えられるものではありません。

     

  


もう25年近く前のことです。

   

東急ハンズの前を歩いていたら、あれは多分アメリカ人の女性だったと思いますが、歩いている人へ何やら聞いているのです。

ですが、みんなそのアメリカ人を避けているのです。

 

これは何かの、勧誘か何かだろうか・・

と思っていたら、そのアメリカ人がつかつかと寄って来たのです。

  

そして流暢な日本語で、「あなたの夢は何か教えてください」と、いきなり聞かれたのです。

まさに「意表を突いた」質問でした。

      

「夢ですか?」と聞き返し、夢を話しました。

何やらメモをしていたようですが、それ以上詳しいことを聞くでもなく、「ありがとうございました」と答え、私から離れ際に、にっこり笑いながら一言。

 

「あなたの夢はきっと実現しますよ」

不思議な体験でしたが、ちょうどその頃、確かカーネギーの本を読んで、すっかりその気でいた頃でした。

  

そのため私の夢は、手帳にしっかりと書かれていたのです。

それも年収から、生活から、かなり具体的にです。

   

「あの時ボクは、若かった・・」という歌がありますが、そういういきさつで、このアメリカ人の「ハンズ前奇襲攻撃」にも無事答えられたというわけです。

      

  
今でこそ、この具体的な夢を持つことは、大事だということを実感できるのですが、その教訓?から学んだことがあります。

それは自分の夢を現実化するためには、その目標をできる限り具体化しておくことです。

     

dreamscometrue2.jpg

   

仮に、自動車ディーラーへ行き、「自分がカッコよく見える車が欲しい」とセールスマンへ聞いたとします。

ですが、それだけでは、いくら経験豊かなセ―ルスマンといえども、答えに窮するはず。

      

自分は、速い車が好きだし、運転するのが楽しい車が欲しい。

といえば、セールスの人はすかさず、それじゃ「フェラーリなんぞはいかがでしょうか」というように、ハナシが進展するでしょう。

 

「でも、ちょっと予算が・・」というように展開できるワケです。

こういう物質的なものだと、夢を求めるのは比較的ラクですが、想像するという「イマジネーション」のパワーは、ハリウッド映画と日本映画の違いを見ると、歴然としています。

   

具体的なイメージを持つ。

それも前向きに、想像するというのは、アメリカ人に比べると、日本人は不得手です。

      

具体的な夢のため、今日はこうしようという、その毎日の積み重ねこそが、夢を実現するのです。

あきらめるか、諦めないかというのは、言い換えれば、このように毎日続ける事ができるかどうかなのです。

     

少しずつの積み重ねはやがて、5年後あるいは10年後のあなたに、劇的な変化をもたらすのです。

     

レースを始めた頃は、他人と競争することで、自分の速さを知ります。

しかし走り続けていると、相手は2番手以下の他のレーサーという他人ではなく、自分の記録や、自分の目標へと変わってゆくはずです。

自分と向き合う姿勢へと変わってゆくのです。

        

自分はどこへ向かって走っているのだろう・・

とふと思った時こそが、自分と向き合う大きなチャンスなのです。

  

ですが、そのためには目標が必要になります。

   

ですが自分と向き合うことに、ムキになってはいけません。

本末転倒です。

 

夢を見つめる眼差しの熱さと、その状態を継続させる努力が、夢を引き寄せるのです。

そのため、向きあっているうちに、だんだんと幸せな気分になってゆきます。

       

今まで夢と向き合うことなんてなかったからなあ・・などという心配はご無用。

大丈夫。

夢を抱くのに遅すぎるということはない、というのが、夢の素晴らしい点です。

          

あなたの夢は何ですか?

        

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2015年9月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年9月

月別アーカイブ