Feedly拾い読みWatch

コメント(0) (0)

FeedlyWatchLogo.jpg

人生は我々に期待どおりのものをくれるが、それは意外なところで、意外な方法で、意外な時に行われる

A・ファーブル・リュス

 

ライフスタイルを変えて収入を増やす9つの方法

尊敬する人たちと付き合う・お金を働かせる・副業をする・本の虫になる

金利の高い預金口座に切り替える・不慣れなことをするのに慣れる

目標を立て、その目標を達成することをイメージする・不労所得を築く

  

 

夜間睡眠時の脂肪燃焼

人類700万年の歴史で、狩猟・採集時代も農耕時代も空腹時や睡眠時は、脂肪が燃えてエネルギー源となり、糖新生も普通に行っているわけですし、脂肪酸やケトン体も普通にエネルギー源として利用しているのです。

糖新生するためのエネルギー源は、脂肪の燃焼から得られるので、糖質摂取後、数時間経って眠るなら睡眠中に脂肪が燃えてくれるので肥満には繋がらないのです。

しかし、夜食として午後9時から10時にラーメンなどを食べたら、血糖値が上昇してしまいます。

そうすると夜間は上昇した血糖は脳でも筋肉でも使われないのでインスリンが大量に分泌されて脂肪分解を邪魔します。

本来脂肪が燃えて、肝臓で糖新生する時間帯の夜中に、インスリンが血糖を中性脂肪に変えて脂肪細胞に蓄積する方向に向かいますので太りやすいのです。

  

  

悪夢の超特急・リニア 

樫田秀樹氏は、この本で「第58回日本ジャーナリスト会議賞」を受賞された方だ、

「もし、大きな地震が起きた場合、運転手もいないわずかな乗務員で、真っ暗なトンネル内、多勢の乗客をどうやって地上まで誘導するのか?」との問いにJR東海が答えた。「お客様同士で助け合っていただきます。」

  

 

ヤクザと同じ手法で大企業に脅しをかけるトランプ新大統領と操られるメディア

常識的に考えれば、合法的にビジネスする民間企業に対して政府が超法規的な報復措置をとることはできません。予測可能性の高い安定した経済環境を前提にこれまでの対米投資は行なわれてきたのですが、トランプは、米国市場から撤退する選択肢がない以上、これは罠にかかったのと同じだということを正確に理解しています。

「あいつはなにをするかわならない」という不穏なイメージさえつくりあげておけば、あとは140文字のTweetだけで相手は理不尽な要求を受け入れます。それによって米国内に工場がつくられ就業者数が増えれば、トランプの支持率は上がるでしょう。もちろんこんなやり方は長続きしませんが、これまでの遺産を食い潰して自分の利益に変えようとするなら、じゅうぶん効果的なのです。

   

  

ジョーク一発「仕事が早い!?」:「稀勢の里の横綱」「トランプ大統領令シャッフル」「NHK捏造報道」

「稀勢の里」というよりは「KYの里」か「キチの里」だナ!:日本相撲協会はもう解体しろ!

それにしてももはやトランプ大統領の無双状態。だれもトランプ米政権を止めることはできそうにないですナ。
なんといっても世界最強の軍人政権なんだからヨ。文句言えば、正々堂々と絨毯爆撃を食らう羽目に陥る。

    

  

グーグルマーズで火星に建つ巨塔(高さ6km)を発見! エイリアンの巣か、電波発信基地か!?

グーグルアースのように火星探索を気軽に楽しめるグーグルマーズ上で、まるで巨大な塔のような、奇妙すぎる構造物が発見されたようだ。それは縮尺から計算すると3~4マイル(4.8~6.5キロメートル)もの高さの巨塔で、その下部にはなんと入口のような部分も見られるというのだ。

   

 

月ソックリのUFOがカメラ目がけて迫りくる瞬間映像!

