Photoshop Elements 9

コメント(0) (0)

フォトショップエレメンツでアクションで書いた、使い方の説明です。

Elements9Logo.gif

チャートにエフェクトをかけたい場合、Version9でも最新の14でも、ほとんど同じ。 

   

最新版の14を使ってみましたが、バージョン9よりも写真の編集に特化した製品となっています。

ですから下のようなチャートへ利益ゾーンが分かる矩形を作るだけなら、バージョン9でも十分です。

何しろヤフオクだと980円で買えるチャンスがありますからね。

   

adskChart01.gif

   

では上のチャートへ、矩形を作り下のようにする方法を説明します。 

  

adskChart02.gif

 

まずキャプチャソフト Capture it Pro などで、チャート部分を切り取り保存します。

キャプチャソフトの操作手順 < 動画

  

そして保存したチャートを、エレメンツの編集画面へドラッグ・アンド・ドロップ。

  

Capture it Pro で編集ソフトをエレメンツに指定しておくと便利です。

自動的にエレメンツが起動し、編集画面へチャートが取り込まれた状態になります。

  

この場合、モードは自動的にRGBモードになります。

ですが、一旦PCへチャートを保存し、そこからエクスプローラーを使いドラッグ・アンド・ドロップで表示させた場合、インデックスカラーモードになります。

この場合、下のように イメージ > モード で RGBカラーにしておきます。

Elements9-modeRGB.gif

これがインデックスカラーのままだと、色を指定した場合、妙な色になったりします。

ですから、作業前には必ず モード を RGBカラーになっているかどうかを確認してください。

   

次に作りたい矩形の色を選択。

下の画面左下のマークが付いているところで矩形を選択。

そして表示されているカラフルなパレットで色を選択します。

Elements9-color.gif

パレットが表示されていない場合、次のように ウィンドウ を選択。  

そしてサブウィンドウから スウォッチ を選択、チェックマークを付けます。

 

Swatch.gif

 

すると編集画面のどこかに、カラフルな色を選択するパレットが表示されます。

 

このパレットウィンドウは、単独でどこへでも移動できます。

操作しやすい位置へ移動します。

 

そして、マウスをドラッグし、下のように矩形を作ります。

 

chart2.gif

 

次に画面の右側にある 編集 を選択。

下のようなマークを選択すると、下のように多くのアイコンが表示されます。

 

Elements9-effectAll.gif

 

そして矩形に対して掛けたいエフェクトのアイコンを選択。

アイコンの上で右クリックをすると、下の図のようにサブメニューが表示されます。 

 

一番上にある「ドキュメントに適用」を選択。

すると左側に「シェイプ」という名称で、自動的にレイヤーが作成されます。

 

Elements9-shadow01.gif

 

レイヤーは上の画面だと「背景」の上に作成されています。

「背景」というのはチャートの画像です。

 

チャートの上にセロファンを重ね、その上でいろいろなエフェクトや処理をする。

これが「レイヤー」だとイメージしてください。

 

この過程では、元のチャート画像の上に下のようなエフェクトが掛かった状態になります。 

四角形の下と右辺に影が付いています。

  

chart3.gif

 

こうした作業をする時は、背景をコピーしたレイヤーを作っておくことをお薦めします。

 

レイヤーのウィンドウに表示されている「背景」をマウスでポイント。

 

そして左下にあるマークの位置へドラッグドロップする。

すると、「背景のコピー」というレイヤーが自動的に作成されます。

  

layercopy.gif

 

この上にもう一つシェイプというレイヤーを作ります。

そこで作業をすれば、元のチャートは一切影響を受けることがありません。

 

エフェクトをかけ、もし気に入らなければ、そのエフェクトを掛けたレイヤーを消すことができます。

Ctrl + Z というショートカットを使えば、一つ前の状態へ戻すこともできます。

  

Elements9-shadow02.gif

この状態で、色の付いた矩形の状態を変更すると、塗ってある色の透明度などを変更することができます。

上の黄色いマークの付いているアイコンをダブルクリックします。

 

Elements9-shadow03.gif

するとこのような画面が表示されます。

「角度」の丸いマークをカーソルでドラッグすると、光の差し込む角度を調節することができます。

この状態だと、左上から光が当たるので、矩形の右と下の辺に影がつきます。

 

四角い矩形につく影の大きさがサイズ。

「距離」は四角い矩形から影までの距離のこと。

「不透明度」で影の濃さを調節します。

  

そしてOKをクリックすると、ここでの設定が影の部分に反映されます。

最後に矩形に塗られた色の透明度を調節します。

  

Elements9-shadow04.gif

「不透明度」の%の下に左右へ動かせるスライダーがあります。

左へスライドさせると、色は薄くなり、左に動かせば濃くなります。

 

数字が大きくなれば、不透明度が増えるため、下のチャートが見えにくくなります。

adskChart02.gif

チャートの場合、これが40%の設定です。

 

chart4.gif

これが完成したチャートです。

 

保存は ALT + Shift + Ctrl  + S 

ファイルメニューからも選択できますが、ショートカットを覚えた方が遙かに便利です。

「Web用に保存」から、Gif あるいは PNG 形式で保存します。

 

このような矩形ゾーンを一度作成すると、Elements 9 ではソフトを終了しない限り、その効果は記憶されています。

いくつものチャートへ、同じようにエントリーと手仕舞いの位置を表示するには、長方形ツールで描画するだけ。

するとその前の処理を覚えているので、同じようにエフェクトが掛かるのです。

  

二度目からは「効果」を、四角く塗ったところへ適用させる必要はありません。

四角いゾーンをドラッグしながら位置を決め、マウスのボタンから指を離すと、自動的に影をつけてくれます。

もちろん、ゾーンの透明度も、1回目の設定と全く同じ濃さになります。

  

これが980円でできるのですぜダンナ。^^

  

とはいっても、オークションだと、いつかはこのバージョンが出品されなくなる、つまり売り切れることになります。

その場合は、Photoshop Elements 10 を探します。

  

チャートにエフェクトを掛ける場合、9も最新の14も、操作はほとんど同じです。

     

今見ると、10の出品は少なく、11が2千円から3千円台まで多数売りに出されています。

12・13・14と、バージョンが新しくなると比例して値段は高くなります。

14だと8千円から1万1千円前後。

  

価格ドットコムだと14の新品が1万2千円弱で買えます。

写真の現像もしたいというのであれば14を買ってもいいでしょう。

 

14だとアクションという自動実行マクロが使えます。

ただ読み込んで使うことはできますが、記録することはできません。

 

フォトショップでなければアクションの記録はできないのです。

なので、なかなか悩ましい選択となるわけです。

  

というわけで若いバージョンは、早い者勝ちですぞ。

     

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2016年1月

« 前月 翌月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2016年1月

月別アーカイブ