チャートでわかる見え方

コメント(0) (0)

昨夜のナスダックマーケットは、途中で方向転換があったため、その前二日より少し難しい展開。

あまり簡単なマーケットだと、トレーニングとしてはよろしくないわけで、そういう意味では、よかったかなと。(笑)

昨夜は何故か、チェックシートが満足につけられなかったという。

こちらの記録を見ると、11トレード 8勝 3敗 +495ドル。 

 

SNDKに救われた感じだが、セミナー初日から +4416ドル +3351ドル のあと、かろうじての3桁勝利。

だが最初のジャンプアップセミナー受講後5ヶ月ほどで、このセミナーを受講されるというのはかなりのハイペースといっていいだろう。

セミナー参加期間の5日間ともプラスで終えた人は今までいないので、頑張れと激励中。

 

課題は、WEBへの結果のアップに2時間は時間がかかり過ぎなので、明日はその原因を探し改善策を見つける。

1時間くらいでできるはずだからね。

自分のトレードをWEBへ掲載するというのは、意外と大事。

貼り付けられたチャートというのは、本人の頭の中でそう見えているという証でもあるわけだしね。

つまり勝てない人が貼り付けたチャートというのは、見にくかったり、余計なラインが多かったりすることが多い。

だが、当の本人は意外と気がついていないわけで。

下にサンプルとして挙げたチャートは、とてもわかりやすい。

110330検証:+4,275㌦

Blue Mountain (2011年3月31日 14:52)

10トレード。

36分で終了。

伸びているうちで出る作戦が奏功した。 

0330BMchart01.gif

上のLIFEの手仕舞い位置はまさに教科書通り。

0330BMchart02.gif

BIIBの脱出だが、ここで見切るのは、なかなかできないもの。

マイナスになるトレードを、プラスで終えた意味は少なくない。

0330BMchart03.gif

ローソク足フォーメーションの確率を見据えた判断と実行を、このレベルでできるスキルは見事だ。

0330BMchart04.gif

APKT も、手仕舞いの位置はルール通り。

0330BMchart05.gif

0330BMchart06.gif

0330BMchart07.gif

最初の脱出と、ドテンの手仕舞いも、お見事!

 

総評

オープニングのスクリーニング手順、徐々に確立してきている。

7銘柄前後を選び、チャートで、ルール通りに出入りする。

 

最初のユニットでプラスを保持する重要性を理解したうえで、自分のスキルアップのための取り組みを見据える。

こうした視点からも、彼の現在のトレードの水準がわかろうというもの。

素晴らしいトレーダーに成長したことを、素直に喜びたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2011年3月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2011年3月

月別アーカイブ