Googleトレンドは嘘をつかない

コメント(0) (0)

googletrend.jpg

 

東京電力原発事故、その恐るべき健康被害の全貌

Googleトレンドは嘘をつかない― ①理論編

 

東京の放射能汚染は「放射線管理区域」相当の汚染状況だ。

広島・長崎やチェルノブイリなどの過去の例からも、倦怠感・心不全・膀胱炎・ホルモン異常・免疫低下など、全身の多様な慢性疾患が発症する。

「科学的に放射能は安全である」という議論の元となっているICRPは、論理によってデータを排除し、残ったデータで理論を強化する「神話」の「循環構造」を構成している。

東京電力原発事故の主たる放射性降下物は、セシウムを含む不溶性合金の放射性物質微粒子(ホットパーティクル)であることが実証されている。

人工放射性物質と自然放射性物質の唯一の違いは、ホットパーティクルを構成しうるか否かであること。

ホットパーティクルとよばれる人工放射性物質の微粒子のリスクは、ICRPの体系によって過小評価されている。

最新の生物学の知見では、ホットパーティクル(放射性物質微粒子)の危険性が明らかになっている。

 

5年間の人口減少は、すでに 100万余!!

国内に住む日本人の人口は 1億2428万3901人で、5年前より107万4953人(0.9%)減っている。

日本は人口が集中しているため、被害・犠牲者数はチェルノブイリを大きく上回る

 

死者が年々増えている

こうして見ると「原発事故で死んだ人はごく少ない」などというのは大嘘。

放射能の影響で、抵抗力が落ち、病気になり亡くなってゆく。

人口が減ってゆくのは、当たり前のハナシだ。

 

これからのこと

騒げない心理で書きましたが、そこで暮らし、仕事をし、さらに不動産でも持っていれば、放射能汚染など認めたくなくなるという心理が働きます。      

わざわざ好んで、損をするようなことに繋がる考え方など誰もしたくはないのです。

「食べて応援」は、そうした心理が働く結果だともいえるわけです。

   

放射能は大気汚染などとは違い、目に見えず、臭いもしないため、無視しようとすれば簡単なことなのです。

そうすれば、様々な心配はなくなるというわけで、まさに一石二鳥。  

      

ですが一方で、必死の思いで不動産ローンを返し終わったら、そこは放射能汚染地帯で人が暮らせなくなっていた。

と書くとまるでSF映画ですが、もしそうなれば、一体何のための人生だったのか?

と、考えなければならなくなります。

    

そしてそのシナリオは、とどまることなく、続いてゆくことになります。

       

このように事態が悪くなってゆく想像力を、誰が好んで働かせようとするでしょうか。

ですが、このようなSF映画のような筋書きは、実はもうすでに架空の物語ではなくなってきているのです。

        

もしこのまま毎日2億4千万ベクレルの放射能が、環境にまき散らされてゆけば、どうなってゆくのか?

国が今のような状態で、漏れ続けている放射能を止めようとしなければ、この状態は永久に続くわけです。  

   

そして、その結果がどうなるのか?

ここから先は、想像力の世界となるのです。

   

 

日本は、もうダメです Part 3

川内原発・玄海原発トラブル&カメ・サメ・クジラ奇形&チェルノブイリ/フクシマ

  

  

関連記事

   

あれから7年

グーグル・トレンド

急病人の増加

昏睡・卒倒が増えている

気をつけたい症状

ラーメンに注意

  

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2018年5月

« 前月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2018年5月

月別アーカイブ