備えあれば憂いなし

コメント(1) (0)

hurricanereduction].gif

    

猛暑も中共HAARPによる人工猛暑

 

HAARPはチベット高気圧が関わっている事から、この人工猛暑が世界一の予算を注ぎ込んだ中国共産党が新疆ウイグル地区に設置してあるHAARPによるものであると判明。

気圧配置を見ると、水不足を回避するため、北京付近には低気圧が配置され、適度な雨が降っている。

 

チベット高気圧と太平洋高気圧が2階建てに重なっている。

北東は大阪から始まり広島等の中国地方、四国地方、そして南は沖縄まで。

 

広島や沖縄には(スターリニスト)サヨクが多いため、酷い目に会わせると、決まってその賠償責任や総責任追及の矛先を日本政府に向けることとなる。

中国共産党にとって、中国共産党に対し対決姿勢を持つ安倍政権に対して日本国内で非難を浴びせ、打倒しようとする作戦の一環なのだ。

 

 

西日本の豪雨災害はどのように起こされたのか?

Kazumoto Iguchi's blog 2

   

1990年代に入り、世界中で「ケムトレイル」散布が起こり始めた。今日も我が国では米海軍機が上層の成層圏(一般飛行機の航空機のはるか上空)に大量のエアゾールを撒いている。

この場合のエアゾールは、電磁波の反射材として、米海軍特殊部隊潜水艦の3Dリアルタイム映像解析のための送受信機のための補助反射材として世界中で撒かれているわけだ。

1990年代をすぎると、特に2001年NY無差別テロが起こると、そのあたりから、人工地震が非常に増えたわけだ。

今度は、地下核爆弾とHAARPの電磁波照射とリンクさせて、海底の震源地を起爆して津波地震を起こすことが可能になる時代に入ったと考えられる。

その一番最初が、スマトラ沖地震である。そして、ハイチ地震。そして、2011年の東日本大震災(我が国の名前)が起こる。

これらの地震の予兆、その起こり方、実際の地震波の波形、津波の色合いや形状、被災の状況、。。。
こういったものは非常に良く似ているのである。

この場合は、震源域(=巨大地震の起こり得る場所として有名な場所)をピックアップし、用意周到な爆破地震のシミュレーションを行い、爆弾の置き場所を特定し、まるで日本の花火の打ち上げのように、数個の核爆弾を設置し、それらをシンクロさせて津波を誘導する。

こういう手法が取られてきた。

 

我が国にとっての悲劇は、2011年当時の民主党政権、鳩山由紀夫、小沢一郎の親中親韓政治家から始まり、民主と権力争いのもとで済州島出身の在日韓国人の菅直人首相と枝野幸男の時代に、密かに北朝鮮経由でイランに福島第一原子力発電所の4号機のプルトニウムを闇で売ったことである。

悪いことに、そういう外道の挙動不信をモニターする目的で世界中の原子力発電所にメンテ会社として入り込んだイスラエル企業のBPマグナ社の観察モニターで発見されたことである。

これがシオニストの権化、通称悪魔の化身の妬むやつことネタニヤフ首相が知ったことである。

激怒したシオニストが、福島第一原発のすでに設置されていた小型シリンダー型核爆弾を爆破したことである。

これが福島の悲劇、日本の悲劇を生んだ。

 

3~4日に日本に接近した台風7号に伴い、大量の水蒸気が西日本にもたらされていたことが気象庁の観測で分かった。4~8日に多くの地点で、地表から大気上端までに含まれる水蒸気の総量が1平方メートルあたり70キロ・グラムを超える状態が続いたという。雨の多い鹿児島県の7月の平均値(約45キロ・グラム)の1・5倍以上で、気象庁は「見たことのない大きな値」(梶原靖司予報課長)と指摘。これが一連の豪雨の要因になった可能性が高いと分析している。

a0348309_20361638.jpg


 梶原課長によると、沖縄の南海上で発生した台風7号は、周辺の積乱雲を集めきれずに北上した。このため、残った積乱雲の群れが後からゆっくり北上。日本上空に停滞していた梅雨前線へ、大量の水蒸気を供給した可能性がある。「通常は台風が去ると大雨のポテンシャル(可能性)は下がるが、今回は高い状態が続いた」(梶原課長)という。



