東京の水は安全なのか?

コメント(0) (0)

東京の水は、安全なのか? ND(不検出)のうそ

これを見てオレももう大丈夫なのだと思い込んでいた。

「人をだますのもいい加減にしろ!!!」

tokyoWater.jpg

核実験時代人体臓器汚染と水道水を対比して考えてみる

黄砂と山火事と計算

 

素人と思ってバカにして人をだますのは、やめよう。

不検出だと思って安心したら、なんのことはない、過去の100倍の水、100ミリベクレルぐらいは水道水は汚染されているのだ。

    

なんじゃこりゃあああ 20170429浪江仮置場の火災

出張に行ったら、東京のコーヒーは1杯、0.5ミリベクレル、栃木は1ミリベクレル!

「おいしい水は蛇口から 東京水」 4.3ミリベクレル/リットル、今でも出てる!

ただ今、東京は核戦争中だ、フォールアウトを越える水!

3ヶ月分の水道水、終に東京が福島に放射能で勝つ、5.3ミリ>5.1ミリ。

      

   

東京の水には注意 2015月02月20日(金) で書いたが・・

マスコミがダンマリのため、多くの人は大丈夫だと思っているのだろう。

豊洲・築地の地下水汚染を問題視しているが、そんなことより、問題は水道水だろう

       

tokyoWater2.jpg

 

ツイッターで検索してみた・・

 

水道水中の放射性物質に関する安全性について ~放射性セシウムに関する一部報道について~

東京都の水道水は、厚生労働省が定めた検査方法※1に従って放射性セシウムを毎日測定し、翌営業日にはホームページで公表しており、検査開始以降、いずれも検査結果は不検出※2となっています。

厚生労働省は、水道水中の放射性セシウムの基準として管理目標値を定めていますが、その値は1キログラムあたり10ベクレル※3とされており、都の水道水の安全性に全く問題はありません。

一部報道において、東京都の水道水における放射性セシウムに関する記事がありましたが、記事にあった原子力規制委員会の調査※4は、放射性物質の拡散状況を把握するために実施しているものであり、水道水中の放射性物質の検査とは、その目的・検査方法が全く異なっており、水道水の管理目標値と比較する性質のものではありません。

なお、原子力規制委員会の調査で検出された放射性セシウムの値をみても、厚生労働省が定めた水道水の管理目標値の約5000分の1という極めてわずかな量※5であり、水道水の安全性には全く問題ありません。

HPでは現在の検出限界値は「1キログラムあたり0.5~1ベクレル」と書かれている。

事故前は1ミリベクレル未満、つまり千分の1ベクレル未満だった。

検出限界値を5百倍から千倍も恣意的に緩和しておいて、「不検出」と言い張っているわけだ。

とはいえ連中が騙す方法はワンパターンだからねえ・・(笑)

  

ツイッターでも「検査してくれ」と一言書いたスレッドが批判されているが・・

福島第一原発事故前の基準で検査するのが筋だろう。

ヨウ素131やトリチウムも。検出されてないというのなら、検査結果公表しても問題ないはずだ。

 

     

関連記事

   

内部被曝より外部被曝が問題

老朽原発審査でズルする規制庁

原発事故の現状 2014月09月23日(火)

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2017年5月

« 前月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年5月

月別アーカイブ