フォトショップエレメンツでアクション

コメント(1) (0)

普段は、Rightroom と Photoshop CC 2015 使い。

なので、Photoshop Elements とは無縁でした。

PhotoshopElements9.jpg

ただ、トレード記録をはじめてブログで検証したいという方には、Rightroom や Photoshop ではちょっと荷が重いでしょう。

   

無料の画像処理ソフトもありますが、多くのチャートにエントリーと手仕舞いの位置を表示するには、できるだけ操作性が良い製品を使いたいもの。

そこで選択肢に入るのが、フォトショップエレメンツ。

   

ヤフオクで探してみたところ、Photoshop Elements 9 が980円。

11になると3千円台。13だと9千円前後から。最新版の14でも9千円台から。

つまり最新番まで6つのバージョンがあるわけです。

Photoshop Elements製品比較(アドビ)

最新版14の新品はこちら。 

Adobe Photoshop Elements 14 Windows/Macintosh版はアマゾンで ¥ 11,799

    

というわけで、980円で Photoshop Elements 9 を落札し、使ってみました。 

使い方は別のスレッドを作り、そこで説明しますが、下記が作成したチャートです。

 

adskChart02.gif

 

このような緑のゾーンを一度作成すると、Elements 9 を終了しない限り、その効果を覚えているんですね。

そのあといくつものチャートへ、同じようにエントリーと手仕舞いの位置を表示するには長方形ツールで描画するだけ。

 

「効果」を、四角く塗ったところへ適用させるのです。

四角いゾーンをドラッグしながら位置を決め、マウスのボタンから指を離すと、自動的に影をつけてくれます。

もちろん、緑のゾーンの透明度も全く同じ濃さ。

  

Photoshop CC 2015 では、アクションというマクロプログラムを使い、ショートカットキーで同じようにできます。

ただ、残念なことに、この Elements 9 のように、その効果を覚えてくれないのです。

 

少し前のバージョンまでは、それができたのですが、毎回全く同じ効果だと、不便なこともあるのでしょう。

現在のバージョンでは、アクションの効果はボタンを押したときだけ有効、という動作をするようになっています。

    

なのでチャートへこういう処理をするだけなら、何と Photoshop CC 2015 より便利なのです。(泣)

オーマイガッ!(笑)

     

 

フォトショップエレメンツでアクションを動かすには?

    

ただし、写真の画像を何枚もリサイズする場合は、やはりアクションが便利です。

Elements 9 にも下のように、アクションを再生して実行するエンジンは搭載されています。

Elements9-action01.gifElements9-action02.gif

このケースでの「サイズ変更」は、写真全体のサイズを変更できるわけではありません。

中心からのサイズで切り抜くという仕様なので、自分の用途に合ったアクションを作りたくなります。

  

というわけで、Photoshop Elements 9 のキーワードで、サポート & コミュニティヘルプへ行き・・

「アクションセットの追加方法」を検索したわけですが、下記のヘルプが表示されるだけ。

  

Photoshop Elements ヘルプ / アクションを使用した写真の処理 

アクションのセットは、Photoshop Elements のアクションパネルにあります(ウィンドウ/アクション)。写真で 1 つ以上のアクションを再生できます。Photoshop Elements では、アクションファイルを作成することはできません。ただし、Adobe Photoshop で作成されたアクションファイル(.atn ファイル)をさらに読み込むことができます。

注意:

Photoshop Elements でサポートされていないステップを含んでいる Photoshop アクションは再生されません。また、Photoshop で作成されたすべてのアクションを Photoshop Elements で再生できるとは限りません。

 

アクションの追加

アクションパネルで、パネルメニューアイコンをクリックし、「アクションの読み込み」を選択します。.atn ファイルを指定し、追加したアクションにアクションパネルからアクセスします。

 

ですがどこを探しても、「アクションの読み込み」などという項目は見当たらず。

ググってもそれらしきものは見つかりませんでした。

 

Elements 9 の関連フォルダーを探し回り、デフォルトのアクションファイルの拡張子 atn のついたファイルと同じホルダーへPhtoshop で前に作ったアクションを 入れてもダメ。

デフォルトのアクションファイルをフォトショップで開いて、編集しそれを読ませてもダメ。

アクションプレイヤーのメニューが変化することはなく、どうにもなりま千昌夫。

  

仕方ないので Photoshop Elementsコミュニティフォーラム

Photoshop Elements 9で独自のアクションセットを追加する方法を教えてください

と問い合わせたのですが・・

  

しかしアドビのサポートはどこにあるんだ?

といいたくなるほど、なかなか辿りつけないようになっていて、途中で諦めるようにしてあるとしか思えない。^^;

  

チャットは(登録から 90 日以内) 電話での問いあわせ先 0570-023-623

      

サポートへ電話して聞いてみると、サポートは  Elements 9 を持っていないので、分からないとのこと。

何を言う! 早見優! > 20秒で10円かかっているのに > そんなの モハメッド あり?(笑)

  

最新版の Elements 14 が試用できるので、それで実際にやっていただくしかないという。

どちらにしても エレメンツの最新版でも電話サポートを受けられるのは、インストールに関する部分だけ。

 

アドビのサポートポリシーは、いろんな意味で凄いなあ・・と実感。

   

ですが、なんのこれしき猫屋敷と、早速 Elements 14 を試用。

するとあっけなく「アクションの読み込み」が見つかりました。^^V

   

注意書きで、「Photoshop Elements でサポートされていないステップを含んでいる Photoshop アクションは再生されません。」とあるので、以前 Photoshop で作った一番最初のアクションを読み込ませてみたのです。

   

すると、何と動くモノがあるではないですか。

  

なので Elements14 の処理する項目をチェック。

そして Photoshop で Elements14 用のアクションを作ればいいわけです。

 

それを Elements14 に読み込ませ、動作確認をしながら、追い込んでゆく。

ということを繰り返せば、Elements14 用のアクションができるはず。

  

しかし長かった・・たはっ。

    

 

おまけ

 

PSDicon.gif

Photoshop CC 2015 の環境で Elements14 をインストールすると、PSDファイルがこういうアイコンに変わってしまう。

これは、Photoshop CC 2015 で作って保存したファイルだが、Photoshop CC 2015 で読めなくなってしまった。

イロイロやってもダメで、結局 Elements14 をアンインストールしたら、読めるようになりました。

 

Elements14 をアンインストールしなくても、Photoshop CC 2015 で読めるようにする方法があるのだろうか?^^;

  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

記事の作成、お疲れ様です。

文面の流れが、なんか絶好調ですね(笑)

断食の効果でしょうか。
それとも6日のマーケットが調子よかったから?

僕もよい写真や日記がアップできるよう、がんばります!

いろいろありがとうございました。

コメントする

2016年1月

« 前月 翌月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2016年1月

月別アーカイブ