そりゃ〜〜見たことないでしょう。HAARP気象兵器で海洋を熱しているわけだから。これは戦争なのであって、自然災害ではないのだ。まあ、気象庁の科学者のように無知だと実に騙しやすいだろう。

同様に、宇宙人の存在を無視した火星探査とか、月探査とか、こういう考え方も無知すぎる。地球は後発惑星系にすぎず、すでに太陽系どころか銀河系にまるでスターウォーズのように「銀河法」とか「宇宙法」のようなルールができているのである。ある惑星から他の惑星に核ミサイル発射とか、攻撃とか、破壊行為を行うことはすべて禁止されているのである。こういうルールを無視している場合、宇宙人が関与してくるのである。

 

 

西日本豪雨は人為的に起こされたのか?

タマちゃんの暇つぶし

現在、中共全土は、揚子江、黄河の水源自体が枯渇して、歴史的な渇死の危機に瀕している。 

驚くべき事に、北京周辺に2つも低気圧が存在する。そしてめったに雨の降らない北京は最近頻繁に適度の雨が降っている。世界最大の予算を注ぎ込んだHAARP(当初、気象操作兵器として研究された)を、その雨を適度に降らせる2つの低気圧を北京の東西に設置する為に使って居る事は確実である。

豪雨を降らせちる1012ヘクトパスカルの低気圧は、元は北京の東西に設置して有った998ヘクトパスカルの低気圧ともう一つの低気圧に引かれて遣って来て梅雨前線を超えたが、東に設置して有る高気圧2つに阻ませて日本列島上に居座る様にさせた。此処までの低気圧、高気圧の設置と動き自体が不自然である事は御理解頂けるであろう。

此処までの低気圧、高気圧の設置と動き自体が不自然である以上に、日本に被害を及ぼす上で余りに出来過ぎている事がお分かり頂ける事と思う。

つまり2018年7月7日の低気圧・高気圧の気圧配置は中共のHAARPが関与した人為的低気圧・高気圧の動きと配置である事が明らかと成った。

 

 

人口削減のあたらしいフェーズ61

西日本豪雨は、台風と梅雨前線を組み合わせたHAARP気象コントロールであった

 

エイリアンの下請けをやっているようにみえるイルミナティのケムトレイルが、パンデミックをひきおこすようなひどい菌ではないが、ひそかにふつうの風邪にまぎれる免疫低下の菌や心筋梗塞をひきおこす菌を撒いてきた、といままで書いてきたが、ノアの大洪水ならぬ、はるかに小規模な洪水、豪雨もイルミナティが、HAARPをつかっておこなっていると考えている。このことを示そう。

さいわいなことに、日本語版の動画ではないようだが、日本語字幕をつけた動画が存在する。要点をとらえたきわめて秀逸な動画であるので紹介したい。わたしが紹介すると、速攻で消される可能性が高いので、ダウンロードしておくのがいい。

アメリカのTV番組が報道した気象改変施設の存在
https://www.youtube.com/watch?v=d_WoJJbGWvs

HAARPでジェットストリームの進路を変えることは、アメリカ特許になっている。ジェットストリームの進路を変えることは、台風の進路を変えることになる。マイコプラズマも特許になっている。まえ、原爆の特許について言っていた人がいたが、持っていたのは、シラード博士だ。

人口削減のためのイルミナティのテロ・・・HAARPの気象コントロール、GMO、ワクチン、水道水の毒のフッ素が添加予定、塩素添加など

さらにいうなら、遺伝子組み換えのGMOもワクチンも、見えにくいが、HAARPの気象コントロールとおなじである。さらにいえば、種子法廃止も水道法も、ある意味ではイルミナティのテロであり、人口削減の手段のひとつであろう。これからは、水道水には毒のフッ素が添加される。GMOも毒入り食品なのであり、有害性が実証されたため、ヨーロッパでは禁止であり、ロシアもまえから禁止、アメリカでも問題になってきている。

