苦手パターンを見つけろ!

コメント(0) (0)

トレーディングでは、カモにできる場合もあるが、カモになる場合もあるわけだ。

大事なのは、どういうときにヤラレるかだ。

アタマで考える道筋というのは、トレーニングで意識的に継続して行わない限り、一朝一夕には変わらないものなのだ。

だからこそ、得意パターンや苦手パターンがあるわけで、これをまず見つける。

そのためには、自分のトレーディングを分析できる能力が必要になる。

翌日に別人の気分でチャートを分析するにしても、あるいは私なり誰かにチェックしてもらうにしても、わかりやすい分析結果がWEBへアップされていなければ話にならない。

そして自分なりの見解を明確にする。

袋小路に迷い込んでいる人こそ、率先してやるべき事なのだ!

キッパリ!

  

昨夜の米国ナスダックマーケットは、エントリーできるパターンができあがるまで、時間がかかる日だった。

アタマでとりあげた銘柄は10銘柄以上がパターンに填らず。

唯一のBBBYもいきなり マイナス35ドルと苦しいオープニングだったが、さてお立ち会い!

続くは OVTIで +450ドル、CREEで +1320ドルと、わかりやすいパターンばかり。

RVBDも +1380ドル、ALTRはマイナス側の236を切るわかりやすい絶好位置で入れば +480ドル。

数パターン負けたとしても楽勝の +2000ドルコースだったわけだが、さて皆さんは?

 

こういう日こそ、どういうところが弱いのかというパターンが、見えやすいマーケットなのだ。

勝てなかった人こそ、こういう日に「やられる典型パターン」を見つける努力をするべきなのではないだろうか。

オセロゲームのように、黒い盤面が一気に白くできる可能性を秘めているのが、トレーディングという世界だ。

ネバーギブアップ!ネバーサレンダー!

放射能に負けるな?! アレッ(笑)

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2011年5月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