2010年04月 の一覧

活況のマーケットで何がわかるか?

コメント(0) (0)

昨夜の米国ナスダックマーケットは、先物のチャートだけでは伺いしれない活況ぶり。

こちらにあるように、3000ドルは楽に稼げる展開。

こういう稼ぎやすい展開の時はしっかりと利益を積み上げることが大事だ。

1000ドル台は楽に到達できても、2000ドル以上稼ぐことができたトレーダーは果たしてどれくらいいるだろうか?

こういう時に普段のトレーニングの成果が現れるのだが・・

0430comp.gif

30(金)の米国ナスダックマーケットは、ほとんどギャップなしに近い薄いギャップダウンで開始。 開始から1時間は軟調で、その後買い戻しのプルバックを挟みながら下げ続け、最後は安値引け。ナスダック総合指数の日足は最近見られない長さの陰線で終了。ダウ指数の日足も超長い陰線。どちらも日足チャートは20日移動平均線から一気に陥落した位置。

米検察当局が証券詐欺容疑のゴールドマン・サックスの捜査開始との報道で、規制強化懸念から金融大手が軒並み下落し、週末要因の利益確定とあいまって、全面安の展開で終始。

0429comp.gif

29(木)の米国ナスダックマーケットは、しっかりしたギャップアップで開始。 開始から30分は揉み合ったが、その後は順調に上昇を続け最後は高値引けで終了。ナスダック総合指数の日足は長い陽線で終了。ダウ指数の日足の長い陽線。どちらも日足チャートは20日移動平均線で跳ね返ったカタチとなっている。

ギリシャの財政再建策について欧州連合(EU)と同国政府の協議が週内にも妥結する見通しとなり、不透明感が後退したことから、マーケットは終始強い展開となった。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約14億1000万株、ナスダックは約28億7000万株と連日の活況。

0428comp.gif

28(水)の米国ナスダックマーケットは、ギャップアップで開始。 開始から軟調な展開で2時間半後にはボトムを形成して、反転上昇を開始したが、上げ幅は少ないままで終了。ナスダック総合指数の日足は長い下ヒゲをつけた陰線。ダウ指数の日足は陽線。どちらも日足の20日移動平均線で下げ止まりか?

マーケット開始早々は軟調な展開だったが、米連邦準備理事会(FRB)が米連邦公開市場委員会(FOMC)で超低金利政策の維持を決定。買い安心感のためマーケットは急速に回復して終了。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約約14億5000万株、ナスダックは約26億3000万株と連日の活況。

勝てる技術を身につけるには?

コメント(0) (0)

紙にチェックシートを印刷してチェックを入れてからアクションを起こす。

この練習が一番効くのです。

昨夜のネットエイドでも説明したのですが、昨夜の記録を見ても、アタマの3銘柄にエントリーして、ルール通りにトレードすれば +620ドル。

下手しても400ドルは獲れるはずなのです。

ですがチェックシートを使ったトレーニングをして、始値で判定し、ストップをきちんとつけたトレードができていなければ、勝てなかったはずです。

0427comp.gif

27(火)の米国ナスダックマーケットは、ギャップダウンで開始。 開始から1時間半は値幅は少ないが堅調な展開。だがその後大きく下げ、1時間半後には下げ止まったが、終了2時間前から再び軟調な展開となり終了ナスダック総合指数の日足は長い陰線、ダウ平均の日足も下げ幅は約2カ月半ぶりの大きさとなり、長い陰線で終了。

開始早々は堅調で、さらに開始30分後に発表された4月の米消費者信頼感指数は予想以上に改善されたことを受け堅調に推移したが、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がギリシャとポルトガルの格下げを発表したため、欧州諸国の信用不安が再燃、マーケットは全面安の展開となった。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約16億8000万株、ナスダックは約26億9000万株と活況。

