応用問題

コメント(0) (0)

0521WB30.gif

 

wb3min.gif

質問.2

今回解説された三点のギャップリバーサルの銘柄で、トレンドに沿っていくなかで20MAを逆足方向へ抜けたタイミングがありますが、もし更にもう一本逆足方向へ伸びていたら脱出したでしょうか? 

それでもホールドしていたでしょうか?

 

Ex.

22日 WB ショート 9本目の陽線で20MAを越えて10本目が陰線でそこからまた下降しましたが、もしこの10本目が陽線だったらということです。

  

ギャップリバーサル時1本なら許容する。

だけどそのまま反転が続くなら許容しない、ということなのかが知りたいです。

  

  

まずあなたならどこにストップを付け、どうするかを書いて質問した方がいいと思います。

そして何故そうなのかの理由も書いた方がいいでしょうね。

 

ブログで記事として書かれてはどうでしょう?    

 

というのは、こういう質問をされること自体、意味を理解されていないと思うからです。

ですから、ここで私ならこうすると書いたとしても、他のケースの他の銘柄で違うパターンが来たときに、応用できないでしょう。

 

 

ご質問での21日のWBについて、ブログで検証を書かれてました。

0521WB-2.gif

21日 WBの検証

ストップは大きく取っても-236ガイドラインじゃないかと思うので、そこを切るまではホールド。
パニック売りが始まるだろう101.61ドルを超えるのを待つ。
-236ガイドラインまで戻ったとしても+250~300程のプラスは見込める。
この銘柄単体で考えれば、どっちに転んでもプラス。
なのでより多くの利益を獲れる可能性のあるホールドを選択するほうが無難。
という感じでしょうか。

全然違ったら、しばらくは殻にこもって黙っておきます。
黙々と一人でワンクリックシミュレーションでもして励みます(;>ω<)

 

0521WB30.gif

30分チャートを見ると典型的なギャップリバーサル

確実に下がる可能性の高いパターンです。

さらに101.12ドルを切るとパニック売りが始まるであろう・・

と予測できます。

wb3-2.gif

0521WB-2.gif

ストップはエントリーの位置。

101.12の手前で跳ね返されただけ。

このあとで逃げても400ドルも獲れないのです。

  

なので、101.12ドルがダブルボトムになるのか?

それともブレイクダウンを起こすのかを待つ。

 

ダブルボトムで跳ね返されてしまい、ダメになってもマイナスにはならないのですから。

跳ね返される確率は低いですけどね

      

ギャップリバーサルを見逃すなの応用問題です。

   

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2018年5月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2018年5月

月別アーカイブ