セルフケア製品

コメント(0) (0)

selfcare.jpg

  

上の写真は父の入所している施設でのビジュアルショット。

下記の内容とは関係ありません。

 

ダイアモンドライフ神戸はセレクトショップ。

いわば他人の「ふんどし」で相撲を取るわけです。(笑)

 

ですから、様々な優れた製品をどう組み合わせて、どう使えばいいのか?

ここが問われるわけです。

 

実験してみると、幅広いさまざまな分野に応用できことが、実感いただけるはずです。

   

私なりの筋トレで実感できるのは、スポーツ選手にも抜群の効果が期待できるという点です。

うまく使えば、スポーツ選手の成績や記録は大幅に向上するはずです。

 

ですので近々、実験に参加していただけるサポーターの方を募集する予定です。

   

このシステムは「サポート」として提供するノウハウでさらに効果が上がるように作られています。

ですから企業向け製品は、コンサルティングも含めての提供となります。  

  

このシステムが社会貢献に大きく寄与できるのは、社会のトータル医療コストを下げることができるからです。

 

セルフケア製品ですから、自分でやれば人手や時間を節約することができます。

個人であっても、健康を維持し増進させるためのメンテナンスコストを、大きく下げることができるのです。

   

そして組織は個人の集合体なのです。

    

 

自分のことは自分でカバーする   

    

大人の社会において、自分のことは自分で出来る。

というのは社会人としての基本条件となります。

   

ウチの息子は自閉症で、30歳を過ぎても、ここがまだできないのです。

毎日のことですから、親は大変です。

   

若いときは「できて当たり前」でも、年齢と共に、段々自分だけではできなくなってゆきます。

歩くときの挙動がおかしいのは、歩くことが「できなくなってきている」というサインなのです。

 

こうした点を見つけ、家族が協力すれば、低コストなセフルケアで健康に過ごすことができます。

それだけではなく、病気をも治すこともできる時代に我々は生きているのです。

       

こうしたケースで大きな効果が期待できるのは、タカダイオンによる脳へのインパクトです。

これは、タカダイオンならではのものです。

 

加圧なしを1とすると・・

加圧アーシングだと2。

加圧タカダイオンだと4。

   

アバウトに言えば、こういう感じでしょうか。    

 

背筋に沿わせてセットするための、短冊状の銀の布が間もなく完成します。

これでやっと基本セットの構成要素がすべて揃うことになります。

 

 

販売予定の新製品

 

銀の布は3種類販売する予定です。

massageball01.jpg

30センチ四方のものは10センチの木製ボールを包むためです。

通称:銀のハンカチ 予価4800円

同梱の小さなヘアリングを使って巻いた布を止めるとこのようになります。

伸縮性のあるヘアバンド

 

この状態のボールをアーシングまたはタカダイオンに繋ぎます。

うつぶせになります。

左右の腎臓と肝臓に5分間ずつ圧をかけます。

クイックチャージする方法 

  

もの凄く効くよ。

 

もっと効果を高めたい方は、短冊布を背筋に沿わせ、残った部分は首に巻きます。

タカダイオンへ繋ぎ、スイッチオン!

 

タカダイオンは1CCあたり1869憶個という桁違いな量のマイナスイオンを送り込むことができます。

布を通じて接触している部位周辺へダイレクトに送り込むのです。

絶縁状態の体にー300Vのマイナス端子を接触させ、直接電子を流し込むとどうなるか?

  

推して知るべし。(笑)

   

   

プロの運転手にお勧め

 

ドライブの際、腹部へこういうベルトを巻きます。

肝臓と腎臓の上へ木製ボールを押し込み、圧がかかるようにします。

タカダイオンに接続すると、運転中全く疲れなくなります。

 

同時にマッサージクッションを背中に当てると、セルフ治療が可能になります。

プロトタイプのテストの際、東京から神戸へ向かい、4時間後に電源オン > どうなったか?

マッサージボールで2時間ほど腰の周りをセルフケア。

 

自宅に戻ったら、あまりに元気なのを見て、カミサン驚いていました。

 

 

0527-11.jpg

幅20センチ長さ150センチの銀の布をループ状(リング状)にしたもの。

通称:銀マフラー。 予価9800円

同梱品:タカダイオン接続用の3メートル抵抗なし接続コード2本

 

銀の光沢と輝きは、オフィスユースでも使える高級感のある素材です。

銀は抗菌作用があるため、皮膚に接触させるためには最高の素材です。

金は高いからね。(笑)

 

オフィスのデスクの下へ、できるだけ見えないようタカダイオンを持ち込みます。

銀マフラーを首に巻いて、腰にはマッサージボールを入れておけばいろいろできます。

 

何よりも肩が今以上凝らなくなります。

そして首を回すだけで、ほぐすことができるようになります。

 

タカダイオンは1CCあたり1869憶個という桁違いな量のマイナスイオンを送り込みます。

布を通じて接触している部位周辺へ送り込むのです。

絶縁状態の体にー300Vのマイナス端子を接触させ、直接電子を流し込むとどうなるか?