0426comp.gif

26(月)の米国ナスダックマーケットは、ほとんどギャップのないオープニングで開始。 開始からは軟調で、値幅の少ない展開で、その後も揉み合いが継続し、最後の1時間は軟調となってこの日の安値引け。ナスダック総合指数の日足は短い陰線で、ダウ平均はDOJIで終了。

金融制度改革法案が金融機関に厳しい内容になる可能性が示唆されたため金融株が軟調。さらに翌日のゴールドマン・サックスCEOの議会証言を控え、さらには27から28日にかけてのFOMCや30日発表のGDP速報値待ちのムードで見送り気分が強い地合で、高値圏での利益確定の売りも押されて最後は弱いままで終了。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約12億3000万株、ナスダックは約23億3000万株と活況。

0423comp.gif

23(金)の米国ナスダックマーケットは、薄めのギャップダウンで開始。 開始から1時間はギャップダウンリバーサルで強い展開。その後1時間は軟調に転じたが、地合は強くジリ上げ状態が継続し最後は高値引け。ナスダック総合指数は2008年6月以来1年10カ月ぶりの高値を記録し、ダウ平均の日足も長めの陽線で、こちらも株価は2008年9月19日以来1年7カ月ぶりの高値をつけている。

景気回復に対する期待のためオープニング早々から強い基調で開始。さらにマーケット開始後30分の時点で発表された3月新築一戸建て住宅販売件数が大幅に伸びたことから、マーケットはさらに続伸、その後利益確定の売りをこなしながら、引けにかけて買い手は途切れることなく続く展開で終始。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約12億1000万株、ナスダックは約23億5000万株と連日活況の地合となっている。

ボトムスキャンの使い方

コメント(0) (0)

昨夜の米国マーケット、指数の動きはともかくとして、非常によく動いた銘柄があったので、こちらにチャートを掲載しているが、ガイド通りに入った方はかなりのゲインだったようだ。

多くのトレーダーはボトムスキャンも見ながらトレードされている。

もちろん私も同じボトムスキャンを見ながらガイドしているのだが、ちょっとした使いこなしでかなり成績が違ってくるのだ。

0422comp.gif

22(木)の米国ナスダックマーケットは、大きなギャップダウンで開始。 開始から30分は軟調で推移したが、その後1時間上げたあと、1時間下げ、その後は強い反転上昇を続けて高値引け。ナスダック総合指数の日足チャートは下ヒゲをつけた長い陽線で終了。ナスダック総合指数は2008年6月以来1年10ヶ月ぶりの高値となった。ダウ平均の日足は短い陽線で株価は1万1千ドル台を維持。

イーベイ・クアルコム・ノキアなどの業績や予想が予想外に不振のため、マーケット開始直後は軟調となった、オバマ大統領が金融危機再発防止策で規制厳格化に積極的ではなかった点が好感され、押し目買いが継続し堅調に推移して終了。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約12億9千万株、ナスダックは約26億1千万株と活況。

0421comp.gif

21(水)の米国ナスダックマーケットは、ギャップアップで開始。 開始から30分は強く、その後軟調な展開となったが、中盤からしっかりとしたサポートが形成され、最後の1時間半は強く上げて終了。ナスダック総合指数の日足チャートはDIJIに近い陰線で終了。ダウ平均の日足はDOJIに近い陽線。

決算時期を迎えたマーケットは好決算を発表した銘柄を中心に買われたが、利益確定の売りが交錯する、動きの大きな地合のマーケットとなった。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約12億1000万株、ナスダックは約25億7000万株。

揉み合いこそ絶好のチャンス

コメント(0) (0)

