2010年03月 の一覧

0331comp.gif

31(水)の米国ナスダックマーケットは、ギャップダウンで開始。 開始から30分は軟調展開のあと堅調に上げ続けたが、最後の1時間30分で大きく下げてしまい、最後はマーケットの始値を切って終了。ナスダック総合指数の日足チャートは長い上ヒゲをつけた短い陰線で終了。ダウ平均の日足も陰線。

経済指標が軒並み悪く、3月のシカゴ購買部協会景気指数が前の月から低下して市場予想を下回り、3月の雇用者数が減少し雇用情勢の改善た期待できないとの見方に加え、利益確定の売りを浴びて最後は売りが優勢となった。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約約11億5000万株、ナスダックは約21億9000万株。

0330comp.gif

30(火)の米国ナスダックマーケットは、ギャップアップで開始。 開始から30分は堅調な展開のあと下げ始め、30分の揉み合いを挟んで大きく下落、そしてさらに30分後から反転を始め、最後はマーケットの始値を越えて終了。ナスダック総合指数の日足チャートは長い下ヒゲをつけた短い陽線で終了。ダウ平均の日足も短い陽線で、約1年6カ月ぶりの高値を連日更新中。

3月の米消費者信頼感指数が市場予想を上回り、住宅価格指数も予想より小幅な低下にとどまったため相場は堅調に推移したが、株価は直近の高値圏にあるため、利益確定売りも交錯する上下動の激しい展開となった。ニュースによるとアップルは携帯電話大手ベライゾン・ワイヤレス向けに多機能携帯電話「iPhone」の新機種を開発しているという。証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約約9億1000万株、ナスダックは約20億株。

0329comp.gif

29(月)の米国ナスダックマーケットは、ギャップアップで開始。 開始から2時間は堅調な展開だったが、そこから下げ始め、最後の1時間半はまた戻して終了。ナスダック総合指数の日足チャートはDOJIで終了。ダウ平均の日足は陽線で約1年6カ月ぶりの高値。

対ドルユーロ安がひとまず一服し、景気回復への期待で全体に安定した基調に加え、2月の米個人消費支出(PCE)が5カ月連続で増加し、物価指標のエネルギー・食品を除くコアPCEデフレーターの伸び率が縮小、インフレの落ち着きが示されたことも好感されたようだ。証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約約9億4千万株、ナスダックは約18億5千万株。

0326comp.gif

26(金)の米国ナスダックマーケットは、ギャップアップで開始。 開始から30分は軟調でその後反転上昇したが、再び下げ始め、最後は戻して終了。ナスダック総合指数の日足チャートは上下にヒゲをつけた陰線で終了。ダウ平均の日足はほとんどDOJIに近い非常に短い陽線。

10~12月期の米実質国内総生産(GDP)確定値は前月発表された改定値から下方修正されたため軟調で開始したが、3月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ)は市場予想を上回ったため反転上昇した場面もあったが、積極的な買い材料がなく終了。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約約10億3000万株、ナスダックは約22億株。

0325comp.gif

25(木)の米国ナスダックマーケットは、大きくギャップアップして開始。 開始から1時間は動きのない展開だったた、その後1時間大きく上昇したが、終了2時間前から大きく下げ始め、ナスダック総合指数の日足チャートは長い上ヒゲをつけた陰線で終了。ダウ平均の日足は長い上ヒゲをつけたDOJI。

新規失業保険申請件数が予想より少なくギャップアップで始まったが、後半から取引終了にかけてドル高のため売られる展開となった。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約約11億6000万株、ナスダックは約25億2000万株。

0324comp.gif

24(水)の米国ナスダックマーケットは、ギャップダウンで開始。 開始から30分は軟調、その後戻したが、引けまでジリジリと下げ続けて終了。全体に値幅の狭い難しい展開となった。ナスダック総合指数の日足チャートは短い陰線。ダウ平均の日足も短い陰線でどちらのマーケットもプルバックデイとなった。

格付会社によるポルトガルの格下げのため、オープニングから軟調な展開で、マーケット開始から30分後に発表された住宅関連指標の悪化も影響し、株価が高値圏で売りを浴びやすい手地合と相まって終日弱い展開となった。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約10億2000万株、ナスダックは約22億2000万株。

0323comp.gif

23(火)の米国ナスダックマーケットは、薄いギャップアップで開始。 開始から30分は動かない展開で、その後30分は上昇したが渋い展開。この流れは終了間際まで継続したが最後の1時間は大きく上昇して終了。ナスダック総合指数の日足チャートは一応陽線で終了。ダウ平均の日足はしっかりとした長い陽線で1年半ぶりの高値で終了。

