ある作戦

コメント(0) (0)

基本に戻れを書いたあと、コメントをいただいたのだが・・

flash.jpg

コメントを読んだあと・・閃いた!

 

QM33という手法によるパフォーマンスは、個人レベルではこれ以上望み得ないレベルだろう。

だが同時に、かなりの職人芸が要求されるのだ。

   

その職人芸はどこで必要になるのかというと・・

   

30秒チャートを読む読解力。

30秒チャートで銘柄選択をするスキル。

手仕舞いの位置は30秒チャートと3分チャートを併用して決めなければならない。

   

この3点はかなりの訓練、つまり経験が必要になる。

    

難易度のより低い方法として、QMALLというトレード手法が存在する。

では、今なぜこの手法を持ち出したのか?

  

それはFX自動売買ロボットの存在だ。

    

今まで、トレーニングを志す方の多くは、資金を3万ドルほど用意されている。

というのはナスダックで、レバレッジが4倍になるのは2万5千ドル以上の資金が必要になるからだ。

  

2万ドルあればFX自動売買ロボットで月額4万円ほどを稼ぐことができる。

 

QMALLだと50ドルの銘柄10銘柄分の資金が必要になる。

50ドル相当を千株のポジション1銘柄では5万ドル。

 

なので10銘柄なら50万ドルが必要になる。

レバレッジは4倍なので、必要な資金は12万5千ドル。

  

500株なら6万2500ドル。

だが200株なら、2万5千ドルで済むわけだ。

  

QMALLというトレード手法では1週間の平均値換算で、一ヶ月1万4千ドル強の利益が見込める。

200株だとその25%で、2800ドル。

 

QMALLだとオフィシャルの成績の半分しか獲れなくても月額1400ドル。

必要な資金は2万5千ドル。

 

FX自動売買ロボットだと総合計の必要な資金が2万ドルで月額400ドルの利益。

(LG4+運用資金1万ドル)

 

 

プランは大事!   

 

個人が経済的な自立を目指す場合、ベースになるプランが実現可能かどうかが成否を分けることになる。

机上の空論だけでは無理で、実際に実現可能な方法が必要だ。

  

その方法とは、ロボットで毎月400ドルを稼ぎながら、QMALLの訓練を続けるというもの。

 

基本に戻れで書いた、かんきちくんがQMALLに取り組んだとき・・

10月29日に5銘柄エントリーの練習

11月03日には 「今日から10銘柄執行の練習です!」 でいきなり +910ドル

    

シアトルで現在トレーニングを続けているシェフトレーダーの場合

Tickers and P&L: +3597.5 Official Result:-420

Tickers and P&L: +2153 Official Result: +4080

  

となかなかの成績だ。

これはひとえに、QMALLの難易度がQM33よりかなり低いためだ。

   

FX自動売買ロボットで月400ドルを稼ぎながら、月額1400ドルを稼ぐスキルを磨くのだ。

しかも1400ドルを達成するには、オフィシャルの成績の半分でいいのだ。

  

QMALLというトレード手法は、ボトムスキャンの10銘柄へエントリーする。

つまり銘柄選択をする必要が無いのだ。

 

エントリー後反対へ動けば次のアタマでカットロス。

 

という単純なルールなので、3分足チャートを見るだけ。

3分足だけならチャートは無料のトレードステーションで十分だ。

    

こうして資金を増やしながら、同時にスキルを磨き、フルタイムのプロトレーダーを目指す。

   

これは自動売買ロボットがあるからこそ、描くことができる青写真ではないだろうか。

       

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2017年3月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年3月

月別アーカイブ