だが、日本ではほとんど問題にされず、全世界のGMO食品が日本にあつまっている。モンサントは、あまりに問題がおおきくなったので、バイエル・モンサント社になった。日本は、イルミナティのテロの実験場といっていい。こうして、コンビニのほとんど大部分の食品は毒入りとなったのである。

 

国民は、税金を吸い取られ、アへ総理のポケットマネーになる。もっとも大部分はイルミナティにながれていくのだろう。ちがうのは、シリアでは、政府とテロリストISISが戦ったが、日本では政府、行政、マスメディアの立場は、血を吸うテロリストISISそのものなのである。そのバックには、アメリカ、さらにいえば国際金融マフィア、いわゆるディープステ―トがひかえる。

ディープステ―トが壊滅するとか、寝言を言うひとが多いが、トランプはキッシンジャーの指示のもとで動いている。キッシンジャーは、ロスチャイルドの大番頭である。プーチンは、ロスチャイルドを排除したといわれるが、排除したのは英国ジェイコブである。ただし、プーチンは、可能なかぎりロスチャイルドの影響を拒否している。ロスチャイルドとは、国際金融テロリストだからだ。プーチンは、最近まで、これに気がつかなかった可能性がある。

311でもそうだったが、西日本豪雨のような災害でも、政府、行政、マスメディアは、できるだけ死者が増大するような政策、報道をしているように感じられる。かれらの本質は、首切りテロリストISISとおなじだからだ。死者が増大するとは、人口削減になる。政府、行政、マスメディアの後ろには、創価統一たち、CIAたち、悪魔たちがすけてみえる。

アへ総理は、非常事態への対応は、やっております、といって、なにもやらずに、宴会ざんまいである。自衛隊の救助は出さず、民間の救助活動にまかせっぱなし。救援物資はコンビニのを自衛隊に運ばせて、販売しているとか(笑)これ、自衛隊の救援活動か?(怒)

アへ総理は、現地の苦難を見て見ぬふりしたりしている。ウソばかりついて、へらへら笑ってばかりいるが、やっていることは、冷酷そのものの政策だ。イルミナティの大事な繰り人形であるから、司法は、かれをしっかり守り、サポートする。

今回の非常事態でも、国は国民の生活のことなど何一つ考えていないのを実証した。国会では、ほとんど山本太郎議員だけが、抵抗しているだけといっていいのは残念なことだ。あとは税金どろぼうたちだ。まともな議論のない場が、国会なのである。

 

  

東海アマブログ

 

2004年も、夏場には中越大水害が起き、年末には、中越地震とスマトラ巨大震災が起きた。

2010年の夏、40度を越えるところが続出、翌年311巨大震災が起きた。

今年の猛暑も、おそらく地殻変動と関係があると考えている。

 

2018年7月16日12時15分追記
正午現在、普段視聴できないNHKが写っている これは大阪地震M6.1の数日前と同じ現象
原理は、震源地から縦型Eスポと呼ぶ、垂直成分を持った電離層が生成され、これに電波が反射するため、普段視聴できないChが写ると考えている

この縦型Eスポの提唱者 仙台の小林康晴氏の警告も書き込まれている

 
http://tokaiama.minim.ne.jp/keijiban5/clipbbs.cgi

震源地は関西方面の疑いがある
十分に警戒されたし
地デジ波はEスポと無縁との人を小馬鹿にした偉そうなコメントがあったので、追補

  

   

「豪雨・地震・異常気象...気象兵器で実現可能」大学教授ら暴露!

