セミナー雑感

コメント(0) (0)

magicthedaytrade.jpg

  

トップの写真は今回受講された方のブログ 

このブログは、経済的自立とちょっと多めのお小遣いupを求めるデイトレーダー志望のオッサンの記録です。 

 

帰り間際に、iPad があるので帰りの新幹線で何か書こうかな・・ということだったので朝ちぇっくして見ると・・

  

4月1日 デイトレードセミナーを受講

本日受講したセミナー内容をもとに、明日より米国株デイトレードの練習を始めます。

使用するソフトは
チャート: CQG
スキャンシステム: ボトムスキャン
執行ソフト: デモトレーダー

練習する手法はQMALL(クイック・マジック・オール)

ルール/練習内容
1.マーケット開始後2分時点におけるボトムスキャンに表示された10銘柄をチャートに表示。
2.マーケット開始後3分の時点で、その10銘柄へエントリー
3.チャートは3分足で表示。他のタイムフレームは今は使用しない。
エントリー後3分毎に各銘柄をジャッジ(ロスカットかホールド)する。
4.ロスカット基準は?150ドル付近あるいはエントリー後、即反対足が出た場合に行う。
5.練習は最大30分間とする。
※今週は操作に慣れることを優先するため、損益は重要視しない。

以上

  

よくまとまっています。

終了間際のCQGの操作を含め、日足と3分足でのワンクリックシミュレーションを見ても、彼は呑み込みが早かった。

   

アパレルの物流関係の仕事で労働時間が長く、相応の報酬という見返りがあるにもかかわらず退職されたという。

新婚1ヶ月。

   

33歳というと、人生これからという、いわゆる「まっただ中」へ突入する時期でもある。

   

仕事に追いまくられ、残業ばかりの生活を続けていると、どういう結末を迎えるのか?

気力は奪われ続け、他のことを考える時間は無い。

 

という毎日を何十年も続け、定年を迎えるとどうなるか。

    

今の仕事は、果たして定年後の人生に何をもたらしてくれるのだろう。

経済的な真の自立ができないと、いつまでも誰かに依存して生きなければならない。

  

昔は人生50年といわれていたが、炭水化物や糖質を食べ続けていると、年々死亡リスクは高くなってゆく。

人生では、仕事以外にも、考えなければならないことは少なくない。

     

そのためには、そうしたことを考える時間を含め、精神的にも余裕が必要だ。

   

やらなければならないこと、あるいは今からやっておいた方がいいこととは何なのか?

またそれが分かったとしても、それを成し遂げるには、ある程度の時間が必要だ。

 

このようなことを、じっくり考え、また誰かと話し合う機会がないと、まさに仕事をするだけのロボット。

     

セミナーでは、こうした領域にも踏み込んでいる。

トレーディングは、こうした問題を解決するための有効なツールだ。

   

そのためには目標を定め計画的に、着々と事を進める必要がある。

まさにトレーディングそのものだ、といっていいだろう。

 

トレーディングのトレーニングは、多くのものをもたらしてくれる。

そして、今までの自分が持っているスキルがどういうものかがよく分かるはず。

  

Go for It !

  

  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2018年4月

« 前月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2018年4月

月別アーカイブ