昨夜の米国ナスダックマーケットは少し難しい展開で始まったが、こちらで解説をしているように最初のユニットは悪くてもブレイクイーブンのはず。

だがここで負けてしまうと、そのあとのトレードが不利になってしまう。

何度も繰り返しているが、大事なのはこちらで書いたようにエントリーしたらストップをつけて、始まった位置で判定する。

これを習慣化して身につけることだ。

0420comp.gif

20(火)の米国ナスダックマーケットは、ギャップアップで開始。 開始から1時間はリバーサルで下げ続けたが、その後反転上昇をはじめ、2時間後には横ばいの展開となり、そのまま値動きがないままで終了。ナスダック総合指数の日足チャートは下ヒゲをつけた短めの陽線で終了。ダウ平均の日足も陽線で終了。

前半はゴールドマン・サックス(GS)の訴追の影響で重い展開となったが、企業業績の回復期待で値を戻し、中盤にかけてはしっかりとした動きのまま終了。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約11億4000万株、ナスダックは約20億8000万株。

0419comp.gif

19(月)の米国ナスダックマーケットは、薄いギャップダウンで開始。 開始から30分は強い展開だったが、その後軟調に転じ、開始から3時間後には横ばいで推移、その後終了まで強く反転上昇して終了。ナスダック総合指数の日足チャートはDOJIに近い陽線で終了。ダウ平均の日足は明確な陽線で終了。

前半はゴールドマン・サックス(GS)の訴追による下げで推移したが、中盤からは割安感から買われる展開になり、銀行大手のシティーグループの好決算にも支えられダウ・ナスダック共に上げて終了。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約12億7000万株、ナスダックは約21億1000万株。

Page メニューから Export Page Package  あるいは Import Page Package を選択すれば簡単にページレイアウトを読み込んだり書き出したりできます。

export1.gif

0416comp.gif

16(金)の米国ナスダックマーケットは、ギャップダウンで開始。 開始早々から弱い展開となり、30分後には一時上昇したが、その後もさらに軟調となり大きく下落して終了ナスダック総合指数の日足チャートは長い陰線で終了。ダウ平均の日足も長い陰線で終了したが、 ダウの下落幅は2月4日以来約2カ月半ぶりの大きさ。

米証券取引委員会(SEC)がゴールドマン・サックス(GS)を証券詐欺罪で訴追したため、政府による金融取引規制の強化が懸念されたことをきっかけに、利益確定の売りとあいまってマーケットは軟調な展開で終始。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約17億5000万株、ナスダックは約28億株。

無駄な力・補足

コメント(0) (0)

昨日の説明の続きです。

いわゆるドテンパターンです。

ロングサイドで獲ったあと、トレンドラインから落ちたらショートというケース。

2010-04-13 23:01:19 hatch HGSI short

0413HGSI2.gif

0415comp.gif

15(木)の米国ナスダックマーケットは、微妙なギャップダウンで開始。 開始早々から強い展開となり、1時間30分上昇を続けたあと一段落のプルバック。その後も戻して上昇、ナスダック総合指数の日足チャートはしっかりとした陽線で終了。ダウ平均の日足は短めの陽線万1千ドルを確実に突破した位置で終了。 ダウは約1年7ヶ月ぶりの高値。

ニューヨーク連銀の4月製造業景況感指数は大幅に改善、フィラデルフィア連銀の製造業景況感指数も予想を上回ったことが好感され、マーケットは終始買いが優勢の展開となった。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約15億5000万株、ナスダックは約26億7000万株。

無駄な力

コメント(0) (0)

余計なチカラが入っているうちは未熟だというのは、どのジャンルにも共通して言えるわけだが、トレードも然り。

13日のナスダックマーケットは2000ドルは楽に獲れるマーケットだった。

こちらに代表的な銘柄のチャートがあるが、納得できるものばかり。

0414comp.gif

14(水)の米国ナスダックマーケットは、ギャップアップで開始。 開始から30分は強く、30分は弱いという展開となったが、その後はジリジリと上昇を続け、終わってみると高値引け。ナスダック総合指数の日足チャートは下ヒゲをつけた長めの陽線で終了。ダウ平均の日足も長い陽線で、1万1千ドルを確実に突破した位置で終了。 ダウは2008年9月26日以来約1年半ぶりの高値。

