胆管がんの治療

コメント(1) (0)

BileDuctCancer.jpg

     

喉風邪とライフ治療器のスレッドへ、下記のようなご質問をいただきました。

    

初めてコメントします。義父が胆管がんになり手術を勧められています。

が84歳の高齢なのと長時間の手術なので何か他にやることがないかと考えていたところAWGを見つけました。

ただ、かなり高額ですので、ライフはどうかなと思っています。

やはりAWGの方が効果があるのでしょうか。

   

癌や難病では、AWGライフを併用されている方もいらっしゃいます。

どちらも特定の周波数で細胞を振動させ、がん細胞だけを破壊するというものです。

   

ただ、どちらが効くのかというのは誰にも分からないはずです。

 

というのは、振動を受けやすいとか、耐性が強いなどという、個人差が大きいためです。

10人の人がいれば、10通りがある、つまりすべて違うと考えた方がいいと思います。

   

AWGは携帯型のモノでも、170万円ほどしますから、治療院へ行って、一階2時間程度の治療を受ける方が多いでしょう。

この場合、2時間で6千円から1万円の費用がかかると思います。

    

ただ170万円を出してでも、ライフと併用して何とか健康になりたい、と考える方も少なからずいらっしゃるようです。

 

仮のハナシですが、家族が胆管がんになったとしたら、次のようにすると思います。

  

まず、食事はスーパー糖質制限です。

糖質はがん細胞の大好物、いわゆるエサなのです。

ですからご飯やパン・麺類、砂糖などを日常的に食べていると、がん細胞はどんどん大きくなります。

  

体温を測って、体温が低体温(36.5度以下)だと、三井温熱器で腹部をよく温めます。

三井温熱器でアチチと言うほどの温度で温め続けると、がん細胞は死滅してゆきます。

ご自分で出来なければ、家族の方に温めて貰うのがいいと思います。

値段はアマゾンで9万円弱。

  

カタダを温めるには、何と言ってもバイオマットです。

バイオ・マットを使った癌の臨床報告例

バイオ・マットを使った癌の臨床報告例2

 

テレビを見るときなどは、バイオマットミニを敷いて、常に体を温めます。

就寝時には、シングルバイオマットを敷いたベッドで休みます。

   

それとシングルバイオマットとバイオマットミニでサンドイッチ状態にして、最高温度で一日1時間加熱します。

滝のように汗が流れ出ますが、それが効くのです。

これは何回やっても構いません。

一日2度できればいいですね。

ただ枕・シングルバイオマット・バイオマットミニの3点セットで50万円ほどします。

   

次はカダイオンです。どういうものかはこちらをご覧ください。

値段は27万ほど。

  

 

費用をどう考えるか

 

食事をスーパー糖質制限に変えると食費は高く付きますがそれだけのことはあります。

機器を購入して使うより、コストは遥かに安いですしね。

   

三井温熱器で温める。コストは9万円弱。

ライフ治療器、コストは9万5千円弱。

 

これがミニマムでしょう。

  

次にタカダイオン27万円。

次にバイオマット50万円。

   

そして時々AWGの治療院でAWGを使う。

170万円出せるのなら買う。

   

どれが効くのかは、個人差がありますからわかりません。

ただ単体でライフやAWGだけを使うよりも、熱での治療を加えることで、効果は高くなります。

 

友人にこうした考え方を薦めていますが、すべて「癌」は治っています。

全財産をはたいても、全部揃えて徹底的に治すのがベストですが、まあそれぞれ事情がありますからね。

  

すべての機器を安く買う方法を知っていますので、メールをいただければ購入方法や購入先をご案内します。

   

   

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

先日質問したくりです。
早速胆管がんについて記事をUP下さりありがとうございます。
メールさせて頂きました。よろしくお願いします。

コメントする

2018年2月

« 前月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

2018年2月

月別アーカイブ