  

0604rokko14.jpg

幅20センチ長さ150センチの銀の布。

通称:銀短冊。

予価9800円

同梱:アーシングコンセントのアダプター1戸。

感電しない100KΩの抵抗の入ったケーブル1本。

同梱品があるのでアーシングを使った効果が得られます。

 

これらの布は、銀を繊維に吹き付けたものなので、洗っていると落ちてきます。

体の脂などが付着するので、洗濯は必須です。

 

洗剤や柔軟剤は使わず水洗いだけです。

それでも、どうしても生地は傷んでゆきます。

 

ですが、これ以上は・・となったら、買い換えてください。

これは消耗品なのです。

  

   

この短冊の銀布はDRTに非常に高い効果を発揮します。

しかも被施術者と施術者の両者に、非常に好ましい効果を与えてくれるのです。

  

0604rokko15.jpg

97歳の父

背中の皮膚へ直接接触するように下から上へ布を背中に沿って這わせます。

下から折り返したところを外に出し、施術者が触れて施術するわけです。

施術者も、タカダイオンを手から大量に吸収しながら施術するため、疲れが全然違ってきます。

 

  

タカダイオンパワーアップキット(通称:こりゃコラン)はこの布3種類がセットになっています。

銀のハンカチ・銀のマフラー・銀の短冊

セルフケア用マッサージツール3種類も同梱

woodball10.jpg

rumbleroller01.jpg

woodball02.jpg 

この3つを使えば、手が届く範囲なら体のほとんどの凝りは取れます。

 

earthingcable01.jpg

抵抗なしのタカダイオン接続コード

earthingcable03.jpg

このサイズと形状はタカダイオン付属のコードより優れている。

 

earthingcable02.jpg

ワニ口グリップは下のように外すと、タカダイオンの差し込みピンとなります。

スプリッターを使えば、同梱の3メートルコード2本を繋いで6メートルの長さにすることができます。

5メートルの長さのコードも別売りで取り扱う予定です。

 

earthingcable04.jpg

タカダイオン接続用の3メートル抵抗なし接続コードが2本同梱。

 

さらに同梱品として・・

アーシングコンセントのアダプター。

感電しない100KΩの抵抗の入ったケーブル1本。

 

これがあれば高いタカダイオンを買わなくても、アーシングだけでセルフケアが可能になります。

高いタカダイオンを買えば、効果は倍増しますけどね。

ま、タカダイオンは高いのだから当たり前です。

  

6月末にまでに タカダイオンパワーキット付きタカダイオン正規新品を7台販売の予定です。

値段は1台27万円です。

 

パーツの個別販売も少し遅れて開始できる予定

 

  

DRTの美点

 

DRTは夫婦・恋人同士・兄弟姉妹・同居人同士、他人同士であっても、お互いを癒やすことができます。

凝る速度を上回る頻度でDRTを行い、体を緩めておけば、凝る度合いは大幅に減少します。

 

人間関係の絆は、DRTというゴディーコンタクトを通じて、大きくなります。

ぜひ、広めてください。

 

これは社会貢献という視点からも、DRTの大きな美点だと言っていいでしょう。

   

タカダイオンは、使い方によって面白い効果が生まれるのです。

      

さらにこの方法による脳へのドーピング(悪い意味ではなく)は、全く副作用が無いというのが素晴らしい点です。

やり過ぎて死ぬことはありません。

  

なかな眠れないために漫然と時を過ごすという程度の副作用が最悪のケースでしょう。(笑)

そういうときは、カラダを休ませる。

これもノウハウのひとつです。

     

電子的に作用することで細胞レベルによい影響しか与えないのが、マイナスイオンの凄い点です。

      

ただし中途半端な量を使うのではなく、夥しい多量のマイナス電荷を脳細胞に浴びせ続け、しかも圧を掛けることで効果が倍増するのです。

         

   

プレッシャーを掛けると予想外の効果が・・

  

今まで、タカダイオンの使い方で、圧力、つまりプレッシャーを、体に掛けながら使う。

という「相乗効果」に言及したものは皆無でした。

 

ですが我々は言及するだけでなく、それを実際に使って効果を出すことに成功したのです。

      

そしてその技術は、ダイアモンドライフ神戸を通じてだれでも、体験し知ることができます。

簡単に使えるうえ、その輪をあなたのまわりに、大きく花咲かせることもできるのです。

         

使っている製品のシステムは特許製品です。

ですが、お金はなくても、そのパーツを手に入れれば、その効果をタダで味わうことができるのです。

 

ですが多くの人は時間がありませんと、おっしゃいます。

 

そういうパーツを揃える時間が無い

何を買えばいいのかがわからない

 

タカダイオンの接続ピンの太さのものって、今あるアーシンググッズには付属していないのですよ。

探し回れば見つけることはできますけどね。

 

そこで使えるようにしたと言うことです。

ヤフーショップは6月中には開店の予定で動いています。

そのあとはアマゾン。

   

   

現在実地テスト中 

    

  

脳に大量のマイナスイオンを浴びせると、強いエネルギーを扱うことができるようになります。

そのエネルギーを自分の意志と組み合わせる。

     

すると何をすればいいのか?

これが分かってきます。

   

なので今これを書いているのですですけどね。(笑)

        

幸福になるための道筋は、まずは何よりも健康で元気なカラダです。

健康の維持と増進、転ばぬ先の杖こそが、幸せを招き、充実した毎日を過ごせるのではないでしょうか。

       

ですが転んでダメージを受けた人にも、この加圧負電子付加療法は実によく効くのです。    

っていうと、「妄想だろう」って思われるかもしれませんけどね。(笑)

   

売れるかどうかを心配するスタッフもいるのですが、やってみないと分からないからね。

それよりも、こういうものを世に出せることになった、というのが嬉しい。

    

多くの方が無料で恩恵を受けることができるのですからね。

    

     

それと言い忘れましたが、ダイアモンドライフ神戸のサイトの中にコミュニティーを開設します。

サポーターを希望される方は、その中でのやりとりを通じて、私とディスカッションしながら参加出来るようにと考えています。

いつになるかって?

 

まあ来週にはというところでしょうか。

 

田村さん見てる?(笑)

  

 

 

   

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2018年6月

« 前月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018年6月

月別アーカイブ