日本株でのトレード手法について

コメント(0) (0)

次のような、ご質問をいただいたのですが、同じような疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょうから、ここで回答させていただきます。


私は今日本株に挑戦しようとしていて、100万円必勝法を購入させていただきました。

必勝法ではスイングスキャンを使用していろいろな場面を解説していただいていますが、ネットエイドで使用されているツールはボトムスキャンだと思います。

イントラデイで日本株の取引を行う場合、初心者としてはどちらの方法を使用したほう良いとか言うのはありますでしょうか?


トレード手法を選択する場合、現在の自分が、どれくらいの経験値と技術を持っているのかをよく知ることが大事です。

そのうえで、いつくらいまでに、どれくらいの資金で、何時間でどれくらいのり利益を上げたいのかという具体的な条件を決めることです。

銘柄選択をスキャンシステムにまかせて、自分はエントリーと脱出に特化するというのは、スマートな方法だと思います。

 

スイングスキャンは、いわゆるハイローバンドギャッププレイという日足を基準にした銘柄の選択方法です。

はっち3ギャッププレイも基本的には同じ考え方です。

ボトムスキャンは、クイックマジックプレイというブレイクスキャンというツールを使ったトレード手法から始まっています。

クイックマジックプレイのための銘柄選択ツール、ブレイクスキャンについては、ここにセミナーへ参加された方のレポートがあります。

そしてボトムスキャンは、このブレイクスキャンををさらに進化させたスキャニングツールです。

これらのブレイクスキャンや、ボトムスキャンは、いわゆるイントラデイのいわゆるデイトレード用のスキャンシステムです。

 

スキャンシステムは、こちらで試すことができます

またこうしたスキャンシステムなどのサービスの費用や使えるシステムについての一覧があります。

イントラデイのツールを契約されれば、スイングスキャンは必ず使えるようになっています。

おすすめはボトムスキャンでしょう。なぜならボトムスキャンを使うサービスを受けられれば、スイングスキャンも使えるからで、コストパフォーマンスの高い組み合わせです。

 

ですから「イントラデイで日本株の取引を行う場合、初心者としてはどちらの方法がいいのか?」というご質問にはボトムスキャンがお勧めだということになります。

ではそのい具体的な違いについては別のスレッドで説明させていただきますので、少しお待ちください。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2010年7月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2010年7月

月別アーカイブ