トレードステーションは使える!

コメント(2) (0)

かんきちくんがトレードステーションの「米国プレミアム株価情報(LV1)」を適用したQMALL全10銘柄の30秒足チャートと、3分足チャートを掲載されています。

TradestationLogo.gif

チャートの足の長さは、できるだけ、オフィシャルのCQGの形に合わせているということですので、CQGチャートとの比較ができるように、30秒チャートを掲載しておきます。

 

すべて3月27日(月)のナスダック銘柄です。

   

celg2.gif

celg.gif

ローソク足フォーメーションを比較しても全く問題なく使えます。

  

aapl2.gif

aapl.gif

問題なく使えます。

 

stld2.gif

stld.gif

問題なく使えます。

 

lrcx2.gif

lrcx.gif

問題なく使えます。

 

atvi2.gif

atvi.gif

問題なく使えます。

viab2.gif

viab.gif

最初のローソク足の色だけが違います。

これだけの違いなら、実際のトレードで使うことができます。 

 

acia2.gif

acia.gif

問題なく使えます。

 

amzn2.gif

amzn.gif

問題なく使えます。

 

adbe2.gif

adbe.gif

問題なく使えます。

 

tsro2.gif

tsro.gif

問題なく使えます。

  

いかがでしょうか。

トレードステーションですが今までも3分足は全く問題なかったのですが・・

問題だった30秒チャートも「米国プレミアム株価情報(LV1)」であれば、使えますね。

  

米国プレミアム株価情報(LV1)申し込み完了!を見ると、ノーマルとは別物です。

月500円で使えるなら安い! と断言していいでしょうね。

 

いやあ、ラッキーな展開です。

ってトレードステーションの宣伝になってしまいましたが・・(笑)

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(2)

コメントでもいただければと期待していましたが

わざわざ記事にしていただけるとは・・・

ありがとうございます!


分足でシミュレーションできる範囲に制限があったり

応答速度も、CQGには全然かなわないですが

プロトレーダーを目指すためのハードルが

ぐっと下がった感じがしますね!

「米国プレミアム株価情報(LV1)」がどうなのかは、多くの方が興味を持たれていたはずです。人柱になってレポートをするチャレンジャーに拍手です!

まあCQGはチャートソフトのポルシェで、月額使用料もそれなりですから、いいのはあたりまえ。

一方、月額500円で肉薄する性能の30秒チャートが表示できるというのも、負けず劣らす素晴らしい性能だといっていいと思います。

結果良ければすべてよし、っていいますからね。

まさにプロトレーダーへの扉が大きく開かれたわけです。

コメントありがとう!!

コメントする

2017年3月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年3月

月別アーカイブ