2018年04月06日 のCoolに過ごそう

318i vs M235 vs D30

コメント(0) (0)

BMWcheck03.jpg

 

現在カミサンが乗っているM235だが・・

定期点検時期オーバーの警告灯が点灯して気になるという。

 

なので定期点検へ。

期末で3月は超繁忙期なので、3月は無理だというので4月の頭を予約・

  

BMWcheck02.jpg

お願いしたのは購入したBMW加古川

アルピナD3もここで整備をお願いしようと考えている。

 

というのは代車が豊富だから。

  

三宮や東灘のBMWは、代車の台数の割に整備の車が多く、代車を借りるのは至難の業。

加古川バイパスを通って30分以上かかるのだが、代車の魅力には勝てず。(笑)

   

BMWcheck01.jpg

整備は一日で終わるのだが、翌日が定休日だという。

2日(月)に預け4日(水)朝にはできあがるという。 

 

BMWcheck04.jpg

代車は素のBMW318i。

購入時にお世話になったM氏いわく、235ほどチカラはありませんが・・

そりゃあそうだよね。

   

BMWcheck06.jpg

走行距離は1万3千キロ弱。

ようやくアタリがつき始めた頃だ。

  

BMWcheck05.jpg

ホイールのデザインは値段相応。

だが見栄えを良くしたい人は、交換すればいい。

   

最も素の3シリーズってどの程度なのか?

と興味津々で加古川バイパスを一路神戸方面へ。

   

M2-01.jpg

在庫には黒のM2が並んでいた・・

M2-02.jpg

M2-03.jpg

これを見るとアルピナD3がいかに掘り出し物だったかがわかる。

D3はコミコミで650万だったが・・

このM2だと確実に650万オーバーになるはず。

    

BMWcheck07.jpg

基本的にM235もこれもD3も運転席周りは、ほぼ同じ景色。

D3はウッドなどで豪華にはなっている。

それと比べると、値段の差は隠せない。

    

結論から書くと、全体のバランスが良い仕上げといっていいだろう。

高速道路での、高速コーナーでの挙動が、値段なりの仕上がりだが、飛ばさない人には分からないレベルだ。

  

こうして乗り比べると、M235はボディーサイズが一回り小さいだけあって、実にスポーティー。

走っていて実に楽しい。

調子こいでるとガソリンは喰うけどね。

  

D3はオトナの味付けだが、実に奥が深いことがわかる。

同じ緊張感だと、しらず知らずのうちに、M235より一回り高い速度域に到達している、といった案配だ。

  

318は意外と言っては失礼だが、乗り心地がいい。

高速道路ではD3には及ばないが、値段を考えると十分納得できるレベルだ。

   

318iは1.5Lエンジンで、何と3気筒!

  

サウンドチューンしているだけあってアイドリングでも、3気筒だということはわからない。

ちょっと色気のない回り方のエンジンだな、と感じる程度だ。

   

エンジンは、すでにBMW2シリーズ(クーペ、アクティブツアラー)に採用され、同じグループブランドでは、MINIの3ドア、5ドアにも採用されているという。

   

最高出力は100kw(136ps)/4,400rpmで、最大トルクは220Nm(22.4kgm)。

D3のトルクが700キロニュートンというのがいかに凄いかがよくわかる。

 

ただ318も最大トルクが1250rpmから発生している。

そのため3気筒の1.5リッターというスペックから受ける印象とは裏腹に、意外によく走るという印象だ。

 

ただ、デフォルトのノーマルモードでゆっくり周りと同じ速度で巡航するには問題ないが、急ぎたいときはちょっとかったるい感じがする。

    

そういうときは、センターコンソールに備えられたドライビング・パフォーマンス・コントロールのスイッチで走行モードを切り替えると、俄然元気になる。

シャシー、ステアリング、エンジンレスポンスの設定が変わり、スポーティーな走行が可能になるからだ。

   

モードをSPORTに設定して、アクセルを踏めば軽々と4,400rpmを超えて気持ちよく回る。

マニュアルモードで走ればパドルがなくてもシフトセレクターを使えばマニュアルモードが使える。

   

左手を使ってシフトすると、MTに近い感覚だ。

高速道路でもリズミカルに走ることができた。

       

適切なギアを選んで高回転を保つという、いわゆる古典的な走りをすることで、気分は十分高揚するからね。

エンジンのBMWらしく、爽やさを感じさせてくれるいいエンジンだ。

    

318の中古車を探すと、2016年モデルの6千キロ走行で242万円。

BMW、半額の投げ売り中! 買うしかないっしょ!でも書かれているが・・

期末なので探せば安いタマがあるようだ。

    

    

関連記事

   

アルピナD3

アルピナD3インプレッション

AUTOCARが5つ星

モディファイ

コードファンタム

オートサンバイザー

HIDバルブ

D3と燃費

4枚ドア納車

 

M235i・試乗記その2

QuickMagicAll - 05(木)

コメント(0) (0)

QMALL Watch

757fc1865ae1d03ff28dc78cedcdeb4e6a72dd08.jpg

米国ナスダックマーケット QMALL 昨夜の成績は?

    

ボトムスキャン ・ マーケット開始2分後の表示

0405bs2.gif

ボトムスキャン無料ユーザー登録 で 1週間無料トライアル

基本メソッド カットロス幅の基準は▼150ドル前後

  

 

ロングサイド

 

 

stld.gif

STLD 1000株 +280ドル

プルバックは70ドル

フィボナッチの50%ラインまで上がるのにこれだけかかっている。

ということは、頑張っても取れないわけです。

なので最後の陽線が呑み込まれたら手仕舞い。

   

   

ctrp.gif

CTRP 1000株 ▼200ドル

3分足でのプルバックは280ドル

下は30秒チャート

ctrp30.gif

  

  

lulu.gif

LULU 500株 ▼160ドル

3分足でのプルバックは180ドル

下は30秒チャート

lulu30.gif

 

 

mdlz.gif

MDLZ 1000株 ▼120ドル

 

 

ea.gif

EA 300株 ▼180ドル

 

 

ショートサイド

 

 

lrcx.gif

LRCX 200株 ▼160ドル

3分足でのプルバックは510ドル

下は30秒チャート

lrcx30.gif

 

 

wba.gif

WBA 500株 ▼100ドル

 

 

cme.gif

CME 300株 ▼20ドル

 

 

fb.gif

FB 300株 +730ドル

7本フォーメーション

最も長い足が出たら次で手仕舞い

フィボナッチの50%が抵抗線になっている。

   

   

tmus.gif

TMUS 500株 ▼100ドル

3分足でのプルバックは110ドル

下は30秒チャート

tmus30.gif

   

      

QMALLは10銘柄へエントリー

ロングサイド ▼380ドル

ショートサイド +350ドル  

合計 ▼30ドル

 

3分足だけで手仕舞うとカットロスが460ドル増える

つまりでトータルでは ▼490ドル   

ボトムスキャンのゲインの 約66% のパフォーマンス。    

   

ボトムスキャンのパフォーマンスは +1300ドル。

  

 

両サイドとも1勝ずつ  

という厳しい地合いだった・・

  

カットロスがそれなりにあったのでトータルでは惜敗。

伸びる銘柄がもう一銘柄あればという展開。

   

明日があるさ!

  

  

2018年4月

« 前月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2018年4月

月別アーカイブ