オズ2号はフィボナッチも見てるぞ

コメント(0) (0)

FX自動売買ロボット・オズ2号現状WATCH

2月15日(水)午後5時前

depositHistory4.gif

一銘柄だけをホールド中・・

depositHistory3.gif

33トレードを手仕舞いして+125ドル強の利益。

  

筆者の口座1万ドルは1月31日にオープン。

deposit.gif

オズ2号は2月9日からトレードを開始したようだ。

   

33トレード中で利益幅の大きかったトレードをチェックしてみた。

オズ2号は日々バーションアップしていると言う。

   

depositHistoryTrade03.gif

ポンド・ドルを2月9日19時にロング

trade01-15.gif

このサイズのチャートで一覧できるタイムフレームは15分。

 

タイムフレームの倍率の基本は1:4から1:5あたりだ。

なので4倍のより大きなトレンドを見ると・・

trade01-60.gif

60分チャート

 

さらに2倍の大きなトレンドで見ると・・

trade01-120.gif

120分チャート

どうやら上の赤い四角いゾーンを見ているようだ。

ボトムあたりだろうという理由でロング。

そして緑のゾーンの利益を獲って手仕舞い。

オズ君の平均的な利益幅と比べると、十分な額の利益だからね。

   

   

depositHistoryTrade02.gif

ドル・円を2月10日0時21分にショート

このサイズのチャートで一覧できるタイムフレームは15分。

trade02-15.gif

緑の利益幅と比べても、結構な幅のプルバックだ。

かなり上へ持ち上げられている。

どういう根拠で我慢したのだろう?

   

1:4位の比率でより大きなトレンドを見てみると・・

trade02-60.gif

うーん・・

このあたりがピークだと何故分かったのだろう?

   

こういうときは、さらに大きなタイムフレームで見ればいい。

480分チャートで見ると・・

trade02-480.gif

この赤い四角のゾーンをフィボナッチリトレースメントで計測。

半値戻しのゾーンというのは、揉み合うものと相場は決まっているからね。

  

そして、フィボナッチのガイドラインを描画したままで・・

少し短いタイムフレームで精査してみると。

trade02-120.gif

フィボナッチガイドラインの 61.8% は上値抵抗線でもあるのだ。

つまりここで跳ね返される可能性は高いわけだ。

実際その通りになっている。

  

480分チャートで推測したボトムゾーンを120分チャートで見ると・・

120分チャートでもボトムだということがわかる。

  

たぶん半値戻しの位置を狙ってショートしたのだろう。

揉み合うゾーンなだけに、どちらサイドへ入っても取れるチャンスは十分あるわけだ。

このやり方だと、欲張らなければどちらサイドでも獲れるからね。

  

こうしてみると、フィボナッチって、実によく効いてるよねえ。

不思議だ。

   

というわけで、オズ2号君は、たぶんフィボナッチも見ているのだと思う。

侮れないヤツだ。(笑) 

  

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2017年2月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年2月

月別アーカイブ