ニュルブルクリンク24時間

コメント(0) (0)

 

15年に及んだ真実の佐藤琢磨を探す旅が終わりを迎える 

  

ニュルブルクリンク24時間は土曜スタート。

日本時間の日曜夜までの24時間レース。

エントリー台数は161台!

   

ニュルブルクリンクへの挑戦2017でオンライン生中継がナイスでした。

最後の4時間ほどを観戦したが、実に面白かった。 

      

nyuru01.jpg

いよいよゴールという寸前に何と雨が降り始める。

アウディーはダンロップ、BMWはミシュラン。

  

トップのアウディ9号車はスリックタイアのまま。

   

2位の29号のアウディは、給油ミスの間にBMW98号車に抜かれてしまう。

なのでタイアをインターミディエイトタイアに変えて大バクチ。

  ↓

nyuru05.jpg

ただ雨が降っているところは大雨に・・

なので残り8分を切ったところでトップのアウディ9号車はレインに履き替え。

     

アウディ9号車はBMW98号車に抜かれ3位。

というわけで29号のアウディは大バクチが成功して優勝。

 

nyuru02.jpg

   

去年の覇者メルセデスはBOPレギュレーションのため全く精彩なく低迷。

トヨタが参加したクラスは、トヨタはアウディーを抜けず2位。

スバルは炎上してリアイア。

    

nyuru04.jpg

ニュルの北コースには魔物が住むという伝説通りの展開。

残り2周で大波乱。

まさに「車を使った、筋書きのないプロレス」

いやあ、GT3の群雄割拠ぶりとあいまって、F1より遙かに面白かった。

       

nyuru06.jpg

惜しくも2位となったBMWだが、参加台数も多く、ドライバーは、みんな早かった!

      

        

他力本願な関連記事

   

「面白い」「つまらない」論争は、コストの問題に収束する

田舎と都会の「文化レベル」の話

格下でも勝てるって素晴らしいことですよ    

  

アウディ撤退が浮き彫りにしたWECの問題点

トヨタがF1に復帰しない4つの理由

現代F1の超エリート主義が日本人ドライバーの夢を打ち砕く

 

ホンダF1はその精神によって自らを空虚にしている

小林可夢偉は10年遅れのヤルノ・トゥルーリだったのだ――さよなら大好きなフォーミュラ1

2012年F1ハイライト Rd.20 ブラジルGP:ジェンソン・バトン

ルイス・ハミルトンの失敗

2011F1中国GP:ミハエル・シューマッハ

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2017年5月

« 前月 翌月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年5月

月別アーカイブ