2011年10月 の一覧

1031comp.gif

31(月)の米国ナスダックマーケットは大きなギャップダウンで開始。ナスダック総合指数は短めの陰線、ダウは長い陰線で終了。 

ダウ平均の終値は1万1900ドル台へ下落、ダウ・ナスダックともに日足はハイバンドの中へ潜った位置。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約11億1千万株、ナスダック市場は約17億4千万株。

欧州の株安野影響を受け欧州債務問題への懸念が再燃、米金融大手の経営破綻に加え、前週までの上昇分の利益確定とあいまって、買い手不在のマーケットとなり、最後の1時間は大きく下げて終了。

1028comp.gif

28(金)の米国ナスダックマーケットはギャップダウンで開始。ナスダック総合指数は短めの陽線、ダウもDOJIに近い短い陽線で終了。 

ダウ平均の終値は1万2200ドル台で、3ヶ月ぶりの高値水準。ダウ・ナスダックともに日足は200日移動平均線の上のアップトレンドゾーンへ。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約10億1千万株、ナスダック市場は約18億株。

マーケット開始前に発表された米個人消費支出(PCE)が増加、さらにはマーケット開始25分後に発表のミシガン大学消費者信頼感指数も市場予想を上回ったが、高値圏での利益確定や週末要因によって、売りをこなしながら、底堅い動きで終始する展開となった。

1027comp.gif

27(木)の米国ナスダックマーケットは大きなギャップアップで開始。ナスダック総合指数は上下にヒゲをつけた短めの陽線、ダウは長い陽線で終了。 

ダウ平均の終値は1万2200ドル台へ大きく上昇、3ヶ月ぶりの高値水準を記録。ダウ・ナスダックともに日足は200日移動平均線を突破。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約14億3千万株、ナスダック市場は約27億6千万株。

欧州連合(EU)が債務問題解決への「包括戦略」で合意、さらにはマーケット開始前に発表された米国実質国内総生産(GDP)が予想以上のため、景気先行き懸念が後退。

マーケットはアップトレンドで推移する展開となった。

1026comp.gif

26(水)の米国ナスダックマーケットはギャップアップで開始。ナスダック総合指数は長い下ヒゲをつけたDOJIに近い陰線、ダウは陽線で終了。 

ダウ平均の終値は1万1800ドル台へ上昇。ダウ・ナスダックともに日足は200日移動平均線手前で足踏み状態が続いている。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約11億1千万株、ナスダック市場は約20億9千万株。

ドイツ下院が欧州金融安定基金(EFSF)の実質的な拡大を承認、中国もEFSFへの投資への合意など、欧州債務問題への対策が評価され、さらには米企業の好決算を背景に、底堅い動きで終始する展開となった。

1025comp.gif

25(火)の米国ナスダックマーケットはギャップダウンで開始。ナスダック総合指数は陰線、ダウも同じく陰線で終了。 

ダウ平均の終値は1万1700ドル台へ下落。ダウ・ナスダックともに日足は200日移動平均線手前で足踏み状態となっている。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約10億1千万株、ナスダック市場は約17億5千万株。

26日の欧州連合(EU)・ユーロ圏首脳会議待ちという地合いのうえ、EU財務相理事会の開催が予定より遅れるとの報道で先行透明感が増大、持ち高調整や利益確定目的の売りにより、終始ダウントレンドで推移する展開となった。

1024comp.gif

24(月)の米国ナスダックマーケットはギャップアップで開始。ナスダック総合指数は長い陽線、ダウも陽線で終了。 

ダウ平均の終値は1万1900ドル台へ上昇し3か月ぶりの高水準。ダウ・ナスダックともに日足は200日移動平均線にヒット!

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約9億3千万株、ナスダック市場は約19億4千万株。

米国企業の決算発表や活発なM&A(合併・買収)の影響で投資心理が改善、さらには中国の景気懸念の後退や欧州債務問題への期待から、終日アップトレンドで推移する展開となった。

1021comp.gif

21(金)の米国ナスダックマーケットはしっかりとしたギャップアップで開始。ナスダック総合指数は長い下ヒゲをつけたDOJIに近い長さの陽線、ダウは長めの陽線で終了。 

ダウ平均の終値は1万1800ドル台へ上昇し2か月半ぶりの高水準へ。ダウ・ナスダックともに日足は20日移動平均線より上のアップトレンド領域。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約11億9千万株、ナスダック市場は約20億4千万株。

主要企業の四半期決算の発表が相次ぎ、強く始まり、欧州連合(EU)・ユーロ圏の首脳会議を23日に控え、欧州債務問題解決に向けての期待と、週末要因が交錯する場面もあったが、底値の堅い動きで、堅調に推移する展開となった。

