日産NOTE e-Power

コメント(0) (0)

epower01.jpg

  

森慶太FMOの最新記事2017.08.10. バージョンは ■こんなん出ました

ネタは、2017年1月-6月の乗用車販売台数の車名別トップ10。

 ↓ 

1位ホンダ N-BOX 106230台(110.7%)
2位トヨタ・プリウス 91246台(64.0%)
3位日産 NOTE 84211台(163.3%)
4位ダイハツ・タント 80607台(90.2%)
5位トヨタ CH-R 79903台( ── )
6位日産 DAYZ 76707台(149.3%)
7位ダイハツ・ムーヴ 72167台(174.0%)
8位トヨタ・アクア 64168台(71.8%)
9位ホンダ・フリード 61507台(335.7%)
10位スズキ・スペーシア 57763台(136.9%)

カッコ内は前年同期比

 

というわけで、ダイハツを含めなくてもトヨタの圧勝は変わらず。

  

モリケ-タさんがトップ10各車についてカンタンに書かれていますが、そのまま転載は何ですので・・

超要約すると・・(笑)

   

・ホンダN-BOX

ちゃんとしているようではない様子。

  

・トヨタ・プリウス

NOTE e-Powerが出てしまったので「もう、いいでしょう」

ブレーキのフィールは相変わらずらしいし・・

  

・日産NOTE

e-Power限定で「興味あるならゼヒご試乗を」とお勧めです。

日本車の平均値からは精度のケタがひとつ違うほど運転しやすい。

 

とのコメントが・・

   

NISMOバージョンもあるという。 ↓

epower02.jpg 

うーん・・(笑)

なので、見た目的にはノーマルの方がいいな。

     

WEBカタログを見ると、お値段は>メーカー希望小売価格(消費税込) 1,393,200 円

去年11月は国内月販台数でなんとトヨタ・プリウス&アクアを抜いて全国1位!

  

【試乗記】日産ノートe-POWER もっと俺たちを振り向いてくれぃ!

凄いけどガッカリ悩ましさNO1ハイブリッド:小沢コージ 

要約すると・・ 

いわばまかない飯をサクっと作って、美味しい一級品の料理にしたようなとこがある。

メリットは2つ。

開発エンジニアが「時速60km以下の領域ではアクアを越えます」と言い切る低速燃費性能と加速の滑らかさ。

補助バッテリーを使ってEVのように走るので低速街中に強い。

逆に高速ではエンジン直結モードのないe-POWERの欠点が出る。

街中をちょこちょこ走る奥様用には、ノートe-POWERはおあつらえ向き。

ブレーキペダルを踏まない運転、ワンペダル運転ができる。

唯一気になるのは結構プラスティッキーで安っぽいインパネ。

 

小沢的にはやはり日産ならではの新ハイブリッドカーなのでイチから新しく作って欲しかったと。

ついそう思ってしまう今日この頃なのでございますよ。

  

とはいえ、140万円でお釣りが来るという安さ

日産は「みんなお金がないはず」ということで、安くしたのでしょうか?

とはいえ、欲しいバージョンとなると200万円近くになりそうだけどね。

   

こちらのサイトから > ひと踏み惚れ がテーマ

【NOTE e-POWER】ひと踏み惚れ 

 

信号大国ニッポン × NOTE e-POWER 乱暴な同乗者!?その理由は・・・?

 

ワンペダルは楽すぎてヤバイらしいけど・・

ブレーキ踏むと他の車に比べてメッチャ止まりにくいらしい。(笑)

  

     

関連記事

  

モリケータ氏のC-HR評

シエンタ ネタ again

シエンタ試乗記

トヨタ・シエンタ

試乗雑感

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2017年8月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年8月

月別アーカイブ