タカダイオンは放射能にも有効

コメント(0) (0)

0524takadaion01.jpg

 

タカダイオンは、マイナス電子を大量に体内へ送り込む装置だ。

 

異常な細胞を正常な細胞へ変換する効果のあるマイナス電子の威力は、毎日睡眠中に動作させることで、じわじわとと効いてくる。

あたかもオセロゲームのように、黒を白ヘとひっくり返すわけだ。

 

イタリアの生物学者エヴァ・ビアンコニ氏の「人体の細胞数の推定」という論文をご存じだろうか?

  

彼によると、細胞の数は成人の体で37兆2千億個にも及ぶという。

それらの細胞は毎日入替わり、6年位で体質が変わってゆくという。

    

脳や神経、心筋などはある程度まで成長すると、細胞分裂はしないが、代謝は行われる。

だが、この代謝の繰り返しで細胞は少しずつ生まれ変わるのだ。

 

骨折して元通りに再生するまで大体3ヶ月はかかるわけだが、血液は大体4ヶ月。  

ちなみに赤血球の寿命は約120日。

  

新しく再生されてゆく細胞の代謝サイクルだが、胃は約5日、筋肉や肝臓は2ヶ月、髪は 1ヶ月 

The Cell Cycle & Mitosis Tutorial細胞分裂と細胞周期

  

こうした過程で、タカダイオンの働きで、異常な細胞が正常な細胞へと変わって行くわけだ。

その結果、生まれ変わった細胞組織の抵抗力の強さは、盤石になると考えていいだろう。

      

日本では、現在癌患者が多発している。

細胞ががん化する仕組みに書かれているように、がん細胞は正常な細胞の遺伝子に2個から10個程度の傷がつくことにより、発生する。

これらの遺伝子の傷は一度に誘発されるわけではなく、長い間に徐々に誘発される。

   

そのため毎日の食生活が大きな影響を与えるのだ。

糖質制限によって糖質の摂取量を減らすと、がん細胞がエサとしている糖質が減ることになる。

    

多くの人が主食としているご飯・パン・麺類の摂取をやめるだけでいいのだ。

筆者が糖質制限を勧めるのは、こうしたシンプルな方法で、大きな効果が見込めると踏んでいるからだ。

 

国立がん研究センターの最新がん統計によると、2006年から2008年にがんと診断された人の5年相対生存率は男女計で62.1%(男性59.1%、女性66.0%)。

cancergraph.jpg

    

昔の人はよく「人生50年」と言ったものだ。

 

糖質を大量に摂取し続けるとインスリンが血管へダメージを与えるのだ。

その結果、癌だけではなく、血管へのダメージの影響で、心筋梗塞、脳梗塞などでやられてしまう。

   

タカダイオンは、そうしてダメージを受けた細胞を片っ端から、マイナス電子で蘇らせてゆく。

これは実に有効な予防効果でもあるのだ。

   

日本では福島第一原発事故で、いまだに毎日2億4千万ベクレルもの放射能が漏れ続けている。

日本の山や海の食べ物は、日々汚染され続けている。

 

これだけ膨大な放射能が環境に6年間毎日放出され続ければどうなるか?

すべての食べ物に影響があるのは自明の理だ。

    

そうなれば、食品から摂取する放射能の影響を、完全にゼロにすることなどできないのは当然のこと。

  

今の日本のすべての食品は汚染度を測定し、食品ラベルに「何ベクレル」と表示するべきだ。

そうすれば、我々はロシアンルーレットを避けるため、東北の食品を避ける必要はなくなるはず。

  

東北の復興は、国が隠し立てをせず、国民に本当のことを知らせることから、始まるのではないだろうか。

「東北の食べ物は安全です」というのなら、その食べ物を測定した結果を、堂々と表示すべきだ。

        

  

ひだまりさろん ふじちゃんのWIKI

1945年広島原爆投下後3日後から原爆症治療に使用され、大きな効果をあげた治療器があることをご存知でしたでしょうか?

放射線によって受ける影響で最も危険なことは、発ガン率が高まる事です。

これは、放射性物質が体内に入り、体内に残留した放射線物質が出す放射線が、細胞の遺伝子(DNA)を傷つけることで細胞がガン化していくためです。

この際、細胞に最もダメージを与えるものが、放射線による強力な酸化作用なのです。

すべての物質は酸化することで劣化していきます。人間の身体も同じで身体の細胞が酸化することで老化していきます。

酸化するということは、その物質のマイナス電子(イオン)が失われる事をいいます。

つまり、身体にマイナス電子(イオン)を与えれば、酸化を抑え老化を防ぐ事ができるのです。

放射線やガン細胞の発する強力な活性酸素の酸化作用も、マイナス電子(イオン)を与える事で中和され、細胞のダメージを抑えることができるのです。

 

 

レベル7の「高濃度放射能」に対処!

チェルノブイリにかつて日本の医療機器が、NGOユニバーススターを通じて、当時のバローガ非常事態省大臣に複数台寄付されました。
     
1台で数100人以上に試用できます。

著名な医師を含め、チェルノブイリ近郊からは延べ200人以上の方を日本へ招聘して来ましたが、当時の子供たちは今や、次の世代を産み出しています。

障害は出ていません。福島原発の10~100倍の被災と言われているチェルノブイリですが、タカダイオンを直後から試用していれば、症状は消えていたはずです。

★まず、 現地復興の要、NGOの方々が不安を感じて活動がままならない、との情報を聞いて、開発者の広藤医博から寄付して頂きました。

広藤医学博士が家族全員を亡くされた広島の時は、タカダイオンによって30種類 にもおよぶ後遺症がすべて消えていったそうですが、被爆後の"急性"の症状 にも大変有効!とのこと。

★東海村の原発事故から現在に至るまで、放射線被ばくの有効な治療法は、医学的には他に存在しません。

       

タカダイオンは、単純なしくみゆえ、放射能のダメージから細胞を回復させることができる。

そのためこのような放射能の影響や、癌・難病の予防にも、大きな効果が見込めるのではないだろうか。 

    

だが長年の実績によるこうした効果も、ほとんどの人がご存じないのが実情だ。

筆者が5月末にタカダイオンを導入した大きな理由の一つは、何を隠そう、こうした放射能対策でもあったのだ。

       

国が本当に有効な対策を施すことなく放置している現状を考えると、ホント頭が痛くなる。(笑)

そのため、自分の身は自分で守ることが最も大事なことだと考えている。

    

毎日の生活を、食品の放射能による健康被害というストレスから解放する。   

これは素晴らしい気分で毎日を過ごすためには、かなり効果的な方法ではないだろうか。

 

これこそが究極の対策?^^V

      

    

関連記事

 

体調不良の人が増えている?!

東京の放射能汚染

加速するダメージ

東京の水は安全なのか?

福島はどうするのか?

高齢者の自動車事故

東京の水道水

洗車汚泥に放射性物質

放射能は孫以降の世代にも影響

自衛するべし

国民を見捨てる日本

東京湾の放射能汚染が拡散

東日本に住むということ

  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2017年11月

« 前月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2017年11月

月別アーカイブ