週中雑感

コメント(1) (0)

portablebed.jpg

   

今日から2日間の基礎セミナー。

しかし同じタイミングで東京からカミサンの友人が二日間滞在の予定。

彼女はカミサンより2歳下。  

  

というのは子宮平滑筋肉腫が見つかったため。

かなりまれな悪性腫瘍です。

    

調べてみると、肉腫は通常の癌(癌腫)とはかなり異なる悪性腫瘍。

子宮平滑筋肉腫は悪性の腫瘍で、癌の一種。
 
子宮筋腫の患者500人から1000人に1人という非常に珍しい病気です。
 
 
短期間で急激に大きくなるのが特徴だといいます。
 
治療法は転移を防ぐため、今のところ子宮全摘手術が最善策と言われているようです。
  

子宮平滑筋肉腫の化学療法(抗癌剤)は、通常の子宮癌(頚癌や体癌)とは異なる薬を使うようで、ある程度効果が認められているのは、アドリアマイシンとイフォマイド。

  

子宮癌に使う抗癌剤(白金製剤やタキサン)は今ひとつ効果がないという難病。

子宮肉腫は、発症してしまったら最後と言われるほど危険な病気のようなのです。

  
子宮平滑筋肉腫の場合、リンパ節への転移は少なく、肺に転移することがあるので最も予後が不良となりやすいという。そのため抗がん剤治療は行わず、切除後に放射線療法がおこなわれることが多いようです。
   
    
カミサンの友人の場合、どの程度進行しているのか?
 
医者ではない我々には分かりません。
 
ですが送ってもらったファクスの診断を見ると6センチほどと4センチほどの大きさのものがあるようです。

     

で、とある掲示板を見ると・・

  

子宮筋腫ができ病院で治療をしていましたが、筋腫がサッカーボール大まで

大きくなりおかしいと思い他の病院で検査したところ子宮肉腫と診断され左右の肺に転移しているようです言われました。

このままでは手術は難しく(肺に転移しているため)このままだと半年は持たないだろうとのことです。わらにもすがる思いです。妻を助けて下さい。

始めまして。今、私の母が子宮肉腫にかかっています。

去年の12月に手術しましたが骨盤周辺に少し残ってしまいました。

抗がん剤のジェムザールとタキソテールを点滴していましたが効果はありませんでした。

今では足に激痛があり立てなくなってしまいました。

癒着の可能性、体力的なことで手術はできないと医師にも言われました。どうしたらいいか教えてください。

 

こちらにもあります。

うーん・・

  

11日に病院で精密検査の予定だというので、その前に出来ることをやっっておこうというわけです。

医者は、切る・抗がん剤の投与・放射線治療しか対処できませんからね。

    

とりあえず、バイオマット+AWG+ライフデジタル治療器で二日間戦闘モード。

    

例の治療院で バイオマット+AWG。

そのあとウチで、バイオマット+ライフデジタル治療器というダブルヘッダー。

  

トップの写真は、父の部屋にセットした折りたたみ式のポータブル?指圧ベッド。

      

東京へ戻ったら、バイオマット+ライフデジタル治療器+タカダイオンで徹底抗戦という予定。

  

この作戦の黒幕はオレですが(笑)現場指揮はカミサンという布陣。

 

あとは祈るのみ・・

    

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

とあるブロガーさんのブログですが
先日、病気とは無縁の様なご主人が原因不明の背中の痛みで入院されたそうです。

入院して検査を続けても原因はわからない。
原因はわからないけれどガンマーカーが高い。

ご自分でザッパー、AWG、ライフデジタルを持っていらっしゃる方で
入院中もご主人はAWGとライフデジタルで思い当たるコードを色々とかけていたそうです。

その結果、癌マーカーは下がったという事でした。
病院では何の治療もしていなかったのに。

病は治った者勝ち!
作戦成功をお祈りいたします。


コメントする

2017年9月

« 前月 翌月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年9月

月別アーカイブ