日本株ではボトムスキャンをどう使えばいいのか?

コメント(0) (0)

先日の「日本株でのトレード手法について」では、スキャニングツールのことを中心に説明しましたが、今回はボトムスキャンについて。

というのは再び、こういうご質問をいただいたからです。

ボトムスキャンで銘柄を選択するときは基本的にTopのlong shortサイド5銘柄に絞ればよいのでしょうか?

過去のログをみているとそう思えるのですが。

東京マーケットは、米国マーケットと違うため、そのマーケットの動き方の癖をよく理解して、トレードをする必要があります。

基本的には、5ティック銘柄で5ティックを抜くと、1000円台の銘柄の場合、1000株で5千円の利益となります。

この幅を4回獲れれば、合計2万円です。

7月2日のネットエイドというガイドの記録をもとに、手順を思い出しながら具体的に書いておきます。

マーケットが始まると、ボトムスキャンに表示される銘柄をできるだけ早く1分チャートへ表示させます。

0702JBS-0901.gif

一番下に 東京電力(9501) が表示されています。

2010-07-02 09:02:11 はっち 東京電力(9501)

0702J9501-1.gif

上は2分足、下は1分足チャート

上のチャートを見ると、1分後には、クイックマジックプレイで、エントリーしたいところです。

 

東京マーケットでは、5ティックを狙うことがポイントで、大きくねらってはダメ。

5ティック狙っているうちに、スルスルっと上がって10ティックとかを獲れることもありますが、まずは5ティックを獲ったら確実に逃げることができるかです。

欲を出すと、取り損ねることになりやすいのです。

東京マーケットでは、最初のチャンスというのは、1分後とか1分あたりなので、エントリーは早くする必要があるのですが、チャートを表示させるのにモタモタしたり、執行に手間取るとチャンスを逃がすことになります。

素早い執行が難しい日本株のソフトでは、狙った位置へエントリーする練習をする必要があります。

というわけで、ボトムスキャンに表示されるトップ5のチャートをチェックして、正しい位置あたりでエントリーして、5ティックを獲れるように練習してみてください。

これができるようになれば、負ける銘柄がいくつかあったとしても、一日5ティックの4回分つまり20ティックくらいは、、コンスタントに獲ることができるようになります。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2010年7月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2010年7月

月別アーカイブ