ツアー参加の成果は?その2

コメント(0) (0)

シンガポールで足かけ4日間過ごして感じたこと、などなど。

singapole05.jpg

海辺からは宿泊した、マリーナ・ベイ・サンドホテルが見える

      

野心や向上心欠如・日本人の「起業家精神」45か国中最低

まずこの時事を読んでいただきたい。

        

日本は、世界でも長い歴史を誇る国だ。

歴史は2700年以上。

   

中には1200年前の平安時代から続くような家系も少なくない。

戦国時代から始まった精神が、脈々と流れている企業が多く存在するわけだ。

       

こうして考えると、日本企業は、世界でも類を見ない多様性を秘めている、といえるだろう。 

こうした多様性は、現在台頭し始めている新興国では類を見ないものだ。

       

ただ、新規企業の立ち上げという点から考えると、日本のように歴史がある国では、非常に難しい。

なぜなら起業しようとしても、すでに類似の企業が存在していることが多いためだ。

    

そのため、ほとんどが1年以内に倒産することになる。

     

singapole03.jpg

  

世界的な、ITのトップランナーが何故日本から生まれないのか?

このように歴史のある日本という国は、起業するには、向かない国だからだ。

    

では起業するためには、どういう国で始めると有利なのか?

それは、アメリカのように、歴史の浅い国ではないだろうか。

 

singapole02.jpg

       

ユダヤ人は最近まで国を持っていなかったため、国家の本質を知らない。       

歴史の浅い国では、成熟した文化がないため、新しいことを始めるしかないわけだ。

 

そのためそうした志を持つ人たちが集まり、騒ぐことで意味を見い出す。

 

singapole04.jpg

    

自分たちは世界のリッチな富裕層になれそうだ!

そうなれば世界は自分たちのものだ!

      

子供じみているかもしれないが、こうした純粋なストレートさが、チカラを発揮することになる。

       

言い換えれば歴史の浅い国では、目標達成のしやすい背景が整っているわけだ。

日本でいえば、終戦直後の状態を想像すればわかりやすいだろう。

         

中国人が、シンガポールという国を作ったのは、そこを見越したからではないだろうか。

       

singapole01.jpg

   

オズ・カンパニーの本社が存在するのは、そのシンガポール。 

 

このような視点から見ると、オズの本社を設けるにあたり、何故この地を選んだのか?

そして将来どのように展開してゆくのかという将来性が、垣間見える気がする。

  

こちらで書いたように、シンガポールでは散在することなく、一銭も使わなかった。

だが、帰国後LG5を速攻で複数買い増してしまった。

   

理由は、株価は28セントへ をご覧あれ。

   

しかし帰国後、日本で散財することになるとは・・(笑) 

       

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2017年4月

« 前月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年4月

月別アーカイブ