景気回復期待を背景に、2月米中古住宅販売件数が予想を上回り上昇、23日に保険改革法案が成立したため、無保険者減少で収益機会拡大期待でファイザーやグーグルの撤退で中国のネット検索サービス大手、百度(バイドゥ)が堅調。ダウ平均の上げ幅は5日来の大きさ。

保有と脱出の基準

コメント(0) (0)

ホールドに関係する脱出のご質問です。

0319AAPL.gif

AAPLですが私は5本目の陰線でエントリーし次に、次に同時に近い陰線で終わりここまではホールドしていました。

次の足が結果的に陰線で終わりましたが前の同時に近い陰線を包んだと思って脱出したのですが振り返るとストップの位置は2本目の陰線の終値と考えていたのでホールドすべきだったと思います。

このケースではエントリーしたローソク足がそこそこ長かったので、ホールドできたと思うのですが。

このようなケースでエントリーした足が同時近いローソク足で終わって次のローソク足が包んできた場合は即脱出でよろしいのでしょうか。

0322comp.gif

22(月)の米国ナスダックマーケットは、ギャップダウンで開始。 開始から強い展開で最後まで上げ続けて終了、ナスダック総合指数の日足チャートは長い陽線で終了。ダウ平均の日足も陽線で2008年10月以来1年5カ月ぶりの高値で終了。

米医療保険改革法案の成立に伴い保険医療の受診者が増え、顧客層が拡大するとの期待から医薬品株や保険株が幅広く買われた。

自己分析力

コメント(0) (0)

トレードに限らず、自分の仕事にどの程度問題があるのかを知ることは最優先事項といっていいだろう。

わかりやすい判定基準は、他人からの見返りであり、わかりやすく言い換えれば「収入」ということになる。

トレードの場合は、トータルでの勝敗だ。

ところでシミュレーションができるビジネスというのは、どの程度あるだろうか?

トレードは、その少ないビジネスの一つなのだ。

だからこれをどう活用できているのかが、大きなポイントになる。

0319comp.gif

19(金)の米国ナスダックマーケットは、ほとんどギャップなしで開始。 開始から軟調な展開で、2時間下げ続け、下げ止まった後は横ばいで推移。最後は少し戻し、ナスダック総合指数の日足チャートは3日ぶりの陰線で終了。ダウ平均の日足も8日ぶりの陰線。

インド準備銀行(中央銀行)の政策金利引上げのニュースを背景に、週末要因や利益確定の売りを誘い軟調な展開となった。ニューヨーク証券取引所(NYSE)が約19億8000万株、ナスダックは約約28億3000万株と大商い。

決断の条件

コメント(0) (0)

ちょっと返事の難しいご質問なのですが、あえてここでご紹介。 

お久しぶりでございます。

7年程前にも東京で米株基礎セミナ-を受講させて頂きました**と申します。

今回のミリオネア株式セミナ-のDVDを拝見し、以前の熱き思い(笑)が蘇りました。

あれから早7年程が過ぎ、40歳になりました。

0318comp.gif

18(木)の米国ナスダックマーケットは、薄いギャップダウンで開始。 開始からギャップの中を推移する狭いレンジでの展開で、ナスダック総合指数の日足チャートはナローレンジの陽線で、08年8月以来ほぼ1年半ぶりの高値を連日で更新中。ダウ平均の日足は8日連続の陽線となり、2008年10月1日以来1年5カ月ぶりの高値で終了。

朝方に発表された2月米消費者物価指数は市場予想どおり。さらに新規失業保険申請件数は前週に続き減少。フィラデルフィア連銀景気指数も改善され経済指標の好調さから株価は堅調で推移。売買高は速報値で、ニューヨーク証券取引所(NYSE)が約9億2千万株、ナスダックは約20億3千万株。

0317comp.gif

17(水)の米国ナスダックマーケットは、ギャップアップで開始。 開始から30分は強く堅調な展開だったが、その後30分は伸び悩んだが、その後3時間半堅調に上昇、引け前には下げたが、ナスダック総合指数の日足チャートは上ヒゲをつけた陽線で、08年8月以来ほぼ1年半ぶりの高値を連日で更新中。ダウ平均の日足も陽線で7日連続の陽線となり、2008年10月1日以来1年5カ月ぶりの高値で終了。

