トレンドラインとは?

コメント(0) (0)

今日のコラムは、トレンドに乗ることの重要性について。

momo3.gif

ローソク足がトレンドラインより上なら、ホールドするのが基本。

 

米国ナスダックマーケット12(金)

さて、これで5月も2週目が終わりですが、プラス5千ドルどころか、マイナス5千ドルが近い状態。

最悪でもプラス終了まで持っていきたいですね('-';)

 

原因はハッキリしている。

とにかく195分足という長いタイムフーレムのチャートを見るヒマがあったら、30秒チャートを見るべきだ。

余計なモノを見て、肝心なことがチェックできていないため、利益を伸ばせないのだ。

  

195分足を見て、長いタイムフレームでは、アップトレンド、と書いているのに、 MOMO +640ドルと、ホールドできていないのでは、何のために195分足を見ているのか?と言われても仕方ないのではないだろうか。

momo.gif

  

ローソク足がハイローバンドから上へ飛び出すという強力なアップトレンドだ。

慌てて逃げなくても、少なくとも500ドルは確保できるのだ。

下は筆者の判定基準によるチャート。

momo2.gif

ローバーンドを切るまで持っているだけで、これだけ獲れるのだ。

このトレード手法は、3分足を基準にしている。

だから利益を伸ばすには、3分足チャートでMA(移動平均線)が示すトレンドラインに沿ってホールドするのが基本

   

30秒チャートを見るのは、エントリー後の急な反転で大きなロスを喰らわないためだ。

だから、30秒足と3分足のチャートをしっかり見ればいいだけだ。

 

それができているうえ、どうしてもヒマなら195分足を見るのもありかも知れない。

だが彼のトレード記録を見ると、具体的な使い方が全く書かれていないのだ。

    

具体的に、この195分チャートがどういうときに、どういう判断をすればいいのか? 

これが決まっていなければ、気休めに見ているだけでしかないわけだ。

   

米国ナスダックマーケット11(木)を読むと・・▼674ドルの負け。

検証を読むと、ロングサイドはすべて「長いタイムフレームでは、アップトレンド」と書かれている。

全部同じ事を書くということは、何も書かないのと同じ事なのだ。

   

QuickMagicAll - 11(木)を見ればわかるがルール通りにやれば、+1820ドルにもなるはず。

   

  

素直に考えることが大事   

 

謎な195分チャートで「3分足チャートでのトレードで、より小さいタイムフレームなら30秒チャートを見るべきだ。」とアドバイスしたのだが・・

   

まだ1分の判断も間違えるぐらいなので、30秒の判断はもう少し先になると思いますが、徐々に使っていきたいと思います!

と呑気なことを言ってるウチに、5月の2週が終わった時点で▼4千ドル近いマイナスになってしまっている。

     

役に立たない195分チャートを見るのは即刻やめて、30秒チャートをしっかり見る。

この簡単なことがなぜできないのか?

 

自分の考えに頑固になってしまって、身動きが取れなくなってしまっているからではないだろうか

この心配が杞憂ではないことを祈るばかりだ。

  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2017年5月

« 前月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年5月

月別アーカイブ