基本に戻れ

コメント(1) (0)

WDC3.gif 

米国ナスダックマーケット01(水) のトレードを例に挙げていますが・・

ETFC3.gif

   

 

ではこれらのトレードのどこに原因があって勝てないのか?

   

 

まず WDC から・・ 

WDC3-2.gif

陰線4本目がこれだけナローレンジになっているのは明らかなサインです。

つまり典型的なローソク足フォーメーションなのです。

ということは、次のアタマか遅くとも赤い矢印の位置で、手仕舞いでしょう。

 

ETFC3-2.gif

これも赤い四角で囲んであるところは陽線2本のフォーメーションです。

長い陽線は、普通のローソク足の長さの少なくとも2本分の長さがあります。

ということはローソク足3本フォーメーションと同じなのです。

なので、長い陽線の次のアタマで手仕舞いでしょう。

   

  

オフィシャルと比べ、選択に差がある事と利益確定の判断に、問題がありますね。

原因が何かは、まだわかっていません('-';)

   

上の2例の場合、原因はローソク足フォーメーションが見えていないという点が問題です。

  

これはマーケットが動いている最中に見えていないのか?

それともこうして終わったチャートを見ても、ローソク足フォーメーションが認識できていないのか?

 

まずこのどちらなのかという、いわゆる原因の切り分けが必要です。

ローソク足3本、あるいは4本の典型的なフォーメーションが来たら、その次の頭で逃げる。

これをワンクリックシミュレーションで出来ているのでしょうか。

   

これが認識できていないのであれば、安定した成績を残すのは無理でしょう。

profitList.gif 

実際のシミュレーションの訓練でも、マイナスが連続しています。

 

こうした基本が出来ていない状態で訓練を続けると、間違った方法を刷り込むことと同じことになります。

まずは、ワンクリックシミュレーションで、認識するチカラを身につけることです。

  

  

 

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

アドバイスありがとうございます。

基本のフォーメーションで脱出する練習に

しばらく集中して取り組んでみようと思います。

コメントする

2017年3月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年3月

月別アーカイブ