2月米卸売物価指数が5カ月ぶりに下落、景気回復下でインフレ圧力が強まっていないことが好感されたことに加え、FRBが前日超低金利政策を維持する姿勢を示したことを背景に堅調で推移。売買高は速報値で、ニューヨーク証券取引所(NYSE)が約10億2000万株、ナスダックは約21億7000万株。

ストップの種類

コメント(0) (0)

昨夜のナスダックマーケットでは、開始前にトレーニングのアドバイスを4点挙げたのですが、ここで改めてまとめておきます。

紙にチェックポイントを書いてすべてのトレードでその条件を満たしたことを確認してからエントリーする。

◇ 始まった位置で判定する。

◇ ストップを必ずつける。

◇ 同じ色のろうそく足が何本続いてるかを意識する。

◇ 最初のユニットは何が何でも必ずプラスにもってゆく。

0316comp.gif

16(火)の米国ナスダックマーケットは、ギャップアップで開始。 開始から30分は軟調、そしてそのあと1時間半は強く、そこからはダラ下がり。終了2時間前からは乱高下の展開となり、最後は上げて高値引け。ナスダック総合指数の日足チャートは下ヒゲをつけた陽線で、2008年8月以来約1年半ぶりの高値を更新。ダウ平均の日足はしっかりした陽線で6日連続の陽線となり、こちらも約2カ月ぶりの高値を更新。

米連邦準備理事会(FRB)が開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)ではゼロ金利政策の維持が決定され、低政策金利が長期間続くことが示唆されたため堅調のまま終了。売買高は速報値で、ニューヨーク証券取引所(NYSE)が約10億2000万株、ナスダックは約20億9000万株。

判定のタイミングを知るための工夫

コメント(0) (0)

熱心なトレーダーの方の検証を拝見しました。

そこで、判定のタイミングについて追加の解説をしておきます。

下のチャートは11日のKLACの2分チャート。

KLAC 所用でエントリーが少し遅れたのは残念^^;
ナローレンジの陰線の次に、わずかなギャップアップと、陽線がチラ見えしたので、勢いが止まったと判断してクローズ(23:40:06)
一見成功したトレードに見えるが、重大なミスをしてしまった。

0315comp.gif

15(月)の米国ナスダックマーケットは、ギャップダウンで開始。 開始から軟調な展開で2時間後には下げ止まったが横ばいの展開で推移。最後の一時間半は値を戻したが、ナスダック総合指数の日足チャートはDOJIで終了。ダウ平均の日足は陽線で5日連続の陽線。

ナスダックは中国から撤退の可能性が取り沙汰されるグーグルや、アナリストの格下げによるKLACやラム・リサーチなどが軟調で指数を押し下げる格好となった。売買高は速報値で、ニューヨーク証券取引所(NYSE)が約9億3000万株、ナスダックは約18億7000万株。

日本株でのエントリーポイントの判定方法

コメント(0) (0)

基本的にはどのマーケットも同じなのですが、では「トヨタは買い!」をサンプルとして取りあげておきましょう。

0303J7203BS.gif

わかりやすい動画で解説をしておきます。

エントリーポイントの決定方法

コメント(0) (0)

以前から何度も説明をしているエントリーポイントの設定方法、つまりローソク足が始まった位置でするというルールについてです。

ネットエイドのポストへの書き込みや受講者用掲示板を見ると、エントリーの判定を間違えている方が多いようです。

というわけで、3月12日(金)のナスダックマーケットの例での解説です。

0312comp.gif

 

12(金)の米国ナスダックマーケットは、ギャップアップで開始。 開始から1時間はギャップアップリバーサルで軟調な展開。その後下げ止まったが、横ばいのまま狭い値幅で推移しで終了。ナスダック総合指数の日足チャートは下ヒゲをつけた短い陰線となったが6日続伸のあとのプルバックで依然アップトレンドは継続している。ダウ平均の日足は陽線で約1カ月半ぶりの高値を更新。

2月米小売売上高は予想に反して増加したが3月消費者態度指数は予想以上に低下という相反した数値のため積極的な買いには繋がらず、週末要因と相まって利益確定の売りに押された格好だ。売買高は速報値で、ニューヨーク証券取引所(NYSE)が約10億5000万株、ナスダックは約20億株。

30分ギャッププレイ

コメント(0) (0)

私の考え出したトレード方法としては、いわゆる「古典的」なトレード手法です。^^

意外と成功率が高いのですが、その理由はローソク足フォーメーションとして、ギャップを埋めたらその方向へ動く習性があるからです。

昨夜のグーグルはまさにそての典型でした。

2010-03-11 23:33:29 はっちshadow GOOG 30分ギャッププレイ狙い

0311GOOG2.gif

100株で +700ドル

50株でも +350ドル

0311comp.gif

 