地政学的問題に関して政府で働いた経験を持つカナダ・オタワ大学の名誉教授ミシェル・チョスドフスキー氏は、気象兵器の存在を2004年にウェブサイト「Global Research」上で暴露しているという。 

「米軍は気候パターンの自由な変化を可能とする先進的なテクノロジーを主に90年代にHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)のもとで発展させてきました。HAARPは大量破壊兵器です。外圏大気から世界中の農業的・生態的システムを無効にしてしまうのです」(同)

元ベネズエラ大統領のウゴ・チャベス氏は、2010年のハイチ地震はHAARPによって引き起こされた人工地震だとして、米国を糾弾していた。このように世界各国の政治家にとっても気象兵器の存在は公然の事実なのだ。

  

気象庁は「これまで経験したことのない大雨」という表現を使っている。

地震兵器が使用されたとされる地震事例としては、阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)・イラン(バム)地震・火星地震・スマトラ島沖地震・四川大地震・新潟県中越沖地震・東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)

ベンジャミン・フルフォードは、四川大地震や新潟県中越沖地震・東日本大震災について「アメリカ政府のイオンプラズマ兵器による攻撃」「これらの気象兵器を使う脅迫により、郵政民営化や民間銀行の外資買収が行われた」と主張している。

東日本大震災についてリチャード・コシミズ氏は、深海で核兵器を爆発させて引き起こした人工地震・津波テロであるということを主張している。

ミネソタ州の元知事ジェシー・ベンチュラはCNNの取材に対して、この地震がアメリカの地震兵器高周波活性オーロラ調査プログラムによって起こされたと述べている。

2015年2月アメリカ海軍は「レールガンの実用化」を発表。

レールガンは電磁エネルギーをつかった兵器で、200Km先まで砲弾を飛ばせるという。

レールガンはレーザービームを出すのではなく砲弾を飛ばすのだが、アメリカ海軍はレールガンとは別に赤外線ビームを利用したレーザー兵器の発射実験にも成功している。

   

 

EMP爆弾

アメリカの試算によれば、数メガトンのEMP核爆発が米本土上空で起きたとき、コンピュータに依存した水道や食料、燃料のインフラが数年間、復旧できないため、2年以内に人口の大半が死滅するとの報告もある。

高度先進国ほど、電子化、コンピュータ化、AI化に依存する比重が大きいため、原始的な軍事機能、インフラを持っている北朝鮮などは、EMP攻撃で自国の損傷を最小限に抑えて有利だが、日本・アメリカのように、生活インフラ、軍事機能の大半が電子化されている国家では、ほとんど文明の息の根を止められるといっても過言でないほどのダメージを受けるのである。

EMP爆発後は、復旧に何年要するか見当もつかないといわれる。生活に密着したシステムに使われている電子部品は、99%以上であって、電気釜や洗濯機、エアコンなども使用不能になり、医療機器はもちろんのこと、超クラシックカー以外、車の大半も稼働不能に陥るだろう。

もちろんパソコンやネットなど、全滅に近い状態になり、買おうと思っても入手さえできなくなる。

たぶん水道の水も出ず、都市ガスも停止し、ガソリンスタンドでは残油があっても、システムが稼働しないからバイクも使えない。

ただ、電力が供給されていないコイルは、サージ電流の直撃を免れるため、電磁波爆発の起きる前に停止した電気・電子回路には、それほど大きな被害は出ないかも知れない。

アメリカの試算では、電子化されたインフラが崩壊すると、9割が二年以内に死滅するとしているので、山間部の自給自足が可能な地域以外でインフラに頼って生活してきた人々は、恐ろしい現実に直面しなければならない。

   

   

というわけで今日のブログは、大引用大会となってしまった。

青文字が引用部分。    

筆者が書くよりも、その筋の方のを引用した方が、遥かに説得力があるはずなので、あしからず。

      

これを信じるか信じないかは、あなた次第。

   

ドイツでは、ケムトレイル、HAARPなどは事実としてテレビ放映されている。

chemtrail04.jpg

だが、お花畑の日本はトンデモ扱いをするだけ。

    

 

