今何をすべきか?

コメント(1) (0)

stx.gif

 

5月2日 第22回QMALLシミュレーション結果

よく書けています。

手仕舞いが時系列順に掲載されているので、わかりやすいですね。

 

一つアドバイスを!

  

STXは1500ドル以上獲れるパターンです。

   

3本目陰線のあとでの手仕舞いしていますが、その理由はというと・・

「ショートサイドのホールド銘柄が伸びてたので、ロングサイドは利益確定でいいかという判断で脱出。」

 

とありますが、ストップをどこにつけていたのかです。

これが分かるようにしておかないと、せっかくのブログも効果が半減します。

  

stx.gif

STX 1000株 +1630ドル

プルバックは40ドル

レンジアベレージで呑み込まれるというわかりやすいサイン

    

プルバックはたった40ドルつまり150ドル以下です。

ルールではホールドすべきパターンなのです。

   

ルールを破ったために1500ドル以上を取り逃がしています。

実に勿体ない。 

      

ブログは自分のスキル向上のために書くわけです。

ですから、取ったアクション、その理由、そしてその結果と、それが正しかったのか?

自分自身が、これらが理解できるような工夫が必要です。

   

良かった点、ダメだった点、そこで何を感じて、どう考えたのか?

毎日のトレード記録を精査し、自分のトレードのどこに問題があって、それをどう改善すればいいのか。

これが見えていないと、スキルは向上せず、また同じ事を繰り返すことになります。

    

トレーディング以外の仕事では、こうしたスキル向上のための考え方や、具体的な方法に取り組む機会というのは皆無のはずです。

ですから最初は出来なくて当然です。

  

ただトレーディングという仕事では、こうした自分自身の工夫によって、スキルを向上させなければ、利益が向上することはないという厳しい世界です。

   

この日の彼の損益のリストはオールグリーンで、利益が900ドル以上あるのはミスが少なかったからです。

ですが、大きなミスさえしなければ3千ドル以上の利益が出せていた地合いだったのです。

     

チャートソフトが、「いわゆるチャートソフトのポルシェ」ともいえるCQGから、FreeStockChartにされたこともある程度、影響しているのかも知れません。

  

使用感は微妙。
Currency Valueの機能がホントに欲しい。
水平線を引くのもワンタッチ多くなるし、価格も表示されないから勝手が悪い。
CQGの使いやすさが身に染みました。
FSCは今週だけだからいいとして、TWSも思った以上に使いづらければCQGで契約になるのかな。
できればその使用料金を貯蓄に回したいところだが・・・(-ω-;)ウーン

   

一生の経済的な基盤を支える技術を身につけるためには、中途半端なことをしない。

こういう考え方も、大事なポイントではないでしょうか。

  

今やるべき事は「ベストの環境で最善を尽くす」

毎日これを繰り返すことで、現実は変えることができるのです。

  

このことを忘れないようにしたいものです。

 

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

はっち先生
おつかれさまです。

「ベストの環境」了解です(^_^ゞ
帰ったらCQGを契約してみます。

Stxの件はそんなに伸びたのか!
と普通に驚きました。

1度プラスになってから、エントリーラインを割っても▼150までを目安にホールドする。
言葉では簡単ですが、心理的に難しい部分だと感じていますね。

自分の判断に自信がないからですね。
本当に大丈夫なのか!?ってなりますから。
でも、シミュレーションですし。
実行してみないと、何も分かりませんからとにかく試してみます。

以上、失礼致します。

コメントする

2018年5月

« 前月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2018年5月

月別アーカイブ