11(木)の米国ナスダックマーケットは、ギャップダウンで開始。 開始から30分は揉み合いが続いたが、その後30分間は上昇に転じ、その後は軟調となり開始から3時間ごから反転上昇を始め、最後は強い展開となり高値引け。ナスダック総合指数の日足チャートは上ヒゲをつけた陽線となり6日続伸で約1年半ぶりの高値を更新。ダウ平均の日足は陽線で日足チャートは3日連続の横ばいから抜け出し約1カ月半ぶりの高値を更新。

新規失業保険申請件数が予想より多く出だしは揉み合う展開となったが、業績回復期待からシティグループなど金融株が堅調。売買高は速報値で、ニューヨーク証券取引所(NYSE)が約9億8000万株、ナスダックは約20億8000万株。

0310comp.gif

  

10(水)の米国ナスダックマーケットは、非常に薄いギャップアップで開始。 マーケットは開始から2時間堅調に上昇、その後は伸び悩んだが最後に持ち直し、この日の高値付近で終了。ナスダック総合指数の日足チャートは上ヒゲをつけた陽線となり、2008年8月29日以来の高値で終了。日足チャートは依然アップトレンド。 ダウ平均の日足は非常に短い陽線で、こちらの日足チャートは3日連続の横ばいモード。

シティの信託優先証券発行のニュースで金融セクターが堅調で、さらに中国政府へ検閲撤廃を求めているグーグルのCEOが「近く何かが起こる」と述べ堅調に推移するなどの背景を受け、ナスダック総合株価指数は4日続伸で2008年9月2日以来の高値で終了。売買高は速報値で、ニューヨーク証券取引所(NYSE)が約11億4000万株、ナスダックは約24億2000万株。

動画が止まる問題について

コメント(0) (0)

動画セミナーを購入する場合、商品をダウンロードして視聴するようになると思いますが、私のパソコン環境では、gapper's eye等貴サイトにある動画が途中でストップしてしまいちゃんと見ることができません。

という問い合わせをいただきましたが、ギャッパーズアイの動画ですが、Flash PlayerをUpdateすると止まってしまうものがあります。

米国ナスダックマーケット9(火)

コメント(0) (0)

0309comp.gif

9(火)の米国ナスダックマーケットは、ギャップダウンで開始。 マーケットは開始からギャップダウンリバーサルで強い展開となり、1時間半は上げ続け、その後も2時間半ほどはアップトレンドが継続したが、終了1時間前あたりから軟調となって終了。ナスダック総合指数の日足チャートは上ヒゲをつけた陽線で終了。日足チャートは依然アップトレンド。 ダウ平均の日足は短い陽線で、こちらも日足チャートはアップトレンドが継続中。

この日も目立った経済指標の発表はなかったが、前日発表のネットワーク機器大手シスコシステムズの超高速・大容量ルーターの発表を受け、オープニングから強く、ナスダック総合株価指数は4日続伸で2008年9月2日以来の高値で終了。売買高は速報値で、ニューヨーク証券取引所(NYSE)が約11億2000万株、ナスダックは約24億7000万株。

スイングトレードとトレンド

コメント(0) (0)

数日間保有するトレード手法で稼ぐメリットとは何でしょうか?

まず、いわゆるデイトレードのスカルピングで不可欠なな執行の技術が不要になります。

つまりストレスの少ない方法なのですが、大きな問題があります。

それはトレンドが明確なゾーンでないと、株価がブレるため、ロスが大きくなりやすいという点にあるのです。

米国ナスダックマーケット8(月)

コメント(0) (0)

0308comp.gif

8(月)の米国ナスダックマーケットは、薄いギャップダウンで開始。 マーケット開始から堅調で、特に最初の1時間30分が強かったが、終日値幅の少ない展開となった。ナスダック総合指数の日足チャートは短い陽線で終了。日足チャートは依然アップトレンド。 ダウ平均の日足は短い陰線となったが、こちらも日足チャートはアップトレンド。

目立った経済指標の発表がないことに加え、前日までの強い上昇のため利益確定の売りを浴びながらの展開となり、全体に上げ渋り。売買高は速報値で、ニューヨーク証券取引所(NYSE)が約9億1000万株、ナスダックは約21億1000万株。

ダメージをあらかじめ読むチカラ

コメント(0) (0)

