2009年06月 の一覧

0630comp.gif
0629comp.gif

0626comp.gif

長めのホールドのためには?

コメント(0) (0)

トレーニングではロングサイドへの買いの場合陰線が出たら脱出の用意をするわけですね。

そして、さらに赤い色のローソク足が見えたら脱出するわけですが、これは最初の方のユニットの場合です。

そして時間が経過して、トータルの利益が積み上がってくると、この部分は少し考え方を変えてゆく必要があります。

hold.gif

つまりどんどん上昇してゆく銘柄は、長めに保有した方が、手数料の面からも有利なわけです。

そのときに威力を発揮するのがトリプルタイムフレームクロス。

0625comp.gif
0624comp.gif

銘柄選択

コメント(0) (0)

受講者用掲示板の書き込みネタですが、参考になるはず。

 

chart.gif

 

個別銘柄のオープニングの動きが、昨日とは明らかに違った。

ギャップダウンもアップも入り交じっていた。

オープニング直後は値動きにまとまりがなく荒かったので、全て見送り。

しばらくしてからショートサイドへ流れ出したが、一番遅いタイミングでブレイクアウトした「FSLR」に、DEMOで試しにエントリーしてみたところ、すぐに大きく反発してしまったのですぐ手仕舞い。

0623comp.gif

0622comp.gif

0619comp.gif

0618comp.gif

0617comp.gif

こういうときの対策は?

コメント(0) (0)

トレードを始められた方の方で、似た体験をお持ちの方も少なくないと思います。

ある程度の経験が必要な世界ですが、守らなければならない基本的なルールがあります。

key.jpg

まずは、いただいたメールの内容です。

トレードに関係のない部分と、プライバシーに関する部分は一部省略しています。

0616comp.gif
0615comp.gif

難しい診断

コメント(0) (0)

昨夜の米国マーケットについて、次のような依頼が・・

昨日大きく負けてしまいました。

申し訳ありませんがアドバイスをいただけないでしょうか。

自分では待てないのが原因かなとは思っているのですが。

復唱トレーニング

コメント(0) (0)

トレードに関する技を理論的に分析し、ツールの使い方やタイミングのとり方などを勉強しているからといって、トレーニングですぐに技が身につくわけではない。

何故なら情報を入力する「感覚野」と、動きを実行する「運動野」とは、脳の中で直接やりとりをすることができないからだ。

そのため訓練が必要となる。

brain3.jpg

0612comp.gif

 0611comp.gif

ユニット単位で見たマーケット

コメント(0) (0)

トレーニングでは、3-4銘柄を1ユニットとして、4から5ユニットエントリーするため、マーケット開始から1時間ほどの間に15から20回トレードすることになる。

金曜日のマーケットも回数で言えば17回。3900ドルのゲインだからその20%、つまり手数料を引いて780ドルは勝てるはずなのだ。

それも、検証の半分のパフォーマンスしか出せないとしてのハナシなのだから、そう難しくはないはずなのだ。

0610comp.gif

0609comp.gif

0608comp.gif
0605comp.gif
0604comp.gif
0604comp.gif

0603comp2.gif

0502comp2.gif
0601comp.gif

2009年6月

« 前月 翌月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2009年6月

月別アーカイブ