1020comp.gif

20(木)の米国ナスダックマーケットはほとんどギャップのない状態で開始。ナスダック総合指数は長い下ヒゲをつけたDOJIに近い長さの陰線、ダウはDOJIに近い長さの陽線で終了。 

ダウ平均の終値は依然1万1500ドル台を維持、ダウ・ナスダックともに日足は20日移動平均線より上のアップトレンド領域で推移。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約9億6千万株、ナスダック市場は約20億1千万株。

債務危機の克服のための首脳会議などの開催を控え、マーケットは一進一退。中盤からは、会議の包括策への期待感からアップトレンドとなって終了。

1019comp.gif

19(水)の米国ナスダックマーケットはギャップダウンで開始。ナスダック総合指数は陰線、ダウも短めの陰線で終了。 

ダウ平均の終値は1万1500ドル台を維持、ダウ・ナスダックともに日足は20日移動平均線より上のアップトレンド領域。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約9億6千万株、ナスダック市場は約19億3千万株。

FRBによる地区連銀経済報告(ベージュブック)が米景気の先行き懸念を示し、さらにアップル株の下落も影響して後半はダウントレンドで推移する展開となった。

1018comp.gif

18(火)の米国ナスダックマーケットは薄いギャップダウンで開始。ナスダック総合指数は陽線、ダウも陽線で終了。 

ダウ平均の終値は1万1500ドル台へ上昇、ダウ・ナスダックともに日足は20日移動平均線より上のアップトレンド領域を推移中。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約10億9千万株、ナスダック市場は約19億株。

欧州債務問題への政策対策期待に加え、米銀大手バンク・オブ・アメリカの決算発表をきっかけに、下た金融株全般が買い戻され、終日強いアップトレンドが継続する展開となった。

1017comp.gif

17(月)の米国ナスダックマーケットはギャップダウンで開始。ナスダック総合指数は陰線、ダウも陰線で終了。 

ダウ平均の終値は1万1300ドル台へ下落、ダウ・ナスダックともに日足は20日移動平均線より上のアップトレンド領域。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約9億1千万株、ナスダック市場は約16億3千万株。

欧州債務問題の抜本解決には時間がかかるとの見方から、欧州株式相場が下落、連日の高値更新による利益確定の売りとあいまって、米国マーケットも終日軟調に推移する展開となった。

1014comp.gif

14(金)の米国ナスダックマーケットはしっかりした幅のギャップアップで開始。ナスダック総合指数は下ヒゲをつけた短い陽線、ダウは陽線で終了。 

ダウ平均の終値は依然1万1400ドル台で、ダウ・ナスダックともに日足は20日移動平均線を突破したアップトレンド領域で推移。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約8億5千万株、ナスダック市場は約16億3千万株。

グーグルが発表した増益決算野影響で強く始まったが、マーケット開始後25分に発表されたミシガン大学消費者信頼感指数が市場予想を下回り軟調に。

だが20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、欧州債務危機への対応が進むとの期待から後半は再びアップトレンドで推移する展開となった。

1013comp.gif

13(木)の米国ナスダックマーケットは薄いギャップダウンで開始。ナスダック総合指数は陽線、ダウは下ヒゲをつけた短い陰線で終了。 

ダウ平均の終値は1万1400ドル台へ下落、ダウ・ナスダックともに日足は20日移動平均線を突破したアップトレンド領域で推移している。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約9億株、ナスダック市場は約16億4千万株。

欧州の主な株式相場が下落、さらに予想を下回ったJPモルガン・チェースの四半期決算を受け金融株が軒並み軟調でダウ平均は軟調。

一方でナスダックは半導体大手フェアチャイルド・セミコンダクターの堅調な決算発表を受け、関連銘柄にも買いが広がり、底堅く推移する展開となった。

1012comp.gif

12(水)の米国ナスダックマーケットは大きなギャップアップで開始。ナスダック総合指数はDOJI、ダウは上ヒゲをつけた短めの陽線で終了。 

ダウ平均の終値は1万1500ドル台へ上昇し、約一ヶ月半ぶりの高値を記録、ダウ・ナスダックともに日足は20日移動平均線を突破、アップトレンド領域で推移している。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約10億7千万株、ナスダック市場は約19億4千万株。

ギリシャ財政に端を発した欧州債務問題解決への期待から強く始まったが、後半は利益確定の売りに押される展開となった。
 

1011comp.gif

11(火)の米国ナスダックマーケットはギャップダウンで開始。ナスダック総合指数は陽線、ダウはDOJIで終了。 

ダウ平均の終値は依然1万1400ドル台で、ダウ・ナスダックともに日足は20日移動平均線を突破、アップトレンド領域で推移。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約8億8千万株、ナスダック市場は約16億2千万株。

