2017年05月01日 のCoolに過ごそう

このコラムでのトレードに関するコラムは、基本的にセミナーを受講された方なら理解できる内容となっている。

Trader.jpg

ただ全くトレードをされたことがない方や、FX自動売買ロボットを購入されただけの方は、読んでも、多分よく分からない部分が多いはず。

というわけで連休を利用して、トレーディングについての特集であります。

   

日本で本格的にトレーディングセミナーを始めたのは2001年のこの頃

参加された方の感想を中心にしたレポート

   

というわけで15年以上にわたって、トレードの手法を公開している。

その経験を生かし、FXと株式とでは、何がどう違うのかをわかりやすく説明してみよう。

 

多くの方が気になるのは、まずどちらの方が儲かるのか?

という点ではないだろうか。

  

 

FX自動売買ロボット

 

オズのFX自動売買ロボットの、想定パフォーマンスは月5%から15%の利益だという。

年間だと60%から180%になる。

  

筆者のアカウントではまだ3ヶ月ほどだが、実質的には月3%ほどのゲインだ。

年換算では36%。

  

ただし成功確率は100%!

言い換えれば、誰でもこれくらいのリターンを得られるわけだ。

        

 

ナスダック株式市場

 

一方でナスダック株式市場における成功率の高いQMALLという人間が行う手法が存在する。

最新のQMALL・先週のパフォーマンスで公開しているが、10万ドル相当の資金で年39万7200ドル。

 

年間の利回りだと390%にもなる。 

ただ、ここまでのパフォーマンスが出せる人はチャレンジャーの5%ほどという狭き門だ。

  

この手法でも、銘柄選択は、ボトムスキャンという、いわゆる銘柄選択ロボットが行っている。    

      

継続はチカラなり ・ ビデオチャットエイド ・ なんだか昔を想い出した ・ 意思と情熱 で取り上げているシアトル在住のかっちゃん。

彼は今39歳。大きな損失を出したこともあって、現在はフルタイムで寿司職人として長時間労働を続けられている。

     

彼の3月のトレーニング結果を見ると・・

QMALL Practice 03/30/2016 and March Result  月間4万ドルオーバー!

年間の利回りだと480%にもなる。

          

この影響だろうか、QMALL Practice 04/22/2016 Daily Grindによると、12時間労働による週5日間シフトを、2日減らしたという。

とても良いサインだ。

       

 

真の経済的自立

 

この株式トレードの魅力は、誰にも依存することなく、真に経済的な自立が可能になるという点だ。

努力は必要だ。

  

だが「夢を現実にできる」という見返りの魅力は、言葉では伝えられないレベルといっていいだろう。

 

ではなぜ、こういうことが可能になるのだろうか?

 

というわけで続く・・ 

  

転院

コメント(0) (0)

96歳の父が日赤病院へ緊急搬送されてから、はや2週間が経過。

0428CareHouse05.jpg

   

原因はたぶん熱中症。

エアコンの温度を上げたままで、午後気温が上がったのが原因のようだ。

とは言っても、これはオレの推測だけどね。

      

0421redCrossHospital01.jpg

 

ただ熱が依然上がったり下がったりだという。

血液検査の結果と、尿の汚染度からは矛盾する結果のため、熱の原因がわからないのだという。

   

主治医によると、尿道感染症の疑いがあったため抗生剤を投与。

その効果だろうか、夜になると38度5分ほどに上がっていた熱は37度台までに下がってきたという。

 

一度院内で転倒しているため、今はベッドの廊下側にセンサーバッドが敷かれている。

ベッドから降りると、ナースステーション側がわかるという仕組みだ。  

     

0417hospital01.jpg

 

原因をハッキリさせるためには、年齢を考えるとリスクの高い検査が必要になるという。

それとこの病院は、救急病院のため、長期の入院が難しいらしい。

   

他の病院を紹介することはできるという。

ただ問題は、熱があるだけで、病名がハッキリしないと、受け入れて貰えるかどうか・・

という、微妙に厄介な状況。 

   

0428CareHouse01.jpg

  

そこで閃いたのが、きっかけ8で書いた、父の3人目の妻が入所していた老人用の介護施設。

場所は六甲台なのでクルマで15分ほどのところにある。

 

施設長さんとは懇意のため、事情を話し速攻で相談。

ラッキーなことに部屋は1つだけ空いているという。

 

受け入れて貰えるというので、日赤病院の主治医から了承を得る。

 

というわけで、バタバタと走り回った甲斐あって、明日2日に施設側からケアマネージャーと医師が病院で父と面談。

日程が決まれば、日赤病院から直接、施設へ搬送という段取りが決定。

   

なので転院と言っても、病院ではなく、介護施設への引越し。

病院よりもご飯は美味しいだろうし、行動もより自由になるはず。

 

どちらにしても、まだベッドでの生活が続くはずなので、アマゾンで本を何冊か注文。

 

本は読まないと言っていたが、昨日30日には、メガネと本を2冊ほど差し入れてみた。

読んでいるだろうか・・ 

    

  

2017年5月

« 前月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年5月

月別アーカイブ