ご質問

コメント(1) (0)

0521WB-2.gif

 

質問したいことがありますのでお時間あるときにでもお答え頂けると幸いです。

  

質問.1

僕も30分チャートを使用しても構わないという認識であっていますか?

30分チャートに関する先生の記事も読んでいましたが、他のトレーダー(かんきちさん等)へのアドバイスと思ってました。この前、訓練は3分足だけとも念を押されましたので使用していません。

Qbandはスタディの追加で出来るので、3分足チャートに表示させてます。

 

30分足チャートは使っても構いません。

手仕舞いの判断は、30秒や1分チャートを使うのではなく、3分足だけを使って、まずその成績がどれくらいかを見るということです。

 

それに最初のウチは切る銘柄を見たりするのに忙しくて、30分チャートは見る余裕は無いでしょう。

30分チャートを使うのは、エントリーをしたトレンド方向へ動き、利益が出ている場合なので、多くても3銘柄くらいのはずだからです。

それくらいの時間帯なら、じっくり見る時間はあるはずです。

   

   

質問.2

今回解説された三点のギャップリバーサルの銘柄で、トレンドに沿っていくなかで20MAを逆足方向へ抜けたタイミングがありますが、もし更にもう一本逆足方向へ伸びていたら脱出したでしょうか? 

それでもホールドしていたでしょうか?

 

Ex.

22日 WB ショート 9本目の陽線で20MAを越えて10本目が陰線でそこからまた下降しましたが、もしこの10本目が陽線だったらということです。

 

ギャップリバーサル時1本なら許容する。

だけどそのまま反転が続くなら許容しない、ということなのかが知りたいです。

 

0521WB-2.gif

22日ではなく、21日ですよね?  

長い陽線が出た状態で利益は400ドルほどあります。

    

まずあなたならどこにストップを付け、どうするかを書いて質問した方がいいと思います。

そして何故そうなのかの理由も書いた方がいいでしょうね。

ブログで記事として書かれてはどうでしょう?    

 

というのは、こういう質問をされること自体、意味を理解されていないと思うからです。

ですから、ここで私ならこうすると書いたとしても、他のケースの他の銘柄で違うパターンが来たときに、応用できないでしょう。

   

ギャップリバーサルを見逃すなを何故私が書いたのか?

このことを考えながら、もう一度よく読んで理解してください。

   

それでも分からなければ、またメールをください。

  

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

はっち先生。
お世話になっております。

お返事有難うございます。

ブログでの記事up 了解しました。

作成次第ご報告致します。

コメントする

2018年5月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2018年5月

月別アーカイブ