クマチャン施術の感想

コメント(0) (0)

0413kumaiearthing01.jpg

 

熊井先生の施術を受けられた方から、感想をいただきました。

  

こんばんは。

以前クマチャン先生を紹介していたたいた、**と申します。

遅くなりましたが、施術後の感想を書かせていただきます。

  

今まで肩が凝っていても自覚症状は無い方なのですが、独立後パソコンに向かう機会が多くなった事で首と肩が痛くなりだし、馬渕先生からご紹介いただいたクマチャン先生のところへ。

さっそく肩、首を中心にほぐしてもらうのですが、すごく痛い。


いや、これが痛すぎて思わず声に出てしまったところで、ふとクマチャン先生を見ると、笑っているではありませんか。

  
先生曰く、かなり凝り固まっている状態とのことでした。

しかし、同じところを丁寧にほぐしてもらううちに・・

   

ん? 痛くない。

    
さっきまで痛かったところが全然痛くなくなっているのです。

2時間が終わったところで思わず1時間延長してしまいました。

   

クマチャン先生のすごいところは、いくらもみほぐしてももみ返しが一切ないことです。

いやープロの技には驚かされました。

   

私は他にも整体に通っているのですが骨の強制と、筋肉のほぐし、自分にはこれが合っているようです。

距離が離れているため、月に1回程度の頻度ですが体が軽いと仕事にも集中できるので、メンテナンスは大事だなと気づかされました。

   

馬渕先生は今でも精力的に他の事業をなさるほどお元気で普段の自分へのメンテナンスの賜物だと思っています。

私も馬渕先生に負けじと頑張りたいと思います。

  

ありがとうございました。

   

クマチャンは気持ちよくなってもらい、また来て貰おう、というのが全くないので、結構痛いです。

ですが、これには理由があります。

 

最大の緊張の後に、最大の弛緩が訪れる。

という理由で、これ以上はダメ!という痛さで寸止めするというテクを駆使するためです。

 

私は、特に揉み返しがない体質?!のようなので、全く問題が無いのですけどね。

定期的なメンテナスはそれなりのコストがかかります。

  

ですが、放置しておくとそのツケは必ず回ってきます。

とはいえ、メンテをやるかどうかはその人の考え方と、経済力の問題によりますからね。

   

先生ところへは、重症の常連の方が、関東や九州からも通ってこられています。 

生まれつき関節の隙間が狭い人は、凝りやすく、凝りが取れにくいそうです。

  

そういう方の施術は一回6時間!

先生は「弁当持ち」と呼ばれています。

 

途中で休憩し、お昼を食べてから、後半戦というわけです。

    

先生は確か70歳代後半なので、先生がいなくなったらどうしよう・・

というのが、唯一の懸念でした。

 

ですがようやく、クマチャンの施術効果の80%位は、自分でセルフケアが、できるようになりました。

まさに人生のパワーアップツールです。

 

そういえば、クマチャンところへは、一ヶ月以上ご無沙汰しています。

ですが、凝り感は全くなし。

快調そのものです。

 

具体的な方法は、おいおい書いてゆきます。

  

乞うご期待! 

  

  

関連記事

 

クマチャンケア

今日の切れ端

連休明け雑感

今日の切れ端・週末雑感

週末雑感

しばらくぶりのケア

週明雑感

土曜雑感

何故か爆睡

 

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2018年7月

« 前月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2018年7月

月別アーカイブ