ケムトレイル・Chemtrails

  

飛行機雲だと勘違いしている飛行機から出ている煙のこと。

chemtrail05.jpg

空に雲のように残っている細長い線はケムトレイル。

飛行機雲はコントレイルと呼び、水蒸気のため長い尾を引かず、すぐに消える。

 

最近は、ケムトレイルが一般にも周知されてきているため、航跡を残さないように薄く撒いているようだ。

そのため空は白っぽい、粉っぽい感じになり、曇りの日はバレにくいので散布には絶好の天気となる。

日本はアメリカのカリフォルニア州程度の広さなので、三沢、横田、岩国基地から飛び立ち、周回散布で高い効果が可能になる。

   

chemtrail02.jpg

空からバリウム・アルミニウム・インフルエンザウイルス等を目的に応じて散布している。

インフルエンザウイルスは、凍結したものを人口繊維の中に封入、ケムトレイルに混ぜ、都市上空から航空機によって空中へ噴霧する。

    

chemtrail01.jpg

バリウムはうつ病、アルミは、アルツハイマー病などの原因となる。

政府は、ケムトレイルによって人口を削減、製薬会社は、ケムトレイルで作られる病気の予防ワクチンや薬で莫大な利益を生み出すという仕組み。

 

また、電磁波の反射体としてアルミなどの金属粉を撒くこともある。

HAARPによる人工地震や気象操作の効果を確実にするためだ。

  

chemtrail03.jpg 

細菌散布実験等を国家レベルで行っているが、英国政府や米国政府は、既にこのような実験を過去に実施してきたことを認める声明を出している。

英国では2002年に、国防相が40年にわたり国民を標的にした細菌散布実験を行ってきたことを認める声明を出している。

英国自由民主党議員 ノーマン・ベーカー氏が市民からの要求に従い、ケムトレイルについて、政府に対し再三に渡って回答を求める行動をおこした結果、引き出せた公式声明だ。

chemtrail00.jpg

NBCの報道によると、ドーナルド・トランプ氏は、アンドリュース空軍基地でケムトレイユ装備の飛行機を見学した。大統領は議論の余地のあるプログラムを終了すると約束。

  

スノートレイルというものもある。

東京の大雪は、なぜ土日に多いのか?

2000年以降の5センチ以上は、すべて土日か祝日。

  

アメリカに監視される日本 ~スノーデン"未公開ファイル"の衝撃~

NHKだって、こういうことを放映している。

研究は一流なのに 実用化で負け続ける日本

 

 

HAARPとは?

  

HAARPとは、(故)バーナード・J・イーストランド博士が発明。

APTI社が特許技術を持ち、アメリカ軍事機関の支援を受け、アラスカの施設で行われていた「民間プロジェクト」から始まっている。

haarp.jpg

アラスカの「HAARP」

 

HAARPは断層の歪が溜まっている領域を狙い、エネルギーを集中することで、地震を誘発させることができる兵器だ。

小学校の時の理科の実験で、虫メガネのレンズを使い太陽の光で紙を燃やすのと同じ原理だ。

 

HAARPの180本のアンテナ(高さ22m)から計360万ワットの2.5Hz超低周電波が発せられる。

そのエネルギーは360万Wでアメリカ最大の放送局の72倍に相当する電力を電離層の一点に送り込む。

  

ロシアのHAARPは巨大な無線送信機と呼ばれている。

おびただしい量の無線周波数を数年間もアメリカに向けて発信し続け、その間にアメリカには異常気象が発生していた。

  

イーストランド博士と同じくAPTI社の研究者であるピーター・コアートが発明した、「プラズマを利用して、電離層内に形成させる人工鏡」(合衆国特許:第5041834号、1991年8月20日発行)という特許技術は、米政府の文章内では「人工電離層鏡(AIM : Artificial Ionospheric Mirror)」と呼ばれている。

この特許技術は、プラズマを使い電離層内を一種の反射鏡のような状態にすることで、地上から送られてくる電波を反射させるもので、電離層による電波の反射を確保するためのものだ。