朝方発表の小売売上高が市場予想を上回り、マーケットは堅調なスタートとなり、前日のインテルに続き、米銀大手JPモルガン・チェースが予想を上回る決算を発表、さらにはFRB議長が米議会証言で超低金利政策の長期化を改めて示唆したため、終始強い展開のマーケットとなった。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で11億5000万株、ナスダックは 約29億2000万株。

0413comp.gif

13(火)の米国ナスダックマーケットは、ギャップダウンで開始。 開始から30分は強く、その後30分は軟調となり大きく下げたが、その後は順調に回復し、ナスダック総合指数の日足チャートは下に長下ヒゲをつけた長めの陽線で終了。ダウ平均の日足は短い陽線で、1万1千ドルを突破した位置で終了。 ダウは2008年9月26日以来約1年半ぶりの高値となる。

米国の主要企業は2010年1-3月期の決算発表の時期となったが、業績改善期待を背景にした買いに支えられ終始強い展開となった。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で10億5000万株、ナスダックは 約24億8000万株。 マーケット終了後のインテルの決算発表は期待以上の結果。

何が違うのか?

コメント(0) (0)

ご質問です。

4月9日のLRCXとATHRについてですが、ロングとショートの違いはあれ、似たようなパターンでLRCXはロスカットATHRはホールドされてます。

この辺の判断は先物の動きを見てということなのでしょうか。

申し訳ありませんが教えてください。

こちらの日のトレードに関してですね。

0412comp.gif

12(月)の米国ナスダックマーケットは、薄いギャップアップで開始。 開始から30分は軟調、その後30分は堅調、そしてその後も狭いレンジでジリジリと上昇し続け、最後は少し下げて終了。ナスダック総合指数の日足チャートは上下にヒゲをつけた短い陽線で終了。ダウ平均の日足も短い陽線。

欧州連合(EU)がギリシャ財政問題の支援策で合意し、さらに企業合併や買収の動きが相次いで伝わったため堅調な展開となった。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約9億8000万株、ナスダックは 約20億1000万株。

奥義

コメント(0) (0)

私のサイトでは時々、他では見ることができない情報を公開しています。

自分の仕事のノウハウのお裾分けなのですが、まあ別に秘密にするほどのことではないので書くわけですが、だからといって、誰でもができるわけではありません。

チャレンジするには、情熱、努力、継続する根気が、問われることになるわけですが、一定の範囲を決めておけば、趣味と実益を兼ねた楽しい趣味と実益を兼ねた習い事の範疇に収まるわけですしね。

週末でもあり、年度替わりでもあるのでちょっと書いてみようかというわけで、こちらへ書いたのですが、シンプルにわかりやすく書くのはなかなか難しいことがよくわかりました。勉強になるなあ・・(笑)

米国ナスダックマーケット9(金)

コメント(0) (0)

0409comp.gif

9(金)の米国ナスダックマーケットは、ギャップアップで開始。 開始からマーケットは軟調で狭いレンジながら下げ続けたが、1時間後から反転上昇を始め、最後の2時間は強い上げで高値引け。ナスダック総合指数の日足チャートは下ヒゲをつけた長めの陽線で終了。ダウ平均の日足も長めの陽線で終了。 ダウは節目となる1万1千ドル目前。

欧州連合(EU)などによる支援によりギリシャ財政問題の懸念が後退したうえ、2月の卸売売上高が11カ月連続で増加したことから、企業業績回復期待が買いを誘う展開となり堅調なマーケットで終了。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約9億6000万株、ナスダックは約20億4000万株。

東京マーケットで勝つための極意

コメント(0) (0)

これはあくまでもイントラデイつまりデイトレでのハナシです。

sunriseB.jpg

まず始まったらどちらへ入るかの方向を見定める。

これはボトムスキャンを見ればわかるからね。

コツは1分チャートを使いクイックマジックパターンで入る。

米国ナスダックマーケット8(木)

