WindowsUpdateで不具合

コメント(0) (0)

creatorsupdate.jpg

   

先日 Creators Update という、数回の再起動を伴う大規模なアップデートが行われたのだが・・

そのあと iTunes が起動しなくなってしまった。

  

iTunes をアンインストールし、インストールし直してもダメ。

 

というわけで、システムのタムラッチへスカイプして助けを求めると・・すぐに原因を発見してくれた。

  

詳細は Windows10でiTunesが起動できない...再び に書いてあるのと全く同じ。

BTTray.exe を削除すればOKだという。

なので Bluetooth というショートカットを削除して再起動。

  

iTunes はあっけなく立ち上がった。

さすがのタムラッチ。

 

Creators Updateというのは、7月28日(金)頃から順次Windows10へ適用されているという。

Windows10は"最後のクライアントOS"と呼ばれているらしい。

 

Microsoft社が提唱する"Windows as a Service(WaaS)"という考え方で、今後は修正プログラムや追加機能が提供されWindows10自身が進化をし続けるという。

 

アップデートではMicrosoftが利用しているPCからデバイス、ドライバーのバージョンなどを収集。

Creators Updateを適用すると問題があると判断されたデバイスやドライバーがある場合はCreators Updateの適用対象から除外するという。

  

今回筆者のPCは問題ないと判断されたわけだ。

だけど、問題が出てしまい、現在 PC ではBluetooth が使えない状態となっている。

 

デスクトップPCでは使わないからいいんだけどね。(笑)

 

という顛末で無事 iTunes が起動するようになりメデタシメデタシ。

   

   

おまけ

  

Windows 10 Creators Update の新機能

   

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2017年8月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年8月

月別アーカイブ