この特許技術を使い、IRIアンテナから電離層に向けた高密度な形で照射される高周波エネルギーは、異常な電離層加熱により「極超長波(ELF)」を引き起こすことができる。

あとは標的地点に対してどこの空域の電離層を加熱照射すればいいかという角度を計算すればいいだけだ。

そしてそれが電離層から地中に目がけて跳ね返り、地表を貫通することで、誘発される人工地震が、確保されるという仕組みだ。

 

東日本大震災の時は2.5Hzの超低周波が、48時間以上発せられていた。

48時間以上、2.5Hzの超低周波が震源地に送られ、圧力がかかっている断層などに刺激を与え、地震の引き金として働くと、エネルギーが解き放たれるという仕組みだ。

 

効果を高くするため、事前にケムトレイルで反射体としてアルミなどの金属粉を撒かれることもある。

 

同時に海底で原爆を爆発させると、その効果は確実というわけだ。

原子炉の制御システムへウイルスを送り込み、原発事故を誘発させたのは、爆発した放射能を隠蔽するためだ。

 

Leuren Moret - Fukushima HAARP nuclear attack by CIA, DOE, BP for London banks 動画

EXOPOLITICS TV の独占インタビューで、アメリカの女性科学者、ローレン・モレさんが福島原発事件と東日本大震災の真実について告発している。

福島原発事件と東日本大震災は、ロンドン銀行家たちとアメリカのウォール街銀行家たちの命令で国際的戦争犯罪恐喝組織であるCIA、DOE(米国エネルギー省)、BP(British Petroleum=英国の石油業界?)がHAARPの技術を使った核攻撃であったと告発。

ローレン・モレさんは、2011年3月11日の東日本大震災と福島原発事件の背景には2001年9月11日の(9.11)事件、2005年のハリケーンカトリーナと2010年のハイチ地震と同じ国際的戦争犯罪恐喝組織の犯罪であり、福島原発核攻撃の目的は、北半球と南半球の大量虐殺である!

福島の地震と原発のメルトダウン(炉心溶解)からの放射能は、放射能で、世界中の人々と土地と食物を汚染する為に故意に導くのが目的であったのです。

 

HAARPはいわゆる電離層ヒーターだ。

極超長波(ELF:extremely low frequency)を引き起こし、その極超長波は"電離層で反射され、地上に跳ね返ってくる。

この極超長波を、深層地中断層撮影法という方法で、大地を貫通するように、向けることが可能だ。

この極超長波は、地中や水中を貫通する性質を持ち、現在では、鉱山での通信の他、潜水艦との交信にも利用されている。     

 

117阪神大震災 5時46分

311東日本大震災 14時46分

911NY同時多発テロ 8時46分

映画「世界戦略ロサンゼルス決戦」で宇宙人が攻めてくる日時が・・

2011年4月11日4時46分。(グリニッジ時間)

 

311同時多発テロ アメノウズメ塾 放射能 地震 東日本大震災 動画

「トモダチ作戦」被爆米兵訴訟 ~311東日本大震災が人工地震である証拠 動画

         

 

台風を制御する特許

発明者:ジェームズ・ロジャースゲイリー・スピナク

宇宙ベースの電力システムと宇宙で生まれたエネルギーを使って気象を変える方法。宇宙ベースの電力システムは、接続構造を使用せずにシステム構成要素の適切な位置決めおよび整列を維持する。電力システム要素は軌道に投入され、フリーフローティング電力システム要素は、制御システムを使用して適切な相対的な位置、例えば位置、向き、形状に維持される。宇宙ベースの電力システムからのエネルギーは、ハリケーンなどの気象要素に適用され、天候要素を弱めたり散逸させたりするために気象要素を変更します。天気要素は、ハリケーンの目のような気象要素のセクションの温度を変化させること、気流を変更すること、または気象要素の経路を変更することによって変更することができる。

