大志を抱け

コメント(1) (0)

ambicious.jpg

   

と或るトレーダーのキセキのカンチャンへのアドバイス。

  

米国ナスダックマーケット24(水)

と、ここまでで検証は終わり。

カットロス及び、カットロスになりそうな銘柄を排除する事で、大幅なロスが無く

手堅く取ればほぼ勝てている、今の状況は大きな進歩。

オフィシャルで利益が出ている銘柄にも、ほぼエントリーできているので

やはり今の問題は手仕舞いをどうするか?という点になると思う。


特に、手堅く取るべきなのか、伸ばすのか?

今日でいえば、JD は長い足の後手堅く脱出するのもありだったと思うが

オフシャルでは、その後もホールドして利益を伸ばしていた。

しかし、同じようなEA については、長い足の後で手堅く手仕舞い。

このあたりの切り分けで大きな差が出ている。

さてどうしたものか('-';)

 

6銘柄エントリーで780ドルの勝ち

オフィシャルは +2050ドル

 

奮闘中でも書いているが、まずは10銘柄にエントリーしないとダメ。

 

「事前にカットロスになりそうな銘柄を排除する」なんてことは出来るわけはないわけだから。

できるのは神だけ。キミは神なのか?(笑)

  

オフィシャルで利益が出ている銘柄にも、ほぼエントリーできているのは、たまたまのハナシ。

 

「JD は長い足の後手堅く脱出するのもありだったと思うが」とあるが・・

これは移動平均線に沿ってホールドするという練習をしないと無理。

 

しかし、同じようなEA については、長い足の後で手堅く手仕舞い。

このあたりの切り分けで大きな差が出ている。

さてどうしたものか('-';)

 

ea.gif
EA 500株 +370ドル

だってショートサイドは、この銘柄以外は全滅。

つまり大きくは下げ続けなかったわけだから、ここで逃げるのが正解。

それに4本フォーメーションで、フィボナッチガイドラインにモロヒットしている。

利益幅から言っても、これはここで手仕舞いでしょう。

 

entrytiming.jpg

そもそもが EA とか QCOM とかはエントリーのタイミングが遅すぎるよなあ。

     

   

米国ナスダックマーケット14(火) 11月

と、ここまでで検証は終わり。

今日の成績は、今までで1番オフィシャルの記録に肉薄しているのではないでしょうか。

カットロスの差というより、エントリーしてないだけですが

手堅く利益確定でも、ここまで差を詰める事ができています。


後はどういう時に伸ばしていくか?

これが出来れば、10銘柄エントリーでもオフィシャルに近い成績が出せると思いますし

エントリーを厳選すれば、オフィシャル以上の成績が出せるのも夢ではないと思います。


今日の記録はかなりうれしかったので、日々検証している、詳細な検証内容を書いてみました。

最近はかなり端折った日記で手を抜いていますが、また気が向けば詳細な記録を残したいと思います。

  

4銘柄エントリーで1220ドルの勝ち

オフィシャルは+1250ドル

  

そもそもが回線の不具合でチャートが表示できないので、エントリー数が少ないだけではないのか?

その要因をメソッドの一つのように考えるのは、あまりにも都合良すぎだよね。(笑)

  

このときもたまたまオフィシャルに近い成績が出ただけ。

  

最近はかなり端折った日記で手を抜いていますが

なんてのはダメ。

仕事で手抜きはなしですぞ。

   

    

昨夜のROKUはすごかった! 11月

今はチャートを表示させてからエントリーを行っています。

このチャートの右の値幅(赤く囲った部分)を見ても分かりますが

1目盛りが0.50$刻みと、1000株換算で500$の幅。

上げてもでかいが、下げてもでかいという事がよくわかると思います。


こういった情報をチャート判断に組み込めるのも

チャートを表示させてからエントリーすることにした、メリットの一つですね。

手仕舞いの時間は合ってるのに、なぜか利益が出てないんだよなぁ。

一撃で+3000ドル程の利益が出ていたのに、残念。

単純なQMALLでの手仕舞いだと、マイナス終了ですね。

検証日記はアップしませんが、裏ではキッチリ検証を行っています。

今日は番外編ということで。

  

8銘柄エントリーで1400ドル強の負け

オフィシャルは▼140ドル

  

こういった情報をチャート判断に組み込めるのも

チャートを表示させてからエントリーすることにした、メリットの一つですね。

 

回線の不具合でチャートが表示できない、あるいは表示が遅くなるという問題を解決しないとダメ。

何故放置しているのかがわからない。

 

チャートが表示してからエントリーする、なんてのは本末転倒。

そんなタコな回線契約は解約し、さっさと他の回線速度が速いプロバイダに変えればいいのだ。

   

検証日記はアップしませんが、裏ではキッチリ検証を行っています。

今日は番外編ということで。

 

だったらちゃんと検証を掲載するべきだろう。

キッチリ検証を行っていないから、こういう成績になっているのではないのか?

  

成績も12月一ヶ月で+2907ドル

1月は+6891ドル

   

QMALL・先週のパフォーマンスを見ればわかるが・・

オフィシャルの半分しか取れなくても一ヶ月1万5千ドルは稼げるはず。

   

一体どうしたのだろう?

  

せっかくトレーダーを目指すのなら、月収1万ドルは目指さないと・・

少年よ大志を抱け・・と言うではないか!

     

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

アドバイス、ありがとうございます!

回線の状況については、引っ越した時と同じ状態ですし

そんなに心配はしていない感じです。

銘柄選択は、さすがにあてずっぽうじゃないですよ~


簡単に書くと、カットロス銘柄の排除については

冒頭、24日のオフィシャルの検証の中で

AALの手仕舞いについて、はっちさんが仰っている事がそのまま当てはまります。


「既にダウントレンド・・」


いろいろ検証してみて、エントリー時に逆に動いているものは

とりあえず見送った方が良いと考えた次第です。

まずは10銘柄の中から、逆に動いていないものにエントリーといった感じですね。


そして見送った中には、単なるプルバックだったものもあると思います。

これは、トレンドを戻してきたタイミングで、QM33でエントリーしている感じです。

これがオフィシャルで利益が出ている銘柄に、ほぼエントリーできている理由ですね。


どちらも短いタイムフレームを見ていないとできませんが

今までやってきた事の応用や纏めなので

きちんとできたら、利益が出て当然の結果だと思っています。


成績が安定したらこういう日記を書く予定でしたが

日記が滞っている事で、ご心配をおかけしてすみません。


3ヶ月連続5000ドル以上も、そろそろ出来そうな手ごたえなので

次は月収1万ドルを目指して頑張ろうと思います!

コメントする

2018年1月

« 前月 翌月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2018年1月

月別アーカイブ