年頭雑感

コメント(1) (0)

0103chibi.jpg

    

昨年の年末から年始にかけては、珍しく喉風邪にやられたので、まったりと自宅で休養。

とはいえ年末は娘の出産があったので、それなりにバタバタしましたけどね。

     

昨日は娘のダンナとチビが北海道の親戚を訪問するというので、大阪空港まで送迎。

中国道を通るルートは、混んでるようだったのでパス。

  

阪神高速から名神というルートでしたが、阪神高速は姫路方面は車の数が多く大渋滞。

こちらの車線も車は多かったのですが、名神に入るとかなり車は空いていました。

 

今日の空模様はあいにくの曇り空・・

今日も時お楽でのんびりと、過ごす予定。

      

たまたま18年前の年頭の過去ログを見る機会があったのですが、今読んでも、古く感じなかったので、下記へ転載しておきます。  

     

   

黄金の人生とトレード・パート2

前回にフルタイムの安定した利益を出せるトレーダーは、

  • 自由な時間を持てる。

  • トレードの仲間ができる。

  • 収入を得るという非常に実利の高い楽しみと生きがいが持てる。

 

という「黄金の人生」を今後30年にわたって持続できる可能性があるというメリットについて書きました。

つまり、ある種のプロの技術を身につけるということなのですが、これは技術だけのことではなく、取り組む姿勢も非常に重要になります。

 
2000年を迎えて、市場にはありとあらゆる商品やサービスが氾濫し、性能や価格で勝負するといった従来の基準だけで考えていると、大きな勘違いを犯すことになる危険性があります。

ここアメリカでは、新しいアイデアや感覚が必要な時代にすでになりつつあります。自分が何をすればいいのかという迷いがあったり、他のものに依存した考えでいると、あなたはすでに自分にとっての「お荷物」となっていると考えてもいいでしょう。

 

 
トレーダーだって同じことではないでしょうか。

もしあなたが、プロのトレーダーになりたいという夢があったとします。

では、あなたのプロとしての存在価値とは何でしょう?
 

最初は確実に利益を出せるトレーダーを誰もが目指します。

これは当然のことです。

では次のステップとして、利益を出したあとの次のステップは何でしょうか?

 
お金だけが儲かればいい、つまりその儲かったお金をどう使うのか、何のために使うのか、といったビジョンがないと、すぐに行き詰まってしまうはずです。
  

自分だけのために、稼ぐことは、プロならそれほど難しくはありません。

自分や家族を賄えるだけのものは、軽く稼げるはずです。

それがプロとしての最低条件です。

   

特に複雑な状況のマーケットに対応して、確実に利益を出すことは、最初は非常に難しいはずです。

少なくとも一年間は、実際のマーケットで、それもフルタイムで見続け、そして参加することによる実体験によって、体で覚える部分の比重が非常に大きいのです。

ですから、素直にその流れに乗って、よく観察することです。そして、仮説を立て、それを「検証」することです。

  

「この銘柄が上がるだろう」と考えるのは「仮説」です。

そしてそれを買って、どうだったのか?
 

この結果を「検証」しなければなりませんが、これが言い訳だったり、マーケットのせいにしていると、この「検証」が甘くなり、一向に「仮説」が当たらないことになります。
  

つまり、あなたの考えの偏りを修正して「率直に見て考える」ことが幸運を呼び、大きく成功するための大事なステップとなります。

一流のプロの条件を知ったうえで、自分は、二流、三流を選択してそこで楽しくやるということと、一流を知らずに、二流、三流のままでいるということとの違いは非常に大きいのです。

   

では一流のプロとは何でしょうか?

一流は、どのジャンルであれ、世の中の流れをよく見極め、その中で自分を磨いているような、そういう魅力を感じるはずです。
 

トレーダーなら、トレードの技術を勉強しておけば今後、利益が出るだろうと考えてそれを身につけたとしても、それだけでは、魅力的なトレーダーにはなれません。
 

こちらが、勉強している間にも、こうした技術やトレードや、関連した世界も進歩しているからです。マーケットだって変化しています。
  

同じ間違いを繰り返す一流でない人は、「検証」ができていないと考えるべきでしょう。

何故同じ間違いを繰り返すのか?

  

それは基本ができていないことが多いのです。

基本をまず守る。
 

そして、それと同じかそれ以上に大事なことは、あなたの能力が人のために役に立っているか?どうすれば、人の役に立てるのか?

ということです。

 
そのためには自分に磨きをかけることです。

知識を増やしてテクを身につけることは基本ですが、それができたら、それはほどほどにして、次のステップとして、まず「魅力」のある人間になることではないでしょうか。

 
「役立つ人」よりも「魅力のある人」ですね。

これを判別するのは意外に簡単です。

  
あなたの奥さんなり、旦那さんなりの評価が、その魅力の大きな部分を物語っています。

あなたの奥さんが魅力的なら、あなたも魅力的なはずです。

 
あなたの、夫が魅力的なら、あなたも魅力的な女性でしょう。

長年連れ添っている人が、魅力的に感じるなら、大多数の人が魅力的に感じ、信頼してくれるのは当然ですね。

 

トレードを「さておいた」時に、何が残るのか・・

これからの時代は、こういった、「見えないものの価値」も、ますます重要になるのではないでしょうか?

  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

明けましておめでとうございます。
念頭から厳しめのお言葉で、こちらも身が引き締まる思いです。
本年も、皆さんにとって良い年となりますように。

コメントする

2018年1月

« 前月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2018年1月

月別アーカイブ