 

prometheus ALERT(日本語)

軌道上からの電磁ビーム照射で台風の勢力を弱体化、米社が特許申請

  

   

信じようが信じまいが、世の中にはこういうものがあるということだ。

頭の片隅に入れておいて、損は無いだろう。

 

 

住居の安全性

 

筆者が住んでいるマンション、神戸芸術センターレジデンスのWEBを見ると・・

     

レジデンス専用のエントランスやエレベータ等の共用部は、広々とした高級感ある雰囲気が特徴です。指紋認証、防犯カメラ、24時間有人管理を採用し、高いセキュリティを確保しています。ハイルーフ車も入庫可能な機械式駐車場(214台)は、専用車室にて車両を保管しますので犯罪や災害に対して有利です。各住戸にビルトインエアコンやドラム式洗濯乾燥機が標準装備しており新たにご用意頂く必要はありません。機能性を追求したシステムキッチンのディスポーザーは料理を楽しまれる方々に好評です。高速インターネット回線、BS放送、CS放送など快適な通信環境で充実した時間をお過ごしください。

    

地震に有利な地盤

神戸芸術センターレジデンスが立つ洪積層は、非常に固く建築支持地盤に適していると言われています。JR神戸線を中心に分布する沖積層は、1995年の阪神淡路大震災で建物被害が多く発生させた軟弱な地盤です(下図の緑、黄、赤)。六甲アイランドやポートアイランド等を中心に分布する埋立地盤は、阪神淡路大震災の時には液状化の被害が多く発生しました(下図の青)。神戸芸術センターレジデンスが立つ地盤は地震に対して有利な地盤という事ができます。

landmap01.jpg

図をクリックすると拡大します。

 

津波に有利な地形

南海トラフの巨大地震モデル検討会が平成24年8月29日発表した資料では、兵庫県に5mの津波が発生する可能性があるとされます。遡上高(津波が押し寄せる海抜)は津波高さの4倍に及ぶとされ、海抜20mの三宮を中心としたエリアまで津波は押し寄せることが懸念されます。神戸芸術センターは海抜40mに位置しており、津波被害に対しても有利という事ができます。

landmap02.jpg

図をクリックすると拡大します。

 

こちらにも神戸市のハザードマップで津波浸水想定図がある。

 

このような理由から、ここは安全だと思われるので、2008年8月から住んでいる。

どちらにしてもここでダメだったら、あきらめもつくというものだ。

    

ウチでは一家3名が一週間持ちこたえるだけの水と食料品は現時点で備蓄している。

こっちの方も忘れてはならない > 小久保 緊急簡易トイレ 凝固剤 30回分

 

タカダイオンとDRTロボットが動くよう、バッテリー駆動の準備も万端。(笑)

それよりも階段で29階も降りる羽目にならなければいいのだが・・

  

だが、いつ何が起こるかわらない時代だ。

      

とはいえ「そのとき」に、どこに居るかの方が大事ではないだろうか。

たとえ備えがあったとしても、天変地異ではこうした「運」に左右されるわけだ。

    

なので確率が丁半博打より分が悪い人は多いはず。

9割はアウトだろうね。 

   

あなたは果たして残りの一割になれるだろうか?

  

そのためには、日頃から「運」が良くなる生活をしているかどうかだ。

そうであれば、何も心配は要らない。

    

  

関連記事

   

幸せになる方法

  

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

>48時間以上、2.5Hzの超低周波が震源地に送られ、圧力がかかっている断層などに刺激を与え、地震の引き金として働くと、エネルギーが解き放たれるという仕組み

ニュースキャンなどのロシア製の周波数治療器の実力を実感すると、そんな仕組みがあっても不思議では無いと思えます。
災害の原因が何であれ、やはり最後は日ごろの備えと運ですよね。

運を与えてくれるのは神様か?ご先祖様か??

その両方に感謝していれば間違いないですよね(笑)

コメントする

2018年7月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2018年7月

月別アーカイブ