ビットコインあれこれ

コメント(0) (0)

1012bitcoin.jpg

  

以下はちょっと調べれば分かることなので、いわゆる雑学であります。 

 

ビットコインは主流になれるのか?

   

お金(お札)は借用証書。

お札には「日本銀行券」と刷ってある。

  

いいかえれば、債務と債権の記録証ともいえるわけです。

小切手や約束手形は個人が発行できるお札。

  

ビットコインは、PCでマイニングできるので金に似ている。

国際決済の一つの方法がビットコイン。

  

銀行を通して外国へ送金すると手数料が高いので、ビットコインが使われる。

ただ素早くやらないと、レートが変動するので注意が必要だ。

 

中国は両替の制限があるので、中国人がよく使ったため高騰したわけだ。

 

だがお札がビットコインに駆逐されることはあり得ない。

というのは、国は公的サービスつまりインフラ整備が必要で、そのためには税金が必要になる。

 

ただ税金はお札だけで納税が可能。

ビットコインでは支払うことができない。

 

だからビットコインが主流になることはない。 

というわけで、どんな暗号通貨でもお札の代わりにはなり得ないのだ。

    

現在「お札」(現物のお金)は通貨の10%くらいが発行されており、あとは仮想通貨と同じようなもので、通帳に数字が書かれているだけ。

これも、いってみればビットコインのようなものだともいえる。

   

ビットコインと同じように「金」も「お金」だと認識したい人は少なくない。

昔のいわゆる大航海時代(グローバリズム)が好きな人は、金が好きなのだ。

    

経済学はグローバリズムの思考で論じられるが、国内では関係ないハナシ。

  

今日本の銀行連盟はJコインというものを発行しようとしている。

これは固定相場制になるはず。

     

     

ビットコインとリスク 

    

ビットコインは信用性が上がれば高騰し、下がれば価値はゼロになる仕組みだ。

      

ビットコインをマイニング(発掘)を電気代が高い日本でやると、電気代がかかって逆ザヤになってしまう。

つまり電気代が安い所でマイニングしないと勝てないのだ。

     

そのビットコインが改ざんされたものか、正しいものなのかは、どうやって決めるのか?

計算量の51%を押さえた方が正しいことになってしまう仕組みになっている。

     

仮に量子コンピュータを手に入れられたとする。

すると計算速度が圧倒的に速いので、ビットコインの計算量の51%を早く押さえることができるのだ。

   

それは誰で、いつなのか?  

つまりこうしたババ抜きがいつ行われるのかが分からないと、長期保有で儲けることができないのだ。

   

手数料を安く抑えるためにビットコインを使うのが、一番メリットが大きな使い方ではないだろうか。

      

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2017年10月

« 前月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年10月

月別アーカイブ