Feedly拾い読みWatch

コメント(0) (0)

FeedlyWatchLogo.jpg

言葉で説教するよりも、あなたの生き方そのものがより良い説教なのだ

- ゴールドスミス

  

幸せな人が持っている12の習慣

1. 肯定的かつ楽観的な見通しを持つ

2. コントロールできることにフォーカスする

3. 幸せな人たちと一緒にいる

4. 仕事を楽しむ

5. 仕事以外の楽しみを持ち、お金の見方を変える

6. 他人に与える

7. 柔軟な姿勢で臨む

8. 質の高い睡眠をとり、健康的な食事をして、体を動かす

9. 恨みを手放す

10. 夢を追いかけ、現実的かつ期限のある目標を設定する

11. 人間関係を育む

12. 人生を体験する

  

 

錦織圭が「決勝6連敗」 ここ一番で勝てない理由 

グランドスラム初制覇の鍵は、「錦織ポーズ」にあり。

いい加減な記事だなあ・・

 

錦織に何が足りない?決勝戦で6連敗"どん詰まり症候群"克服を!

これも見当違い・・

 

錦織圭 強さを支える驚きの食生活「1日8食で4500kcal摂取」

「テニスは持久力勝負なので、エネルギー源となる炭水化物を摂取することが大切です。彼のまわりにはそうした栄養管理をするスタッフがいて、緻密に計算した料理を提供してくれるんです。ちなみに1日で摂取しなければならないノルマは4千500キロカロリーで、成人男性の約2倍だそうです」(前出・スポーツ紙記者)

炭水化物は食べるなと言ってるのにねえ・・(笑)

 

「試合開始5時間前にはパンを食べて、2時間半前にはパスタを半人前、そして30分前には栄養補助食品を摂取するなど、すべてが決められています。試合後は2時間以内にプロテインとパンなどを摂ることで身体へのダメージを最小限に抑えるそうです」(前出・在米テレビ局関係者)

パンやパスタを食べているようだとダメ。まあ、世間はこの程度と言うことだ。

 

 

「トンデモ」な健康情報には見分け方がある 

論文として発表されている場合は、たいていは専門の学者の審査が入っていますので、学会発表よりは信憑性が増します。しかしそれでも間違いは完全に排除できませんし、怪しげな論文でも掲載料さえ取れれば平気で載せる論文誌も存在しています。必ずしも「論文が出ている」というだけで信頼できるわけでもありません。

怪しいと思える情報を、自分でネット検索して調べることも可能ではあります。しかし、業者の作った商業サイトが圧倒的に多く、正しい情報にたどり着かないことのほうが多いのが現状です。医学の専門知識のないライターが書いた記事が大量にキュレーションサイトに掲載され、大問題となったことは記憶に新しいと思います。

ひとつの方法として、調べたいキーワードにプラスして「反論」「ニセ科学」「トンデモ」などの言葉を付け加えて検索してみるのも手です。ネット上には、怪しい情報に反論している人が必ずいますから、その意見と見比べてみるだけで、ずいぶん判断の確度が上がります。

 

 

対ガン戦争に勝利する真の医科学戦略を発表!!

42.5度以上で死滅するガン細胞の局所撃破を遠赤外線(=テラヘルツ波)照射機により行う。"抗がん剤"と言うと聞こえが悪いが、植物から採られたタヒーボはこの局所撃破の為にも「自然の抗がん剤」として役立つ。又、1で用意した負の電磁率=反エントロピー環境で覚醒された免疫細胞の白血球、T細胞、NK細胞、マクロファージ等がガン細胞を外敵と見做して猛然と襲う。その際、例えばT細胞がCD-1という物質をガン細胞に対し吐き掛けて殺そうとするとガン細胞側はCD-L1なる物質を生成してCD-1とCD-L1を結合させる事によりT細胞がガン細胞を外敵と見做す事を一般には止めさせてしまうのだが、1で用意した負の電磁率=反エントロピー環境がCD-1とCD-L1との間の引力を斥力に転化するので、結合は成立せずガン細胞は外敵と見做され続けてT細胞に食い殺される。

  

 

嘘だらけを教え込まれてきた人類

人は死後にも霊界と呼ばれる高次元の世界に移行して生き続け、輪廻転生というシステムで再び地上界に転生する。 人類には歴史学者や考古学者が語る年代とは桁違いの長大な歴史があり、栄えては滅び、滅びては栄える歴史を既に6回も繰り返して来 ている。 そして、現在は7回目の歴史の最中で、エジプトやメソポタミア文明はその7回目の文明の始まりに過ぎないのだ。

また宇宙には我々人類と同様な生命体が存在し、それらの中には人類より遙かに進化したテクノロジーを持つ生命体が数多くおり、太古の時代から人類と様々な形で交流を続けて来ている。 そもそも彼らの存在がなければ、我々人類は誕生していなかったのだ。 

また、彼らの テクノロジーをもとに造られたのがエジプトの大ピラミットであり、ナスカの地上絵である。 そうした彼らとの交流は今もなお続いており、宇宙開発をはじめ様々な高度なテクノロジーの知識 は、皆彼らから与えられたものを基盤としている。

それではなにゆえ、「影の政府」操る存在たちは人類に嘘を信じ込ませようとして来たのだろうか?

それは人類がこうした真実を知ってしまったら、物質至上主義に陥り、カネに操られ、名誉心に操られて、「影の政府」の奴隷として生きることはなかったからである。 そのために、権力者や学者を使って嘘八百を教え込み、人類を奴隷化して操って来たというわけである。

  

 

こんなところに子どもを入れるのは、どんな親なのだろうか・・ 

 

 

みんなの本音 「みなさん臨界中性子のことは言わない」 「心配しているが測定はしていない、なぜか、知ると怖いから」


核燃デブリを動かしたり、水を吹き付けたりすると、チェルノブイリの実績どおりにU235の形状が変化して臨界可能性

中性子線の数の多さで、帰還できるかどうかが判断される

真実はそこにある

*デブリに問題なければ、鉛ホウ酸コンクリートの安上がりで廃炉作業はすぐに終わる

東電はずるずるしたいのが山々だろうが(笑)すぐに倒産させられるから

  

  

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2017年3月

« 前月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年3月

月別アーカイブ