メキシコ火山から時速3400kmで急接近、これはガチ

いずれにしても、これだけ科学技術が発展した21世紀においても、合理的な説明が通用しない出来事が起きていることは間違いないのだ。いや、むしろ科学技術が発展し、人間が使いこなすツールが増えるほどに、ますます謎が深まっている面もあるということがおわかりいただけるだろう。

  

 

東芝が米原発産業の「ババを引いた」理由

「原子力ムラ」が支配する日本では、原発は作れば儲かる。製造コストが膨らんでも電力会社は総括原価方式なので、電力料金に被せて消費者につけ回しできる。「原発は安全」「原発の電気は安い」というウソが国内で喧伝され、経営者の頭まで妄想に支配されたのではないか。作れば儲かる、という発想がリスク感覚を麻痺させた。

幻想は3.11で粉砕されたはずだが、日本は政権も産業界も現実を認めるたくない。今や台湾まで原発撤退を決め、日本が熱心に売り込んでいたベトナムまで原発計画を取り下げた。

役人は失敗を認めない。「原発ルネッサンス」のシナリオを描いた官僚たちがまだ現役で政権の近くにいる。その一人が今井秘書官で、安倍首相の側近に納まっている。鉄鋼やプラント業界の面倒を見る立場にある叔父の今井敬氏は、財界長老として安倍政権に寄り添う。

 

東京の放射能汚染の検査結果 2016年

東京都文京区では、春日地域の2か所で検査が行われており、1か所では1675Bq/kgも汚染されています。

今回のデーターの中では、東京都葛飾区内で最もたくさん検査がされており、特に放射能汚染が強かったのは西亀有と立石6丁目で、西亀有では1017Bq/kg、立石6丁目にいたっては2048.3Bq/kgも検出されています。

東京都江戸川区での検査も多く行われておりますが、特に一之江フレンド公園、中央2丁目公園の2か所が最も汚染が強く、ともに500Bq/kg以上の放射能が検出されています。

東京都世田谷区でも、広く検査が行われており、喜多見7丁目、弦巻地区、桜新町、若林、上祖師谷、新町地区、代田地区で100Bq/kg以上の放射能汚染が確認されています。

この土壌の放射能汚染全体を考えると、セシウム134は半減期が約2年と短いため、福島第一原発事故から5年が経って、当初よりはかなり減っていると思われますが、セシウム137の半減期は約30年と長いため、この先も長期に渡りこの強く放射能汚染された状態が続いてしまうことになります。

これは、お子様が公園で遊んでいる時に細かな砂や土が舞い上がり、その粉塵を吸い込んでしまった時に、これだけ強く放射能汚染されたものが体の中に入り込むという状態が、この先何十年も続くということです。

また、福島から遠く離れた東京の公園で、こんなにも土壌が放射能に汚染されていることを考えると、日本全体のかなり広い地域で同じように土壌の放射能汚染が広がっているのではないかと推測されます。

   

 

2016年7月25日 東京都土壌中の放射性物質検査結果 発表はこっそりとな

放射性物質は、時間とともに減少し、また風雨などの自然要因による減衰効果( ウェザリング)にしては半減期減衰値がおかしい。

2015年の数値が上がりすぎたので、すこし掘る位置を変えた。
ま、こんなところだろう。

「そうなんです、高いですよ。でも政府から止められていていえなかったんです」

「放射能を怖がらないように私が指導をうけました」

 

 

2号機格納容器内最大530シーベルト

避難解除帰還【70カ月目の浪江町はいま】6カ所目の住民懇談会。「土壌を測れ」「これ以上の被曝は受け入れ難い」~自宅が258万Bq/㎡でも、国は「危険では無い」 引用

「6年間、あなたたちは何を勉強してきたんだ。私は長年、原発で働いて来たんですよ。線量より土壌汚染が重要なんですよ。吸い込んだら内部被曝するんです。土壌を調べもしないで『線量下がった、下がった』なんておかしい。町民の命を何だと思っているんだ。寝ぼけた事を言っているんじゃないよ。そんな状態でどうやって年1mSvにまで下げるんですか。そもそもなぜ、福島だけが年20mSvなんだ。もう少し勉強しなさいよ」

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2017年2月

« 前月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年2月

月別アーカイブ