ここ数日の株価上昇のあとのため、株価は利益確定売りをこなしながら推移したが、底堅い動きで終始する展開となった。

1010comp.gif

10(月)の米国ナスダックマーケットは大きなギャップアップで開始。ナスダック総合指数は陽線、ダウは長い陽線で終了。 

ダウ平均の終値は1万1400ドル台へ上昇し一ヶ月ぶりの高値を記録、ダウ・ナスダックともに日足は20日移動平均線を突破、アップトレンド領域へ。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約8億9千万株、ナスダック市場は約15億6千万株。

米国はコロンバスデイの休日のため低調な出来高となった。

メルケル独首相とサルコジ仏大統領がユーロ圏の銀行資本増強を進める方向で合意、ユーロ圏の金融システムの安定化への期待から終日アップトレンドが継続する展開となった。
 

米国ナスダックマーケット7(金)

コメント(0) (0)

1007comp.gif

7(金)の米国ナスダックマーケットは非常に薄いギャップアップで開始。ナスダック総合指数は短い陰線、ダウはDOJIで終了。 

ダウ平均の終値は1万1100ドル台を維持、ダウ・ナスダックともに日足は20日移動平均線付近で足踏み状態。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約11億4千万株、ナスダック市場は約20億6千万株。

イタリアやスペインの長期債務格の格付け引下げを受け、欧州債務問題への警戒感に加え、前日まで3日続伸あとの利益確定の売りとが交錯する乱高下気味の展開となった。 

米国ナスダックマーケット6(木)

コメント(0) (0)

1006comp.gif

6(木)の米国ナスダックマーケットは非常に薄いギャップダウンで開始。ナスダック総合指数は陽線、ダウも陽線で終了。 

ダウ平均の終値は1万1100ドル台へ上昇、ダウ・ナスダックともに日足は20日移動平均線上あたりまで上昇。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約11億2千万株、ナスダック市場は約22億1千万株と盛況。

欧州中央銀行が資金供給や、流動性供給策の拡充を決定。欧州連合(EU)各国が域内金融機関への資本注入に踏み切るとの観測で、欧州債務問題の混乱収束期待から、終日アップトレンドが継続する展開となった。

米国ナスダックマーケット5(水)

コメント(0) (0)

1005comp.gif

5(水)の米国ナスダックマーケットは薄いギャップダウンで開始。ナスダック総合指数は長い陽線、ダウも陽線で終了。 

ダウ平均の終値は1万900ドル台へ上昇、ダウ・ナスダックともに日足は20日移動平均線へ向かって上昇中。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約11億9千万株、ナスダック市場は約24億5千万株と盛況。

経済指標が市場予想を上回り、欧州の株式マーケットも軒並み堅調だっただため、終始アップトレンドが継続する展開となった。

米国ナスダックマーケット4(火)

コメント(0) (0)

1004comp.gif

4(火)の米国ナスダックマーケットはギャップダウンで開始。ナスダック総合指数は上ヒゲをつけた長い陽線、ダウも陽線で終了。 

ダウ平均の終値は1万800ドル台へ上昇、ナスダックの日足は呑み込みブルパターンが出現。

ダウ・ナスダックともに日足チャートは依然20日移動平均線より下のダウントレンドゾーン。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約16億6千万株、ナスダック市場は約30億株と大商い。

欧州連合(EU)各国の財務相が、金融機関への資本注入の共同実施を検討しているとの英フィナンシャル・タイムズ(FT)電子版の報道により、取引終了間際に急騰。

米国ナスダックマーケット3(月)

コメント(0) (0)

1003comp.gif

3(月)の米国ナスダックマーケットはギャップダウンで開始。ナスダック総合指数は上ヒゲをつけた長い陰線、ダウも長い陰線で終了。 

ダウ平均の終値は1万600ドル台へ大きく下落し、一年ぶりの安値を記録、ナスダックの日足は陰線5本目。

ダウ・ナスダックともに日足チャートは20日移動平均線より下のダウントレンドゾーンを推移。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は速報値で約13億9千万株、ナスダック市場は約25億1千万株。

ギリシャ政府は2011年の財政赤字となり、欧州連合(EU)との合意削減目標に届かず。経済指標の製造業景況感指数や建設支出も予想に反して増加したた、ギリシャ支援継続への不透明感のため、中盤からはダウントレンドが継続する展開となった。 

2011年10月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