週足トレードのチャンスは年何回あるのか

コメント(0) (0)

日本株週足トレードはまだ継続中で触れた週足トレードは一度のチャンスで年利30%というパフォーマンス。

1004chance.jpg

では一年間に、このレベルの利益を出せるチャンスというのはどれくらいあるのだろうか?

 

というわけで、最も新しいエントリーチャンスから遡ってみると・・

   

1004JNKC-W-04.gif 

今回の2015年8月

   

1004JNKC-W-02.gif 

2014年6月

    

2013年は・2012年12月からのアップトレンドが続いていたため、チャンスなし。

   

1004JNKC-W-01.gif

2012年1月・2012年12月

  

こうしてみると、ここ4年間で4回チャンスがあったわけです。

   

1004comp-W05.gif

東京マーケットを月足で見ると、2012からはアップトレンドが続いています。

ですから週足トレードでもロングサイド狙い。

今回初めてのショートサイド狙いになったというわけです。

    

 

米国株の場合 

 

では米国株ではどうなんでしょうか・・

1004comp-W01.gif

2015年8月

    

1004comp-W02.gif

2014年5月 ・ 2014年11月

  

1004comp-W03.gif

2012年7月 ・ 2013年1月

 

1004comp-W04.gif

2012年1月

    

ナスダックは4年間で6回のチャンスがありました。

というわけで、週足トレードの場合、日本株よりもチャンスが多かったようです。

    

1004comp-W05.gif

月足で見ると、2010年からアップトレンドが続いています。

  

ですから今までは、米国ナスダックマーケットで狙うのはロングサイドだったわけですが・・

今回はそのアップトレンドが崩壊してきているので、ショートサイドを狙うわけです。  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2015年10月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年10月

月別アーカイブ