コメント(0) (0)

0408comp.gif

8(木)の米国ナスダックマーケットは、ギャップダウンで開始。 開始からマーケットは軟調で下げて始まったが、30分後には強く反転上昇、さらに30分後には一旦横ばいモードへ。だが1時間後には再び上げ始め終始強い展開のままで終了。ナスダック総合指数の日足チャートは下ヒゲをつけた陽線で終了。ダウ平均の日足も陽線で終了。 ダウは節目となる1万1千ドル目前。

主要小売各社の3月既存店売上高が大幅に増加した経済指標から個人消費の回復期待が強まり、堅調な地合のマーケットとなった。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約10億5000万株、ナスダックは約22億6000万株。

米国ナスダックマーケット7(水)

コメント(0) (0)

0407comp.gif

7(水)の米国ナスダックマーケットは、ギャップダウンで開始。 開始からはギャップダウンリバーサルで上昇したが値幅は少なく渋い展開、その後揉み合いながら終了約2時間前から軟調となり、ナスダック総合指数の日足チャートはDOJIに近い陰線で終了。ダウ平均の日足は陰線だが依然アップトレンドは継続中。 ダウは節目となる1万1千ドル目前で足踏み。

株価が高値圏のため、利益確定のための売りが優勢となる展開で、ナスダック総合指数は4営業日ぶりに反落。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約11億6000万株、ナスダックは約27億9000万株。

米国ナスダックマーケット6(火)

コメント(0) (0)

0406comp.gif

6(火)の米国ナスダックマーケットは、ギャップダウンで開始。 開始からはギャップダウンリバーサルで堅調な展開となり、勢いは中盤で弱まったが、終了1時間前から再び強く上げ始め、最後は少し下げたが、ナスダック総合指数の日足チャートは長めの陽線で終了し、1年8ヶ月ぶりの高値となった。ダウ平均の日足はDOJIで、ナスダック共にアップトレンドが継続中。 ダウは節目となる1万1千ドル目前。

世界的な景気回復の期待から堅調で始まり、利益確定の売りも浴びながらもジリジリと値を上げる展開となり、特にFRBが超低金利政策を当面続けるとの見方から、株価は下支えされる要因となったようだ。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約9億4千万株、ナスダックは約21億5千万株。

米国ナスダックマーケット5(月)

コメント(0) (0)

0405comp.gif

5(月)の米国ナスダックマーケットは、ギャップアップで開始。 開始から堅調な展開だったが、1時間半後には上げ止まり横ばいとなり最後は少し上げて終了。ナスダック総合指数の日足チャートは下ヒゲをつけた長めの陽線で終了。ダウ平均の日足も陽線で、ナスダック共にアップトレンドが継続中。

雇用や住宅関連の経済指標が良かったため景気持直し期待が高まり、終日堅調な展開となった。3月雇用統計で雇用者数が3年ぶりの増加となり、仮契約住宅販売指数も予想に反して大幅に上昇、3月の米非製造業景況感指数も上昇。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約9億1000万株、ナスダックは約19億7000万株。

米国ナスダックマーケット1(木)

コメント(0) (0)

0401comp.gif

1(木)の米国ナスダックマーケットは、ギャップアップで開始。 開始から30分は堅調な展開だったが、30分後には下げ始め、マーケット終了の1時間前まで軟調で推移、最後の1時間だけ少し戻して終了。ナスダック総合指数の日足チャートは上下にヒゲをつけた陰線で終了。ダウ平均の日足は陽線。

雇用指標や製造業の景況感を示す経済指標が軒並み景気回復を示唆、アジアや欧州の株高傾向を背景にダウ平均は堅調に推移。NY証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約約9億2000万株、ナスダックは約約22億株。

2010年4月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2010年4月

月別アーカイブ