カットロスをするべきか否か? についての考察なのですが、これはストップの付け方にも関わる考え方です。

トレード中に冷静な状態で、こうした点に目線が行き届いているかどうかが、オープニングでは重要なポイントとなります。

3月5日のエクスキューショナートレーニングに掲載されているTROWとCERNについてですが。

双方ともエントリーしてからギャップダウンでCERNはロスカットしてTROWはホールドされてますがどのように見ておられたのでしょうか。

さしつかえなければ教えてください。

米国ナスダックマーケット5(金)

コメント(0) (0)

0305comp.gif

5(金)の米国ナスダックマーケットは、しっかりとしたギャップアップで開始。 マーケット開始から強い展開で、特に最初の30分は堅調で、その後もジリ上げ状態が継続し、最後は高値引け。ナスダック総合指数の日足チャートは長い陽線で終了。日足チャートは依然アップトレンドが継続。 ダウ平均の日足も長い陽線で、こちらも日足チャートはアップトレンドで高値更新中。

経済指標の2月米雇用統計は、非農業部門の雇用者数が予想ほど減少しなかったことを受け、幅広く買われる展開となった。売買高は速報値で、ニューヨーク証券取引所(NYSE)が約10億5000万株、ナスダックは約22億8000万株。

米国ナスダックマーケット4(木)

コメント(0) (0)

0304comp.gif

4(木)の米国ナスダックマーケットは、ギャップアップで開始。 マーケット開始から30分は堅調な展開だったが、その後1時間は軟調となって下げたが、その後は引けにかけて上昇し、ナスダック総合指数の日足チャートは下ヒゲをつけた陽線で終了。日足チャートはアップトレンドを継続。 ダウ平均の日足も陽線で、こちらも日足チャートはアップトレンド。高値を更新中。

経済指標が好調で、新規失業保険申請件数が減少、さらに主要小売り各社の2月の既存店売上高が予想を上回ったことから幅広く買われ、ダウ平均は1月20日、ナスダック指数は1月19日以来の高値をつけて終了。

米国ナスダックマーケット3(水)

コメント(0) (0)

0303comp.gif

3(水)の米国ナスダックマーケットは、ギャップアップで開始。 マーケット開始から30分は強かったが、その後30分は軟調、その後1時間はは強い展開だったがこの日の上昇トレンドはここまで。その後はダラダラと下げ続け、ナスダック総合指数の日足チャートは上下にヒゲをつけた短い陰線で終了。だが日足チャートはしっかりしたアップトレンド。 ダウ平均の日足もナスダックと同じように上下にヒゲをつけた短い陰線で、こちらも日足チャートはアップトレンド。依然高値更新をテストする位置。

2月のISM非製造業景況感指数は市場予想以上に上昇し、ベージュブックでもFRBは、景気拡大が続いたことを示したとの総括判断を示したため強い展開だったが、高値を付けた後の利益確定の売りを浴びて下げて終了したが、チャート的には上昇トレンドの中の単なるプルバックデイ。

米国ナスダックマーケット2(火)

コメント(0) (0)

0302comp.gif

2(火)の米国ナスダックマーケットは、ギャップアップで開始。 マーケット開始から30分は強く、その後30分は軟調、その後もジリ上げの展開となったが、終了2時間前から下げ始め、軟調のまま終了。ナスダック総合指数の日足チャートは長い上ヒゲをつけたDOJIに近い陽線。日足チャートはアップトレンドが継続中。 ダウ平均の日足はDOJIだが、こちらも日足チャートはアップトレンド。高値更新をテストする位置で終了。

雇用関連など主要経済指標の発表を控えているうえ、高値圏で推移していることから、継続的な利益確定の売りを浴びてのマーケットとなり、終日渋い展開となった。

米国ナスダックマーケット1(月)

コメント(0) (0)

0301comp.gif

1(月)の米国ナスダックマーケットは、ギャップアップで開始。 マーケット開始から1時間は非常に強く、その後も最後まで上げ続けて終了。ナスダック総合指数の日足チャートは長い陽線。日足チャートはもちろんアップトレンド。 ダウ平均の日足も長い陽線で、こちらも日足チャートはアップトレンドで高値更新をテスト、という位置まで上げてきている。

1月の米個人消費支出が市場予想以上に増加したことに加え、大型のM&A(合併・買収)が相次いで伝わったことで、投資家心理が改善され、マーケットは堅調に推移。米サプライマネジメント協会(ISM)が発表した2月の製造業景況感指数は市場予想以上に低下したが、こうしたマイナス要因をものともしない強いマーケットとなった。

2010年3月

« 前月 翌月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2010年3月

月別アーカイブ